5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

嗚咽 その8

1 :大人の名無しさん:2005/03/25(金) 10:41:45 ID:n6gUc7gb
過去スレ

嗚咽
http://yasai.2ch.net/middle/kako/973/973086841.html
嗚咽 その2
http://natto.2ch.net/middle/kako/997/997509116.html
嗚咽その3
http://human.2ch.net/test/read.cgi/middle/1025269753/
嗚咽 その4
http://bubble.2ch.net/test/read.cgi/middle/1045352440/
嗚咽 5 「大人の泪」
http://bubble2.2ch.net/test/read.cgi/middle/1065671046/
嗚咽 その6
http://bubble2.2ch.net/test/read.cgi/middle/1086642014/
嗚咽 その7
http://bubble3.2ch.net/test/read.cgi/cafe30/1095644445/

それでは皆様、静かに参りましょう。


2 :大人の名無しさん:2005/03/25(金) 10:44:17 ID:n6gUc7gb
マターリまいりませう

3 :大人の名無しさん:2005/03/25(金) 11:04:16 ID:RzSMvqmN
個別指導塾トーマス8校目
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/part/1106872261/

事件日時・・・2005年2月末7限後
加害者・・・・・T主任(本部で幹部候補研修)、校長
被害者・・・・・M講師。被害前は1週間に17コマ。人気講師。
        後輩講師達の良き相談役。主任の態度について校舎が良くなるように校長に相談しようとしていた。
被害・・・・・・・面談室に拘束。説教or罵倒。飯田橋校に行くのが怖くなって足が動かない、
        家から出られないという症状。精神的苦痛で入院。その後不当解雇。
        3/24現在、まだ外に出れる状態ではなく、薬を服用しながら療養中        
校舎・・・・・・・飯田橋
結果・・・・・・・被害者の泣き寝入り。退院後も引きずっている。

※このテンプレートと【I校講師がM講師から確認したこと】はI校講師の証言をまとめたものです。
現在、確実とは言い切れない部分があります。よって事実と異なる点や付け足しを行い、
その都度ご指摘して頂き、話し合いにより変更していきましょう。社員様、I校講師様、よろしくお願いします。
変更する場合は更新番号を足しましょう。

4 :大人の名無しさん:2005/03/25(金) 11:04:37 ID:RzSMvqmN
【I校講師がM講師から確認したこと】
■トーマス飯田橋校面談室にて、7限終わった後にT主任に「5分待って」と言われて2時間拘束。説教or罵倒。
  内容は「どーでもいいような事」で、1月で辞めた講師の送別会に参加させないようにする嫌がらせか?
■翌日も授業終了後1時間程度?Tが拘束し説教or罵倒。
■M講師は校長に仲裁してもらいT主任と話し合いをしたかったが、Tが話を持って行ってくれないと言っていた。
■その翌々日、講師Mは精神的に追いつめられ入院。(最終的に入院費用個室で20万弱)
■入院中にT主任に電話で、「戦力外通告です!」など罵倒される。
■入院中にT主任に自分の生徒の事を聞く。Tは怒鳴り散らすばかりで代理の先生が誰かも一切教えてくれなかった。
■入院中に、復帰に関して飯田橋に電話するも、T主任に罵倒された。 
■主治医は退院させない方針であったがM講師は生徒への責任感から、時期を早めて無理やり退院。
■戻ったらコマゼロ。校長に訴えるも、無い物としてクビ。子ども達はM講師に会いたがっていた。
■最初「戦力外通告です!」って怒鳴られた後、「どうしてですか?」とMがTに質問。Tは「後は校長から聞いてください」の一点張り。
 校長はすぐ復帰OKみたいな事を言っていたらしいが、退院後態度が変わった。
■退院後に校長とTと三者で話し合いをした。Mは自分が謝れば済むと思い、嫌だけどTに校長の前で謝った。Tは「ニヤリ」と笑った。
 校長の示した退職理由の一つは「退院して、もう発病しないとか証明書だせるのか?」

5 :大人の名無しさん:2005/03/25(金) 15:29:31 ID:a0G6X6YM
初っぱなから透明あぼ〜んつけることになるとは思わなかった・・・・・(´;ω;`)


6 :大人の名無しさん:2005/03/26(土) 09:29:34 ID:CG6J+NSi
マジメな書き込みなのかも知れないが、ここでこういう書かれ方ってやっぱ違和感あるよね

7 :大人の名無しさん:2005/03/26(土) 10:12:41 ID:RzZsrlbx
>>1スレ立て乙

8 :大人の名無しさん:2005/03/27(日) 02:45:29 ID:nBp/nEZc
>>6
しかも新スレの冒頭だし。
印象よくないねー

9 :大人の名無しさん:2005/03/27(日) 18:39:39 ID:oIy18+N+
ごめん チラシ裏だ ごめん でも、書かせて。

もう会えないだろうね。
でも、元気でいて欲しい。
暖かく穏やかな日々を過ごしていって欲しい。

私も生きていく。
もしも、何かの拍子で顔をあわせた時に、
胸を張って君に会えるように。

10 :大人の名無しさん:2005/03/28(月) 08:27:04 ID:5Iv2inB9
>>9
俺も生きている
君と俺はきっとコレまでも会ったことは無いし、
これから出会うことも無いと思う

でも共に生きていこう

11 :大人の名無しさん:2005/03/28(月) 19:58:10 ID:gYCCn0St
昨日の夜、離婚届に押印した。皮肉にも久しぶりに妻とのんびり話せた。
そして今日の夕方、14年間過ごした妻が子供2人と出て行った。
子供の荷物(机とか)がなくなると、家の中って、こんなに広かったのか。
自分の家じゃないみたい。自分以外誰も音をたてる者も居ない。
食器棚にも食器がちらほら残ってるだけになった。
子供には新学期から新たな学校で胸を張って頑張って欲しい。
お父さんも君たちの父親として恥じないよう、一生懸命頑張るつもり。
涙って塩っ辛いね。

12 :大人の名無しさん:2005/03/29(火) 21:37:47 ID:YPZ6M+i6
>>11
財津 和夫の「サボテンの花」 を送ろう。

頑張ってくれ。


13 :大人の名無しさん:2005/03/30(水) 01:46:32 ID:RpPZY0gp
>>12
ありがとう。探して聴いてみます。

14 :大人の名無しさん:2005/03/31(木) 09:23:02 ID:OqB7zlPs
ひとつ屋根の下の主題歌だったかな?

