5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ビートルズ 嬉し恥ずかし物語

1 :ホワイトアルバムさん:2005/05/10(火) 16:21:42 ID:???
ビートルズに関する初恋、初体験等さまざまな、ちょっと
嬉し恥ずかしなエピソードをどんどんこちらまで。



2 :ホワイトアルバムさん:2005/05/10(火) 16:24:06 ID:???
これは酷いな

3 :ホワイトアルバムさん:2005/05/10(火) 16:27:17 ID:???
シンシアはちょっとジョージの事怨んだ事が
あるらしい。というのもジョンとラブラブ時代に
いつも良いムード(キスする寸前)になったところで
ジョージに邪魔されてたとか。

4 :ホワイトアルバムさん:2005/05/10(火) 17:08:39 ID:???
4様

5 :ホワイトアルバムさん:2005/05/10(火) 21:57:33 ID:???
ジョージならその手のエピソード多そうじゃない?

6 :ホワイトアルバムさん:2005/05/11(水) 00:25:30 ID:???
ジョージって・・いつ童貞を失ったんでしょ。

あーっ、御免なさい。もしかして、パティたんが
初めての人とか・・・んなこと、ある訳ないよね〜〜w
あんまし、お子ちゃまだったから、つい。





7 :ホワイトアルバムさん:2005/05/11(水) 00:35:17 ID:???
ジョージの童貞喪失は説が2つあって
1つは2度目か3度目のハンブルク
遠征時(現地の娼婦と寝た説)。
もう1個は16歳の時に隣のオバサンに
逆レイプされたというヤツ。


8 :ホワイトアルバムさん:2005/05/11(水) 00:38:00 ID:vrvWXG/j
ジョージの初体験ならビートルズのアンソロジーの本に詳しく載ってるぞ。
なんとメンバーの前でだったそうだ。終わった後ジョンが拍手してくれたんだって。
うそじゃないぞ。本当だぞ

9 :ホワイトアルバムさん:2005/05/11(水) 01:11:58 ID:???
アンソロ本のジョージの初体験のところだろ。
笑えるね。ハンブルグの汚部屋で娼婦の
おねいちゃんと悪戦苦闘してやっと成功したら
聞き耳たててたメンバーみんなが拍手したって。

10 :ホワイトアルバムさん:2005/05/12(木) 22:46:04 ID:???
ジョージのファースト・キスは15歳。

11 :ホワイトアルバムさん:2005/05/14(土) 13:45:14 ID:???
イッツ・オンリー・ラヴ〜ジョン&シンシア

翌日以降、学校で二人きりになる事は避けた。ジョンはシンシアの家に電話をした。

「もしもし─────」
「はいはい、パウエルです。」 シンシアのパパが出た。
「あ、あのーシンシアさんお願いします。」
「あ、はいはい、ちょっと待っててねー、すぐ呼んでくるからね。」

シンシアと色々話して、週末はバスでちょっと行った先の遊園地に行く事になった。
この遊園地は、辺りに高い建物が無い事もあって、自分達のいる学校からも、良く晴れた日には
そこの目玉となっている観覧車がよく見える。


12 :ホワイトアルバムさん:2005/05/14(土) 13:45:43 ID:???
土曜日、朝9時、ジョンはシンシアの家までチャリでを迎えに行った。
シンシアは家の玄関前で待っていた。
シンシアは花柄のTシャツに軽めのGジャン姿、デニムのスカートは膝の辺まで。
普段学校では制服姿なので、普通の女の子の格好だろうが、妙に女の子らしく感じる。
しかしよくよく見てみると、顔もキレイだし、メガネもしていない。
ストレートな髪とまではいかないが、普通にクシの通った綺麗な髪の毛になっていた。