15 :大人の名無しさん:2005/03/31(木) 14:12:34 ID:mob8k6Ho
一、ほんの小さな出来事に 愛は傷ついて
君は部屋をとびだした 真冬の空の下に
編みかけていた手袋と 洗いかけの洗濯物
シャボンの泡がゆれていた 君の香りがゆれてた

たえまなくふりそそぐ この雪のように
君を愛せばよかった
窓にふりそそぐ この雪のように
二人の愛は 流れた

二、思い出つまったこの部屋を 僕も出てゆこう
ドアにかぎをおろした時 なぜか涙がこぼれた
君が育てたサボテンは 小さな花をつくった
春はもうすぐそこまで 恋は今終わった

この長い冬が 終るまでに
何かをみつけて 生きよう
何かを信じて 生きてゆこう
この冬が 終るまで

この長い冬が 終るまでに
何かをみつけて 生きよう
何かを信じて 生きてゆこう
この冬が 終るまで

ララララ…………

16 :大人の名無しさん:2005/03/31(木) 21:21:12 ID:iifPzXs5

カスラックに通報しますた

17 :大人の名無しさん:2005/03/31(木) 22:15:02 ID:amzYLTga
あ あ あ

18 :大人の名無しさん:昭和80/04/02(土) 00:37:47 ID:bNDAJsi/
ほしゅ

19 :大人の名無しさん:昭和80/04/02(土) 13:21:54 ID:Z3dR9vSO
↑昭和!?Σ (゚Д゚;)

20 :大人の名無しさん:昭和80年,2005/04/02(土) 15:43:46 ID:1H2GJjDD
(´・ω・`)昭和だ...。

21 :大人の名無しさん:昭和80年,2005/04/02(土) 15:47:48 ID:pD+ddYVh
4月からスレごとにちがうよね。年度表記。

22 :大人の名無しさん:昭和80年,2005/04/02(土) 18:50:16 ID:2TMuWjOg
>>21
私の行くスレは
「たぶん2005年,2005/04/02(土) 」 とかだよ。。

23 :大人の名無しさん:昭和80年,2005/04/02(土) 21:35:27 ID:LzFP+Cv2
先日、1年ぶり位に実家に顔を出した。

久しぶりに両親と話をして、母親を見たときに
なんだか小さくなっちゃったなとしみじみと思った。

思い返せば子供の頃から迷惑のかけっぱなしで
何も親孝行なんて出来てない自分がそこにいる
ことにとてもやるせない気分になった。

色々と苦労かけてごめん、それとありがとう。
感謝の気持ちを伝えたいけど素直に出せない。

実家を出る時も雨の中、帰り気をつけなさいよ。
ちゃんと食べるもの食べなさいよ。と俺のこと
ばかり心配してくれている。雨に濡れるから
いいよと言ってもずっと見送ってくれてる。

そんな母の姿を見たら申し訳ないという思いと
素直にありがとうと言えない自分が情けなくなり
運転しながら涙が止まらなかった。

24 :大人の名無しさん:昭和80年,2005/04/02(土) 23:45:35 ID:7RtITLvx
>>23
そんな時こそメールや手紙が大活躍ですよ。たった一枚のはがきでもいい。
伝えたい気持ちを伝えたい時に確実に相手に届ける。それだけで全然違うよ。

御両親の結婚記念日、あるいは自分の誕生日など、
何かいいきっかけになるようなイベントは近日中にない?
もうすぐ桜の季節だから、都合がつくなら御両親誘ってお花見でもどう?

御両親に一言伝えようよ。頑張って。


25 :大人の名無しさん:昭和80年,2005/04/03(日) 19:09:35 ID:6VqFnlCX
年号が直ってないのは30代板だけかな?

26 :大人の名無しさん:昭和80年,2005/04/03(日) 22:55:09 ID:yYKkJoW1
>>25
同人板も直ってない。「コミケ歴30年」のまま。

27 :大人の名無しさん:昭和80年,2005/04/04(月) 01:18:03 ID:+deYT/Cf
>24

ありがとうございます。

今まで家族との別れって真剣に考えたことが
無かったんです。でも年老いていく自分の両親の
姿を見て、いつかは会いたくても会えない日が
やってくるんだろうなと真剣に考えるようになり
ました。

そのいつかが来る前に自分が若かった頃に
酷いことをして傷つけてしまったことを正直に
謝りたいと思っています。

話をするきっかけを作れるように何か考えて
みます。

28 :大人の名無しさん:昭和80年,2005/04/04(月) 08:35:15 ID:qniEFwmm
いい親御さんですねぇ 羨ましいよw
良い親って金では絶対買えない人生の財産だよね

29 :大人の名無しさん:昭和80年,2005/04/04(月) 23:51:36 ID:Cjxc08HW
てゅうか>23
おまいもイイヤツだよ
イイ親に育てられたイイ子だよ


30 :大人の名無しさん:2005/04/10(日) 09:33:27 ID:e7kjqFcq
ほしゅ(´ー`)y─┛~~

31 :崖っぷち:2005/04/11(月) 23:40:48 ID:yEWY3mj0
いつだったか、、、何代目のスレだったか、、、。
このスレに夫婦喧嘩実況して素で困って助けを求めてた厨いた。
いつだろう、このスレに愛する夫を失う気持ちを書きなぐった馬鹿女がいた。
いつだろう、人生辛くて酒飲んで現実逃避してるうんこ野郎がいた。
 
今更だけどなんか他のスレとは違う雰囲気があるよね。
電車男なんてくだらなくなるくらい深くてリアルで痛い、「今」がある希ガス。
 
俺もこの時代俺嫌いだけどどうしようもないから頑張って生きようぜ。
明日も出勤だ〜('A`)