「シンシア、すっごくカワイイじゃん!!」

そう言うと、シンシアは下唇を僅かに噛み直して視線をそらして、はにかみながらも嬉しくて仕方ないようだった。

「ありがとう。」

ジョンは了解を貰ってここにチャリを停めて、シンシアと共に坂を下り、左手に5分ほどの距離にあるバス停まで彼女の
左手を握って歩いた。


13 :ホワイトアルバムさん:2005/05/14(土) 14:08:18 ID:???
バス停につくと、少し廃れた感じの長椅子があるので、二人そこに座る。色あせた赤塗りにほとんど消えかけた
コカ・コーラの文字。バスがくるまで3分ほど、洋子と遊園地の事を話している間も、車は2台ほど通ったが、
道を通る一般人は無し。静かなものだった。

バスに乗り込むも、お婆ちゃんが何人かとおばさんとその子供が一人だけのガラガラ状態。

ジョンとシンシアは後ろの方の右側の席に二人一緒に座って、乗り換え無しに、40分ほどをこれから揺られる事になる。

「ふう、さすがにガラガラなんだね。」
「そうよ、だってこの辺って全然人がいないんだよぉ、夜とか真っ暗になるし。」
「そうだよね、スーパーマーケットも来る時にみたあそこ以外なさそうだし。」
「どーせ田舎ですよーだっ」
「あはは、ごめんごめん。」
他愛もない会話と共にバスは市街地を抜けて郊外へ、そして観覧車が目の前に迫る
「○×公園前」でジョントシンシアは下車した。
「やっと着いたー!」
「う、ぁー、腰イター」久々のバスという事もあって、俺は伸びをするようにして両手を投げ出して背中を逸らした。
「おじいさんみたーいっ」そう言ったシンシアが背中を叩く。
「あ、イタっ!」
「なんだよーーぅ」シンシアを後ろからぎゅーっと抱きかかえる。
「はずかしいょー」
ジョンはシンシアの女の匂いを感じて抱えた両手を放す。
「さ、行こーー」
「うんっ」
今日この日が二人にとって素晴らしい一日になりますように─────。


14 :ホワイトアルバムさん:2005/05/14(土) 14:08:41 ID:???
二人はこの遊園地の一番人気の(というか他にはたいしたものが無い)観覧車に乗った。
シンシアは乗ってすぐに体を左方向に後ろにくねらせ、窓を横切る転落防止のバーに手を駆けて、
だんだんと見えてくる遠くの景色、目に入る記憶にある建物を次々と問いかけてくる。

「見てみて!!あそこ学校じゃない?」

パっと体を一瞬だけ元に戻し、ジョンの顔を見やると同時に俺の手を取ってグイっとひっぱる。

「どこ?」ジョンはシンシアの右隣に来てしんしあの右頬のすぐ隣で同じ方角を見定めてみる。
「ほらー」そー言って窓越しにコツンコツンとその方角をつつき、首をこっちに向ける。

今こうして一緒にいる事が嬉しくて、シンシアの顔に近づいてみると、
シンシアの甘い臭いがする。ジョンはキスをしようと思って、その頬に顔を近づけた。

シンシアはスグにそれに気付くと、口を閉じたまま僅かに微笑み、そのままま二人は口づけを交わした。
ジョンは姿勢をもっと良くしようと、キスしたまま自分の手をシンシアの背中に回そうとすると、
シンシアもジョンに抱かれやすいように、手を置く位置を変えて前かがみだった体をもっと
ジョンの方に近づけようとした。


15 :ホワイトアルバムさん:2005/05/14(土) 15:13:54 ID:???
ジョンも体を前に持っていき、シンシアを抱きしめてさらに深いキスを交わす。
何秒もしないうちに、自身の重心点を探して置き場に困っていたシンシアの右手がふわりと
ジョンの股間にのしかかってきた。

「あっ・・」
「あっごめんっ!!」

「・・・・」
「・・・・」
「シンシア・・・」
シンシアは恥ずかしさを紛らわそうと、両手を互いの肘に何度もこすり合わせるようにしながら
左下にすこし顔を傾けていた。