32 :大人の名無しさん:2005/04/12(火) 04:42:10 ID:DI4KASlD
今日、母が祖父母を家に連れて来た。
庭の満開の桜を見せに連れてきたのだった。
祖母は病気で入退院を繰り返していて、祖父も今年倒れ救急車で運ばれていた。
去年、俺が結婚した時は、今よりは元気で結婚式にも来てくれた。
祖母は体が弱っているにもかかわらず「絶対出たい」と言って母を困らせていたらしい。何かうれしくて「幸せにならなきゃ」
と思っていた。だけど嫁さんとは3カ月で別れてしまった。超最低女で罵詈雑言投げつけられての離婚だった。
母は、祖父母に会うときは「あの2人は仲良くやっているよ」と言って心配させないようにしてくれていた。
今日祖父母が来たと聞いた時は、正直会いたくないと思った。妹が来て「今来てるからあいさつしてあげて」と言った。
表に出てみると、祖父母は母の車に乗ったまま、桜を見ていた。体が弱っていて降りてこられないようだった。
俺の顔を見ると、顔をくしゃくしゃにして手を振った。「祖父母は、今でも母の言葉を信じているのだろうか」と思うと辛くてその場から逃げ出したかった。母はすぐに車を発進させ、そのまま出て行った。
夕食の時、母は「おじいちゃんとおばあちゃんな、もう桜見納めやなあってゆうとったわ」とぽつりと言った。母は今日一日、何か元気がないようだった。
俺のこと、祖父母のことを思うと気が重いのかもしれない。何か気が重い一日だったので、不幸というほどのことじゃないと思うけど、ここに書くことにしました。
乱筆乱文すみません。


33 :大人の名無しさん:2005/04/12(火) 06:54:52 ID:g/TB2IEw
>>32
私の両親はあなたのおじいさまおばあさまより少しだけ下の年だと思います。
やっぱり年で、年々弱ってきて、歩くのが辛くなってきています。
私は20年一緒だった夫に数年前、離婚を切り出され、
別居しているのを両親には隠しています。
とはいえ、薄々感づいてはいるはずです。だって、ここ数年、正月も法事も
私と子ども達だけで行くのですから。
働いているので離婚して生活に困ることはありませんが、両親が
「幸せな結婚をしている娘」を見て安心し(ようとし)ている様子を見、
何げない会話に、離婚するんじゃないよ、という母を見ていると
離婚を承諾することは出来ません。
でも、このまま両親をだまし続けていいのか、私には分からないです。

桜はきれいですよね。
こうやって桜の季節を積み重ね、年老いて万感の思いで桜を眺めるのでしょう。

34 :大人の名無しさん:2005/04/12(火) 09:14:17 ID:OTx4IEzg
>>33さん
20年程前の私はあなたの子供の立場でした。

普段一緒に生活していないご両親からすれば「離婚はして欲しくない」
と思うのも当然でしょうが、一緒に暮らしている子供の立場は微妙です。

私も小学生の間は仲直りして欲しいと思っていましたが、中々上手く行かない
両親と毎日を共にしていると、次第に「いっそ早く離婚してくれた方が楽なのに」
と思うようになりました。

どうしても子供は従属的な立場になりがちですので、お子さんの気持ちを優先
してあげる、と言うのはどうでしょうか?

私も既に結婚しておりますがまだ子供がいない為、親の気持ちというのが
未だに判らない半人前の意見でした。

35 :大人の名無しさん:2005/04/12(火) 19:23:36 ID:Jr69iI2q
>>32さん
もう1度ゆっくり祖父母さんに会ってみたら?
それがあなたに出来る祖父母&お母さん孝行だよ。
>>33さん
親は結婚してようが離婚しようがどちらにしても
心配をするんですよ。これはねもう一生続くのね。
それならば御自分とお子様の幸せを考えて進みましょうよ!
あなたが頑張って生き生きと暮らしてるということが
お子様や御両親の1番の願いだと思います。
母は太陽なのですから!

36 :大人の名無しさん:2005/04/12(火) 20:56:59 ID:o225w5y8
自分の両親を、肯定的に捉えることができる方々は、
とても羨ましいと思っています。

37 :大人の名無しさん:2005/04/13(水) 03:49:28 ID:XH4oSx/s
>>36
何やら子細ありげだの。泣けるような話なら伺おう。

38 :大人の名無しさん:2005/04/13(水) 23:02:45 ID:B+RNuwWP
>>37
別に泣けなくてもいいだろ、「書く事に意義がある」スレだから。

39 :大人の名無しさん:2005/04/13(水) 23:31:03 ID:v80nQLqV
学生時代、好きだった人が亡くなってました。
いや…ただの片思いだったんだけど、
多分相手は私のこと知らなかったかも知れないくらいなんだけど、
でも純粋に好きだった。

でも同じクラスになったこともない人だから
お焼香にもいけない。

ただ、泣いた。ちょっと涙が止まらない。
…思い出込みの感傷かなあ…

40 :大人の名無しさん:2005/04/14(木) 01:54:35 ID:pWw24kTu
>>34さん、>>35さん

どうもありがとうございます。33です。
別居を始める前はかなり精神的に参っていましたが、
離れて数年たった今は、パートナーがいない、という
一抹の寂しさはあるものの、仕事も家のことも趣味も楽しんでやってます。
夫とは暴力や浮気があったとかではなく、愛が無くなったわけでもなく
ただ、一緒に暮らすとうまくいかない、という関係になってしまったので
一緒に暮らしていなければ、互いに落ち着いていられるんです。
子どもたちとも色々話し合っていて、まぁ、いまのところは
そういう状態でもしょうがないね、という感じ。
正月とかクリスマスとか誕生日とか、イベント時には
夫を含め家族全員で食事しますし、子ども達も
単独で適当に夫と会って色々と話をしているようです。
相手の仕事がうまくいっていないので私が学費と生活費を
稼がなきゃならないのが不安ではありますが
子ども達も私も元気です。
年を取ったら夫と二人で手を繋いで何のわだかまりもなく
桜の下を歩けたら良いなぁ。

41 :35:2005/04/14(木) 16:40:50 ID:ZVCj7iVf
>>39さん
思い出して泣いてあげることも『供養』だと聞きました。
ご焼香に行けなくても思いこみでもいいじゃないですか。
あなたはあなたなりの供養の仕方があるんですから。

>>40さん
そっかぁ。ちょい複雑なのね。
でもそのスタンスが良い関係で居られるなら
堂々と話しても良いとは思うのだけど…。
親御さんはそれでも心配するだろうね。
秘密にしてる事が(多少バレテルだろうけど)
親孝行になってるっていうのも有りなんだろうね。
お子さんも元気との事。ホッとしました。

42 :大人の名無しさん:2005/04/15(金) 10:22:33 ID:rw+EpHsM
>>39
その人のことをすっかり忘れた時が、その人の本当に死ぬ時だ。

っていう言葉を聞いた事があります。(言葉は正確じゃないですが)
相手のことを覚えている限り、お相手はあなたの心の中でそばにいます。
>>41さんもおっしゃってますが、離れた所で手を合わせてもきっと気持ちは届きますよ。


43 :大人の名無しさん:2005/04/15(金) 11:11:20 ID:8Doii8Cg
「喪の仕事」ですね。
初代スレ72-84あたりに書いてあります。

44 :大人の名無しさん:2005/04/15(金) 20:07:56 ID:Lpe6EKqV
>>40
うちの両親は、30〜40代の頃は険悪でした。
言いたいことを全部言う母、ストレスから飲酒に走る父、またそれをなじる母。
間に挟まれて自分はずいぶん気苦労しました。
しかし今、両親はすっかり仲がいいです。
お互いの愚痴を私に言うことはほとんどないし、たまに一緒に旅行にも行っちゃったりして。
散々引っ掻き回された自分からするとちょっと腹も立ちますが、やっぱり両親が仲がいいのは良いことだと思います。
今現在は仲が悪くても、年月を経て関係が育って仲良くなるということもありますよね。
あなたの選択に幸あれと祈ります。

45 :大人の名無しさん:2005/04/16(土) 13:18:51 ID:sdVrB4Jl
>>39さんへ
その人が亡くなって涙するくらいに好きだったのなら、
きっとあなたはその人から何かを貰っているんだと思います。
それは優しさなのか勇気なのかは判りません。
けど、その人の心の一部はきっとあなたの中で
これからも生き続けるんじゃないかと思います。

最近思うんですが、命には終わりが無いんじゃないかと。
人は必ず死にます。
けれどその言葉や考え方や態度や行動を通じて、
その人の心は家族や友人達や知人達の心の中で、
そして時には見ず知らずの人の記憶の中で、
忘れられない思い出として生き続けている気がします。
だからその人が亡くなったとしても、居なくなる事は
無いんじゃないかと思うんですよ。
おセンチ過ぎ?

46 :大人の名無しさん:2005/04/16(土) 15:08:38 ID:nWUwkvdr
http://pya.cc/pyaimg/pimg.php?imgid=6468

47 :大人の名無しさん:2005/04/16(土) 20:25:58 ID:QNTxoPcJ
俺が思うに人間は身体と心がふたつ合体して生きてるんだと思う。
そのうちの身体の方が駄目になっなったとしても、心はずっと 生きてるんだよ。
身体が駄目になると、その心は 身体から抜け出て、神様の所へ導かれて行くんだ。
そうやって神様のもとで過ごしているうちに 新しい身体を神様から頂くことができるんだ。
そして、新しい生命となって、また誕生する^^ 人間はそうやって、心だけは絶対に死ぬことはないんだ。
何回も何回も、人生を送ることができるんだと思う

48 :大人の名無しさん:2005/04/16(土) 21:56:30 ID:/xCtdXJ/
>>47が言ってるのは輪廻転生で


>>45が言ってるのはそれとは違って
遺された者達が、故人が生きた証を大切に、或いは知らず知らずに、記憶や心情に留めてゆく
っていう意味だと思います。


49 :45:2005/04/18(月) 00:06:54 ID:r9q+dAhr
>>48
つたない文章を理解して頂きありがとうございます。
言葉が足りませんでしたが>>42さんの考えに賛同しての意見でした。
>>47さんのような考え方もあると思いますが、生きている人達の立場で考えると
心が受け継がれるという風に私は考えたくて。

誰にでも絶対に忘れられない人って居ますよね。
私にもそんな人が居ました。
そしてその人の思い出があるからこそ、今の自分があるんじゃないか
と思えるんです。

>>39さんも今は悲しんであげれば良いんじゃないかと思います。
でもいつか、その人に出会えた事を嬉しく思えるようになれると良いですね。

50 :大人の名無しさん:2005/04/20(水) 00:01:54 ID:x24rUHPY
妹の猫。

妹がかわいがっていた猫が腎臓を患って、もう長くないだろうという連絡を
実家から受けた。日に日にやせ衰えていくので最後に会いに来なさいと。
家族の一員、眼の大きい美人のアビシニアン。俺も妹も東京に出てきていた。
俺は仕事の都合が付かなかったが、一週間後、妹は彼女に会いに実家に帰った。

実家に着くと、「昨日の夜から姿が見えない」と母。
妹はその言葉を聞くなり外へ飛び出して大声で彼女を探し始めた。
外への行き来を自由にさせていたので、死に場所を求めて外へ出たのだろうか。
何時間も歩き回って探したが、彼女は見当たらなかった。

やるせない気持ちのままその日は実家に泊まることにして、
床につき数時間経った深夜、聞き覚えのある細い声が聞こえてきた。
あわてて玄関を開けると、やせ細った彼女がボツンと座っていた。
妹に近づこうとするが、思うように歩けない。
抱きしめてぼろぼろに泣く妹と、その涙を舌で拭う彼女。

最後の夜を二人同じ布団に眠り、翌朝妹が目覚めたとき、もう彼女の姿は無かった。

「最後に会いに来てくれたんだよ」
定期入れに入れてる元気な頃の彼女の写真をみせながら、妹は最後の日の様子を語ってくれた。

51 :大人の名無しさん:2005/04/20(水) 16:14:44 ID:i4olV5xE
ネコって、死ぬときは姿かくすっていうよね…(/_<。)

52 :大人の名無しさん:2005/04/21(木) 01:25:22 ID:5kz9MSZG
リア工房ですが、スマソ。

厨房で、行きたい高校を親に反対されて、結局進学塾に通い、県内2番目の高校へ進んだ。
でも、行きたい高校じゃなかった。
しかも、パニック障害が出て、徐々に授業に付いていけなくなり、学校も授業も休み勝ちになった。
学校へ行く、15分の電車が、パニック障害の発作が怖くて乗れなくなった。
鬱病も併発して、もういっぱいいっぱいだった。
親のことを憎んでて、「塾に行かせたのが、そもそも間違いだったんだ!」と、言葉に出さずに責めていた。
でも、そのことは親に言わなかった。
通院も、調子の悪いことも、親に怒られるかもしれないと思うといえなかった。
せっかく入った学校だから、ちゃんと行きなさいって、一蹴されると思った。

53 :大人の名無しさん:2005/04/21(木) 01:25:43 ID:5kz9MSZG
そしたら、週末のある日。
携帯に親父からメールが入った。
滅多にメールなんかしない人だから、ちょっと不思議に思って開封してみた。
『無理はしなくていいよ ●●高校(通ってた高校)は、辞めてもいいからね。』
涙が出た。
もっと早く気づけよという気持ちと、なんだかわけの分からない気持ちが一緒になって、涙が出そうになった。
数分して、母親からもメールが来た。
『病気、辛かったんだね。ごめんね。』
もう、周りに人が居るのにタラタラないてたよ。