「シンシア、なんか俺、ちょっと気持ちよかった。」
「え・・・」

ジョンはシンシアの細く柔らかい左手をそっと手に取って、もう一度自分の股間の上に置いた。

「もっとやってほしい。」

シンシアは、いつものように下唇を噛むような仕草をしつつ、ジョンとの視線をさけつつも、その手は
嫌がらずに静かにジョンの股間に覆い被さった。

「うん。」

シンシアはそう言うと、優しく揉みしだくようにしてジョンのジーパンの上を何度も刺激し続けた。
ジョンも、我慢できなくなって、右手をシンシアの左膝に添え、そのままスルスルとデニムのスカートの中
を這い上がっていくと、スグに生地の突端に突き当たり、そこがふとももとパンツの境界
である事が用意に想像でき、ジョンはそのまま手を向こうにゆっくり進めてみると、そこがシンシアの
やわらかな丘の上だという事が分かった。

16 :ホワイトアルバムさん:2005/05/14(土) 20:46:16 ID:???
それなんてエロゲー?

17 :ホワイトアルバムさん:2005/05/15(日) 00:22:37 ID:pN8PaEtj
ビーヲタの妄想炸裂スレはここでつか?

ゲラキモスwwwww

18 :ホワイトアルバムさん:2005/05/15(日) 19:00:35 ID:???
話の続きキボン

19 :ホワイトアルバムさん:2005/05/15(日) 19:42:19 ID:???
ジョンが人差し指がシンシアの割れ目を生地の上から縦になぞると、シンシアの顔はほんのり色づき、僅かに
口も半開いて小さく吐息を漏らしている。

気が付けばジョンの股間を激しくまさぐるシンシアの左手に、自身の分身は存在を最大限に主張している。

「あぁ、シン・・・気持ちいいよ・・・」
「うん・・・」
「ねぇ、直接さわって・・」
「うん・・・」
ジョンはシンシアにもっと近づいてぴったりと隣り合わせ、右手をシンシアの股間のスジで何度も上下させながら、
左手でベルトをなんとん緩め、フックを外し、チャックを降ろした。


20 :ホワイトアルバムさん:2005/05/15(日) 19:43:55 ID:???
シンシアはすぐさま、チャックの隙間に手を入れてきて、ジョンのブリーフの上からもっと激しく、もっと
刺激的にまさぐり始めるから、ジョンも、右手をシンシアのパンツを上に滑らせて、そのパンツの上端の感触
に達すると同時に中指をパンツの内側に引っかけてそのままスルっとシンシアの秘部に全指を入れた。
さっきよりもさらに暖かく、そして指先を180度変えてみると、そこにかすかにシンシアの細くやわらかな
陰毛をかすかに感じ、そのまま人差し指を下げて行けば、やがてだんだんと指先は切れ目に落ち込む
と同時にどんどん熱く、どんどんじとっと湿っていき、人差し指を大陰唇が両側からもったりと
圧迫してくる。なおも滑らせつづけると人差し指はひだひだの感触、指先は熱く、とても湿っていた。


21 :ホワイトアルバムさん:2005/05/16(月) 20:52:39 ID:???
「濡れてるよ・・・」
「恥ずかしいよぅ・・・」

ジョンは一度手を戻して自身の尻を浮かせて思い切ってジーンズとブリーフを半分下ろした。
その瞬間、生地に押しやられていた分身がピーーンといきり立ち、シンシアが少し戸惑いを見せる。

「ね・・・、舐めて・・・」
シンシアは声を発しないでただ頷いたものの、どうしたらよいのか困っているようだった。
「右手添えていいよ」
「うん、こう・・?」

そういうとシンシアはジョンの分身をそっと右手で包み、ジョンの目を見る。

「そう、そのまま口で含んでさ、奥まで入れたり、少し戻したりしてみて・・・」
「うん」


22 :ホワイトアルバムさん:2005/05/16(月) 20:53:34 ID:???
シンシアはいよいよ頭を股間に下げて、小さな口を広げて、ジョンの亀頭をパムっと口にした。
それだけで強烈な刺激に感じるジョンの股間は脈打ちも激しくさらにいきり立ち、いまにも精液が飛び出し
そうになった。

「あ、まって!」

ジョンは自分の手でシンシアの口から分身を取り出した。
驚いたシンシアが目をパチクリしてこっちを見ている。

「痛かった!?」
「ううん、そうじゃないよ、あんまり気持ちよすぎて・・・出そうになった・・・」
「出そうって・・・おしっこ?」
「んーん、違う、精液・・・」
「あ、・・・・うん・・そっか・・・、ごめん・・・」
「んーん、も一回いい?」
「うん」


23 :ホワイトアルバムさん:2005/05/18(水) 16:31:31 ID:2x8fd1Bc
それなんてエロゲー?