そして、自分は学校を辞めた。
去年の11月、一年も居られなかった。

今は、通信制の高校に通っている。
一年生っていうあつかいで、しかも前の学校での単位が一つもない状態だから、本当に高校生活やり直しだ。
楽しんでいけたらいいなって、軽い気持ちでリポートをかいて、自学自習してる。
でも、あのメールがきっかけで、自分は全部のことを親に言った。
今はパニック発作もだいぶ収まってきている。
同い年の人とは、一年差が出来てしまうけど、そんなの関係ない。
親と、理解し合えたから、べつにそんなことは関係ない。


長文・微妙な文章スマソ

54 :大人の名無しさん:2005/04/21(木) 01:58:11 ID:fC1tYEXt
>>53
自分にもあなたくらいの子どもがいます。
あなたが自分の言葉でご両親に伝えてくれたこと、すごく嬉しい。
よかったね。
どんな親も子育ては初めての経験ばっかりなんです。
たとえ何人子どもがいようと、「その子」を育てるのは
初めての経験です。
頑張って頑張って子どものことを理解しよう、子どものために
良いことをしよう、と思っていても、時に間違えてしまう
ことがあります。
それを正してくれる子どもと共に親も育っていきます。

どうか自分の足で自分の人生を歩いて下さい。
辛いときは、あなたを支えようとする親や周りの人が
いることを信じて下さい。


55 :大人の名無しさん:2005/04/21(木) 02:38:18 ID:AkBJBp0c
まさしく休み勝ちですな

56 :大人の名無しさん:2005/04/21(木) 05:09:24 ID:hOE99FT7
>>53さん
真面目すぎたのだね。いい加減は良い加減なんだから
楽しまなきゃ損ってな感じに羽も伸ばそうね。
何かを始める時に遅い早いなど無いんだよ。
誰と比べ様もない自分のスタートを切れたのだから。
それだけですごく前進!
ゆっくり進めばいいんだよ。勝ち負けなんて
人生が終わる時に解るもんさ。のんびり行こうや。

57 :大人の名無しさん:2005/04/21(木) 08:31:37 ID:U/9Mi9pI
泣きたいのは親の方だということをしっかり自覚しておいた方がいい
>>53も30代になったら少しはわかるだろうよ


58 :大人の名無しさん:2005/04/21(木) 10:13:45 ID:vtVZlLP3
>>57
自分が十代だったころ、そんなことまで思い及んだか考えてみろよ。
親だろうが子だろうが、泣きたいとか苦しんだとかは同じじゃないかな。
一度は親を恨むことだってあるだろうし。
死ねば解決としなかっただけ、たいしたもんじゃないか。
残念ながら、板違いの感は否めないけどな。

59 :大人の名無しさん:2005/04/21(木) 10:25:05 ID:R35dpWdq
【2ちゃんねる名スレの部屋】
ttp://dodo.s2.xrea.com/

過去ログのみとはいえ、
ここの「感動・しみじみ」で紹介されるほどのスレなのですね。
ロム年齢層は幅広いのかもしれません。

60 :58:2005/04/21(木) 10:27:03 ID:vtVZlLP3
親は自分を未知数だから羽ばたけ、と将来を嘱望してくれたらしい
そりゃ2歳の子がどうなるかなんて、いくら死を前にしてもわかるまい

三十三回忌もとっくに過ぎた、顔も知らない母がどこかで見守ってくれている
老いた育ての母は元気にくらしながら、なにくれと気遣ってくれている
その思いをまああああああったく生かせずに、三十路半ばで愚痴だらけの自分

十台に戻ってやり直したい。いや、二十台でいいから、もう一度
逃げの言葉をつぶやきながら、修正は今からしかできないと言い聞かせてるんだ
>>53、お互い、今からを生かしましょう
自分の場合は少し長生きして回り道した分を補うようにしないとな



61 :大人の名無しさん:2005/04/21(木) 19:44:32 ID:wLTyz7n/
板違い

62 :53:2005/04/21(木) 22:24:55 ID:5kz9MSZG
板違い、スレ違いもいいところで、すいませんでした。
このスレは、大好きでROMしていて、そして、ふと書き込みたくなったんです。
また、ROMに戻ります。
ありがとうございました。

63 :大人の名無しさん:2005/04/22(金) 00:26:01 ID:kppXGJoy
>53
いい親じゃないか
大事にしろよ
なんか言いたくなったらまた来いよ。待ってる

64 :大人の名無しさん:2005/04/22(金) 10:11:35 ID:qGbvg7+n
>>63 惚れた(;゚∀゚)=3

65 :大人の名無しさん:2005/04/22(金) 10:21:13 ID:HaWkBH3L
>>60
十台って・・・
十代以下だな。

66 :大人の名無しさん:2005/04/26(火) 13:07:59 ID:vzEMHI0a
いろいろな73人。
・「あと一週間で連休やから、パパがんばるわな。」
といって家を出たオトーチャン。
・今日が定年日で慣れないスーツを着て家を出たお父さん。
・昨日のデート気分が抜けないまま、今日もデートの女子大生。
・夜勤+残業あがりで、クタクタの青年。
・学際の準備のためだけに大学へ向かう学生。
   ???????  ???????????????????
 ????   ???????????       ????
????     ????????        ????
????     ???????        ????
????     ???????       ????
 ????   ????????      ????
   ???????  ????     ??????????

67 :大人の名無しさん:2005/04/26(火) 13:59:20 ID:6mRTGuz4
>>66
スレ違い。

×→いろんな嗚咽が交錯する
○→さまざまな慟哭が飛び交う。

まだ、泣けない。

68 :大人の名無しさん:2005/04/29(金) 12:18:53 ID:TpYy2EkU
保守

69 :大人の名無しさん:2005/05/04(水) 22:14:20 ID:Jc+H9P8v
hosyu

70 :大人の名無しさん:2005/05/04(水) 22:18:18 ID:m0RCGGMg
保守

71 :大人の名無しさん:2005/05/06(金) 00:56:34 ID:kGn1PR94
あなたの息子は見所のある頭のいい子だから
きっとどこかで立派に成長しているに違いない。



72 :大人の名無しさん:2005/05/06(金) 22:16:52 ID:LnlvNSVj
いやまあ、オヤジが死んだのは別に悲しくなかったさ。 葬式でも泣かなかったし。
変なところが癌になって、治しようがないからって放っておいたぐらいだし。
死ぬ直前まで、いや、死んでからも色々迷惑かけられてるし、もうすぐ40代板に
行かなきゃ行けないふがいない息子でお袋に迷惑かけまくってるから悲しんでられない。

オヤジに苦労かけ続けさせられてきたお袋にはラクさせたい。 TVで温泉特集とか
やってると「行きたいわねえ」って時々つぶやいてる。 ごめんな。 甲斐性無しの息子で。
孫の顔どころか嫁の顔すらまだ分からんぐらいで。 こんな年なのにな。
モテないし、女、苦手だし。

旅行連れて行ってやりたいけど、オヤジの残した莫大な借金と借金まみれの会社
切り盛りするだけで精一杯なんだわ、オレ。 GWも明日も明後日も仕事で、その
次の連休もその先も全部仕事で。 チケット渡して「ホラ、行って来なよ」なんて
かっこいことしたいけど、そんな金も無い。 あんまりオレとお袋が不憫で、嫁に行った
姉ちゃんの旦那さんにまで気を遣わしちゃって、その上、シャレにならん額の金まで
貸して貰うことになっちゃって、申し訳なくて旅行なんて行く気分にもなれないし。

元々オレが経営してた会社の金までオヤジの会社につぎ込んじゃって、社員のみんな
ごめんな。 みんなが稼いだ金なのに、気の毒がってオレに文句も言えないよな。
でも、なんとか単月黒字が出てきそうなんだわ。 お袋、もう少しだけ待っててくれよ。

どうしようもなくて、ふと思いついて、仕事先でバイクに行く途中、絶対不安だからって
フルフェイスのヘルメットしか被ったことなかったけど、半キャップのヘルメット買ったよ。
事故ったらヤヴァいのは分かってる。 でも買わざるを得ない気分だったんだよ。

ゴーグルしないで60km/hばかり出したらさ、向かい風で涙がいっぱい出たよ。

73 :大人の名無しさん:2005/05/06(金) 23:16:08 ID:SuFSZEub
>>72
最高の漢だあんた。もう少し頑張れ。
向かい風が悩みも苦しみも不運も吹き飛ばしてくれることを心から祈る。


74 :大人の名無しさん:2005/05/06(金) 23:40:03 ID:nVkUyn2d
>>72
ガンガレ ガンガレ ガンガレ!!
何にもできないけど、いっぱい応援する!!

75 :大人の名無しさん:2005/05/07(土) 00:21:25 ID:wAHDn5B+
>>72 ニートの自分勝手な愚痴かと思ったら・・・・。

こんないい息子を持ってお母さんは幸せだねえ。

76 :大人の名無しさん:2005/05/07(土) 01:05:53 ID:7G7W4fvM
>72
もう少しだ。ガンガレよ

77 :72:2005/05/07(土) 23:06:35 ID:j0YrCRyd
ありがとう。>>73-76 やる気出てきたよ。
仕事の合間見てのぞいてみたよ。

オレ、お袋が年行っての子供でもう70歳過ぎてんだ。
もうあんまり目が見えないんだ。 結構ヨレヨレ。
なのにオレが消防の頃、気まぐれで買った母の日のカーネーションのこと
未だに「嬉しくて涙が出た」ってことあるごとに人に言うんだわ。
もう30年前の話で、肝心のオレはもういいオヤジなのにな。
それ以外、お袋に大したことしてないのに。

来週は二つの会社の仕事の合間を縫って、オヤジの借金の返済打合せで
サラ金と国税局と税務署と区役所と銀行に行ってくる。

書き込んだの、誰かによくやってるってホメてもらいたかっただけなんだ。
ありがとう。
もう二度とここに書き込みしないようにするよ。 たぶん、もう十分ホメてもらった。

それから、ここ見てるみんな、母の日にカーネーション勝手あげてみてよ。
お袋さんがいればお袋さんへ。 お袋さんがいなけりゃお袋さん代わりの人へ。
そんな人がいなかったら時々行く定食屋のおばちゃんにでもいいよ。
上手く行ったら、30年ぐらいは語り継がれるぜ。

78 :大人の名無しさん:2005/05/07(土) 23:12:12 ID:/p0hhL1h
>72
あんたやっぱりいい人だ!!
女が苦手で嫁さんがまだいなくても
あんたみたいな息子がいるだけで
お袋さんすんごく幸せだと思う!!
これからもお袋さんの為にガンガレ!!


79 :大人の名無しさん:2005/05/07(土) 23:39:55 ID:wwiY518d
>>72 サラ金が変な事言ったら財務局へ行けよ

80 :大人の名無しさん:2005/05/08(日) 00:02:02 ID:edm8q/pR
>>72
あなたの文章力に惚れたよ。もっともっといいことありますように。
人生前向きにそしてひたむきに生きてる人に神様も必ずご褒美くれるはず。




81 :大人の名無しさん:2005/05/08(日) 10:20:15 ID:UgY80vVd
母親の財布から金をパクろうと思って開けたら、
10年前の母の日においらがあげた肩たたき券が
大事そうに入っていた。
おいらは泣きながら2千円を抜き取った(´Д⊂ヽ


82 :大人の名無しさん:2005/05/08(日) 16:37:49 ID:m+8xadWy
>>77
母親にとって子供はそうやって思ってくれて、一生懸命生きて働いていてくれるだけで
充分親孝行だからね。がんばりすぎてる位がんばってるだろうから、体には気をつけて。
親より先に逝ってしまったりしたら、一番の親不孝だからね。

子供はちゃんと健康で、がんばって生きていてくれたらそれだけで親孝行なんだよ。
いくつになっても、それが一番の親孝行なんだよ。
そして、できたら幸せだと思って生きていてくれたら、それ以上はいらないからね。

83 :大人の名無しさん:2005/05/08(日) 20:22:46 ID:D6d4zkRU
>>81
結局取ったのかよw

84 :大人の名無しさん:2005/05/09(月) 00:11:12 ID:5jMv6EAs
長女がお腹の中にいるとわかったとき、旦那は
『出来ない人よりましだな』といった。
『うれしい』という言葉は最後まで聞けなかった。
大きくなっていくお腹を触ることもなければ
『エイリアンみたいできもちわるい。』というだけだった。