24 :ホワイトアルバムさん:2005/05/21(土) 11:02:25 ID:???
そして再びシンシアの口がジョンの亀頭をほおばると、動作をそのまま止めずに奧まで竿を滑り入れた。
亀頭の下側、尿道の突端にシンシアのざらついた舌ざわりを感じる。シンシア舌はまとわりつくように
何度もペロペロと俺の亀頭を舐めている。まるでジョンがいつかシンシアにそうしたように・・・
シンシアの口の中の全てを感じる、唾液、舌、歯、体温・・、隙間無くねっとりとまとわりついて、
艶めかしく肉のこすれる感触・・・。


25 :ホワイトアルバムさん:2005/05/21(土) 11:02:53 ID:???
「あぁぁぁ・・・」
「あ、出るっ!」
10秒もしないうち、ジョンは自身の抑制も間に合わず、シンシアの口の中にいきなり精液をドビュッと漏らした。

「ごめん、我慢できなかった・・・」

シンシアもびっくりしてジョンの分身を口から出すと体を反らせて、ゴホッと咳き込んでびっくりしていた。
シンシアは自身の口に放られた液体を右手に垂らしてしばし見入り、まだ口元から精液の糸が垂れている
まま、ジョンのほうを見てこう言う。

「これが精液なの?」
「うん、大丈夫??」
「うん、ちょっとびっくりしただけ・・なんか口の中が変だよ・・・これどうしたらいい?」

そう言って右手を器状にして唾液の混ざった精液に視線を送った。


26 :ホワイトアルバムさん:2005/05/21(土) 11:04:21 ID:WBs1Yq0y

---------------------------未完---------------------------------

27 :ホワイトアルバムさん:2005/05/21(土) 11:06:22 ID:???
「ここに捨てる訳にいかないよね・・・どうしよう・・・あ、とりあえずティッシュ─────」

とジョンが言いかけて、いきなりシンシアは右手を己の口にもってき、
口に含むとそのまま飲み込んでしまった。

「飲んじゃった・・・あは」

そういってジョンの方を見て微笑んでいるシンシア。

「だ、大丈夫???!!」
ジョンはびっくりしたものの、なぜか嬉しかった。

「舐めてあげる。」
そう言うと洋子は再び頭を下げ、絶頂過ぎて飛びきらなかった残液もろとも口に含むと、
ズ・・・っと吸い取るようにジョンの分身を舐め干した。

「あぁ、シンシア・・・とってもいいよ・・・シンシア・・・」

観覧車はとうに頂点を越えて、そろそろ半分より下にこようとしていた─────。


28 :ホワイトアルバムさん:2005/05/21(土) 11:08:08 ID:???
ジョンとシンシアはこれで終了。

29 :ホワイトアルバムさん:2005/05/21(土) 18:00:09 ID:???
リンゴスターの蒼い体験

リンゴは風俗店の入り口に張ってある写真で可愛い子を見つけた。
あいにくお金が無くその日は諦めたが、家に帰り速攻電話し、予約した。
どきどきしながらその日は寝た。

次の日、30分前には店に着いた。

時間になりリンゴは店員に呼ばれ、少し緊張しながらギクシャクと待合室を出たら、
そこには何と!!写真のかわいこちゃんとは似ても似つかないドブスがいた。
リンゴ5秒ぐらい呆然とし立ち竦んだ。