怒るとだまり、家を出て行く。
気に入らないことがあれば、物に当たる。
大声で威嚇する。
子供が病気で泣き叫んでも、抱き上げることもしない。

そんな旦那と半年前に別れ、シングルマザーになった。
子供を愛さない親はいらないとおもう。
子供はまだ2歳で、『パパ』とも言わないままだった。
でも、子供から父親を奪ってしまった罪悪感はまだ消えない。
いつか、父親がいないことで彼女を悩ませるときが来るのかもしれない。
母親、子供、父親で手をつなぐ姿を見て、悲しむのかもしれない。

まだまだ強くなりきれていない母親です。

85 :大人の名無しさん:2005/05/09(月) 01:05:29 ID:/t9o59l4
>84
あなたは間違っちゃいないよ 罪悪感なんて背負う事ない
罪悪感を感じて生きるほうが子供にとって不幸だよ
子供とふたりで頑張って生きていってほしい

86 :大人の名無しさん:2005/05/09(月) 01:06:54 ID:S0AS3Smd
>84
無理に強くなる必要はないよ。
親は最初から親になれるのではないんだから。
子供と一緒に笑って怒って泣き悲しんで、親も子も成長するもんだと思う。

>母親、子供、父親で手をつなぐ姿を見て、悲しむのかもしれない。
そん時は子供と一緒に悲しむが良し。

貴女は片親で子供を育てるデメリットと、最低の旦那と形ばかりの夫婦を演じて子育てをするデメリットを比較して
結論を出した。
漏れ(男)からみてもその結論は間違っていないと思う。


87 :大人の名無しさん:2005/05/09(月) 01:23:59 ID:QF7ljfgD
>>84
子供にとって自分を必要としてくれない親なんて要らない。
逆に「貴方の為に別れなかった」と言われる方が辛い。
私がまさにその状態だったから。
貴方の選択は正解ですよ。がんばれ!

88 :大人の名無しさん:2005/05/09(月) 16:56:34 ID:sEYDZ96d
僕はこの3月に19歳になり、4月からは大学2年生になった者です。
僕が小学校の2年生まで住んでいた家は、毎日何かしらの虫が出るボロい家でした。ひどいときは風呂場にゲジ(ムカデのでかいバージョンみたいな虫)
が出たこともあります。まだ小さかった僕にとって、そのような虫を駆除してくれる母や4つ上の兄はとても頼もしい存在でした。今住んでいる家より敷地は
小さかったけれど、狭いぶん家族が密集することができたのでとても温かい家でした。
その家と隣の家の間には赤レンガで作られた壁があり、兄はそこに野球のボールをなげつけて壁当てをして遊んでいました。兄が楽しそうにボールを投げる姿
を見ては、『大きくなったら野球選手になりたい』と言っていたのを思い出しては、ひそかに応援していました。
10年ほど前に引っ越したその土地は現在道路になってしまっています。もう赤レンガの壁はありません。僕が誤って落とした果汁グミが1個へばりついたあの
レンガはもうありません。『壁当てばっかりやってたらレンガが崩れちゃうよ』という母の心配事も聞くことができません。
前にも書きましたが、弟の僕でさえまもなく19歳。兄は23になりました。壁当てをやったり、1日30分までと決められたファミコンをやりすぎて親に怒
られたり、兄とやったゲームに負けて腹を立てて泣いたりすることはこの先ないでしょう。
もう戻れないあの時間。

いつのまにか、僕は大人になりました。


89 :大人の名無しさん:2005/05/09(月) 17:00:35 ID:0QG4iNgW
>>84
あなたの結論と行動に何の非があろうか。
「子供を愛さない親はいらない」そう感じたあなたの感覚を信じて正解。
堂々と胸を張ってお子さんと一緒に生きて下さい。

90 :大人の名無しさん:2005/05/10(火) 23:40:38 ID:v0u8mQ7x
>>88
30歳になるまでに改行を覚えろよ

91 :大人の名無しさん:2005/05/10(火) 23:53:25 ID:FWPAR875
板間違えてないか

92 :大人の名無しさん:2005/05/12(木) 10:47:34 ID:3LIDOaNL
>>84
子供の前では笑顔でいたい。
それが私を今の生活に踏み切らせました。
あれから10年。
私はシングルになった事を恥じることも隠すこともなく、
ただただ子供を愛し、働きつづけました。
子供達はそんな私を見て育ち、
いつでも沢山の友達、先輩、後輩に囲まれ
意気揚揚と学校へと飛び出して行きます。
お金は無いけど
普通の家族を見て悲しむのかもしれないけど
それ以上の何かを感じさせるのは貴女次第です。
強くしてくれるのは子供です。
一人で頑張らないでお子さんと一緒に前を向いて。。。

普段はこちらにいます。心強い仲間が沢山いますよ。
      ↓
♪ シングルママ(パパ)専用☆PART8 ♪
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/baby/1114307129/l50


93 :大人の名無しさん:2005/05/12(木) 23:00:28 ID:lyKA3R4b
30代には数か月足りませんが書かせてください。

先日、高校1年の時の担任の先生が亡くなりました。
私は当時の同級生に連絡をとり、お葬式に行く準備をしていました。
数時間後、同級生から電話があり、
先生の再婚をした奥さんが某宗教団体の信者なので
一般の私たちはお葬式に出られないと言われました。それはとても残念で、泣く泣く諦め
後日お墓参りでもと思いましたが、個人のお墓もないと教えられました。

私が就職をして暫らく経った頃
帰宅途中の電車の中で偶然先生に逢ったことがありました。
懐かしくて話をしたいと思いましたが、先生はすでにお酒を飲んでらして
私は一緒にいるのが恥ずかしくなり、混雑に紛れて離れてしまいました。
降りた駅が一緒で、出口で逢った私に先生は何も言わず
「一緒に飲もうと思ったのに」とオレンジジュースをくれました。
母が迎えにきてくれてたこともあり、そのまま別れたのですが、
とても自分が恥ずかしくなり、次に逢ったら謝ろうと思いました
しかし、それが先生との最後の思い出となりました。
いまは、あの時のことが申し訳なく、恥ずかしいと思ってしまった自分に
なんともいえない怒りを抱いています。

先生ごめんなさい。
私は最低な人間になってしまいました。
悪いことをしたのに先生に謝りに行くことができません。
許してもらえないのが辛いです。
でも、最後の授業を受けさせてもらいました。
人との出会いは奇跡ですね。
これからは出会う全ての人との縁を大事に感じて生きたいと思います。