エレベーターには乗らず、待合室にもどりリンゴは店員に詰め寄った。
リンゴ「写真と全然違うんだけど」
店員「え?あれが○○○さんですよ」
リンゴ「いやいや違うでしょ、別人だって」
店員「いや、間違いなく本人です」
リンゴ「絶対違う。写真と全然違うから。お金返して。」
店員「無理ですよ、予約されてそれに合わせて準備したわけですから」
リンゴ「でもサービス受けてないから金返して」
店員「あのね、ホットドッグ屋でホットドッグ出来上がってからキャンセルできないでしょ?それと一緒です」
リンゴ「ハンバーガー頼んだのにフィッシュ&チップスが出てきたから食いたくない金返せって言ってるんだよ!」
店員「いや、確かにホットドッグを出しましたので」
埒があかないのでリンゴは我慢して案内してもらった。


30 :ホワイトアルバムさん:2005/05/21(土) 18:09:56 ID:???

ガンガレ!超(,,゚Д゚) ガンガレ!


31 :ホワイトアルバムさん:2005/05/21(土) 22:19:26 ID:???
それなんてエロゲー?

32 :ホワイトアルバムさん:2005/05/22(日) 11:11:57 ID:???
リンゴのはなんか萌えそうに無いからイイヨ。
他のメンバーの書いて。

33 :ホワイトアルバムさん:2005/05/23(月) 22:26:14 ID:???
期待age

34 :ホワイトアルバムさん:2005/05/28(土) 19:11:56 ID:???
ジョージは、列車の撮影シーンで複数の女の子達と一緒にスタンバってた
パティ・ボイド、本名パトリシアン・アン・ボイドに一目惚れをした。
映画「ハード・デイズ・ナイト(ビートルズがやって来る!ヤァヤァヤァ!)」の
撮影中の晴天の霹靂だった。美少女だけあって一際彼女が輝いて見えた。
ジョージ:「(あの娘、スゲー可愛いよな!どうやって話しかけようか・・)」
でも、パティを狙ってたのは何もジョージばかりでは無かった。そう事もあろうか
あのジョンが同じくパティを狙いあわよくばシンシアと離婚しても良いとさえ
考えてたというから驚きだった・・。

35 :ホワイトアルバムさん:2005/05/28(土) 19:39:12 ID:???
(*゚∀゚)=3ムッハー 期待してまつ

36 :ホワイトアルバムさん:2005/05/30(月) 23:45:21 ID:???
>>34続き
ジョージはこの撮影の間、唯一の楽しみはパティに会える事だったが、ジョージには
どうしてもパティに話しかける勇気が持てなかった。一方パティら数名の女の子たちと
仲良くなったのがポールだった。パティはポールの話がとにかく面白くてしょうがなかった。
ある日、ハンブルク時代の旧友でありジョージにとっては姉的存在のアストリットが
訪ねてきた。久しぶりの再会を喜ぶ4人。アストリットはジョージが何やらそわそわ
してるのが気になったのだ。「どうしたの?ジョージ」窓の方ばかり気にしてたジョージは
「いや、あそこにね女の子が立ってるでしょう?」「どの子?」「ほらっ
あそこに1人で立ってる金髪の女の子だよ」「あの腕を組んでる子?」
「そうだよ。あそこのスレンダーな女の子。パトリシア・ボイドっていうんだけど
僕、どうやら一目惚れしたみたい・・アストリット、あの娘どう思う?」
「そうね、可愛い子だと思うわ」「でしょ!でしょ!あの子スゲーイカスと思わない?
アストリット」「そうね。あの娘ならジョージにピッタリな子だと思うわ」
「本当にそう思う?」「ええ」「ならどうしよう・・」
「1回デートに誘ってみたら?」「あの娘に?」「一度声掛けてみたら?」
「そうだね、今度誘ってみる」こうしてジョージはアストリットのアドバイスもあり
パティを誘ってみる決心をしたのだった。

37 :ホワイトアルバムさん:2005/06/12(日) 11:30:37 ID:???
それからどうしたの

38 :ホワイトアルバムさん:2005/06/14(火) 13:48:11 ID:???
age

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)