あまりに悔しくて書きなぐってしまいました
スレ汚し申し訳ございません

94 :大人の名無しさん:2005/05/13(金) 00:24:49 ID:45dtgUkB
コピペですまん
ttp://www.shinmai.co.jp/news/20050512/mm050512sha0022.htm


俺は哭いたよ。その優しさに…

95 :大人の名無しさん:2005/05/13(金) 10:34:33 ID:z1J8k6XX
>>94
うぅ・・・
上手く言葉に出来ない。

涙が止まらん・・・


96 :大人の名無しさん:2005/05/17(火) 00:09:25 ID:swdWIRTU
今日は休みで、散歩がてらに本屋へ立ち寄った。

「泣ける2ちゃんねる」を手にとって見た。ちょっと立ち読みしてみたら、俺が3年前に書いた文章が載っていた。
当時、その晩に起こったことをそのまま酔っ払って書いた文章。ちょっとおセンチで、今読むと赤面してしまうが、
あの晩に起こったことが鮮明に蘇ってきて、本屋で涙がこぼれそうになった。妻にちょっとした一言を言われて
感動し、書いた文章。こうして再会するとは思わなかった。

家に帰ると、妻が掃除機をかけていた。「おかえりなさい」の一言が、いつもより心に沁みた。

97 :大人の名無しさん:2005/05/18(水) 09:57:08 ID:BtHcMh7N
悲しみもあれば喜びもある。
人生悪いことばかりじゃないね。

98 :大人の名無しさん:2005/05/18(水) 14:53:53 ID:2N5SKVC/
ttp://plaza.rakuten.co.jp/momomaico/4001

やばい号泣・・・

99 :大人の名無しさん:2005/05/19(木) 02:08:20 ID:Gv5BjG6h
>>98
飯塚 訓の「墜落遺体―御巣鷹山の日航機123便」もヤバイ。 
本を読んで、それも見ず知らずの他人様の事なのに
嗚咽したのは初めての経験だった。

ここの趣旨とは違うと思うのでsage

100 :大人の名無しさん:2005/05/22(日) 20:08:21 ID:KU83rNDq
人体不思議展みてきた。
てか標本の皆さんすご杉。
人間て死んでしまえばそれまでなんだなあ。
どんなに誇り高く生きてきても、脱け殻がこの世に残っているだけで。
その人の尊厳も全部消えてしまうんだ。。。
これってすごく悲しい事なんだなあ。死ぬのが恐いって初めて思ったし、周りの人をもっと大事にしなきゃいけないって思った。
ワケわからないけど、泣けたなあ。
この年になるまでこんな事もわからず生きてきて、情けなくまた号泣。


101 :大人の名無しさん:2005/05/22(日) 20:17:56 ID:JdqLevVu
>100
標本の人達は生前に「死んだらこの体を使ってください」って言ってたんだよね。
ドイツの人達だったっけ。

102 :大人の名無しさん:2005/05/22(日) 20:23:53 ID:KU83rNDq
>>101
確か献体したんだよね。。
自分には無理だし、親や友達も嫌だよ。かわいそすぎる。
ドイツ人で、全然知らない人ですら見てられない感だった。
自覚はないけど、やっぱバリバリ仏教従なんですよね。

103 :大人の名無しさん:2005/05/22(日) 20:27:53 ID:JdqLevVu
なんていうか、医学的なものだけでなくて
いろんな意味で勉強になるね。
標本の人達は偉大だよ。

104 :大人の名無しさん:2005/05/23(月) 09:04:49 ID:oztYw9QO
展示してある献体の中には凶悪犯もいる。
だから全部偉大とは思わない。


105 :大人の名無しさん:2005/05/24(火) 13:26:46 ID:xn4lq6eB
のんでのんでのまれてのんで・・・

106 :大人の名無しさん:2005/05/26(木) 00:58:05 ID:gjJTRIEH
そもそも、妊娠中の女性の標本も、
三才位の子供の標本もあったしな>人体の不思議展
(一番初期の頃の展示なので、今はどうかしらんが)
もう生まれれば育つ大きさの胎児や、幼児は自分が了承して標本になった訳ではあるまい。

どんな経緯であそこにいる事になったのかを想像して、それだけで物凄いブルーになった覚えが有る。


107 :大人の名無しさん:2005/05/26(木) 03:09:01 ID:jT/W4TqL
家族の間に入って調整役になるのに疲れた
両親は世間体とか自分たちのことばっかり
姉はそんな両親と絶縁
何とか仲直りできないか頑張ったけどお互いに歩み寄ることもない
唯一の支えは夫と子供だけ
なのに夫が浮気(未遂)をした
自分が信じられるのはこの人だけだと思っていたのに・・・
子供を抱きしめて号泣した

死んでしまおうと思ったけど
やっぱり子供を残しては死ねない

泣きながら謝罪した夫のことを信じられない自分
信じてまた裏切られるのが怖いよ・・・

108 :大人の名無しさん:2005/05/27(金) 00:10:04 ID:1BuGpFzL
>107
信じ〜られぬと〜嘆く〜よりも〜
人を〜信じて〜泣く方〜がいい〜
 って歌があったな。

ところで何で旦那は浮気未遂をしでかしたんだろ?
貴女は娘であり妹であり調整役であり母親だったのだろうけど、旦那は貴女の家庭で何だったの?
父親&収入源以上の存在だった?
夫としては妻にいつまでも女であって欲しいんだけど、女でなくなるとついつい他処の女に目がいってしまうんだよね。
もしも貴女が夫の前で女であり続けたのに、夫が浮気をしようとしたのなら、又は旦那と子供との家庭よりも自分の親姉妹
の関係の方が大事なら、分かれた方が良いと思うけど。


109 :大人の名無しさん:2005/05/27(金) 14:16:52 ID:9d4CuwgC
浮気未遂ぐらいで、死ぬとか死なないとか…

本当に病気や事故で家族を亡くした人の気持ちなんて考えてないね。

110 :大人の名無しさん:2005/05/27(金) 17:45:41 ID:Jbnqq++1
>109
その言い方はちょっと…

人によってつらさの度合いは違うし、事故だから悲しくて浮気だから悲しくないとかはないんじゃない?
家族で疲れる気持ちはわかるから、そうやってすぐにそんなことぐらいで…って言ってほしくない


それから>107さん
子供がいるから死ねないなんて、子供にしてみれば重荷以外の何者でもない
子供はそういうのすぐ気づくから、きっとあなたが気づかないうちにお子さんを追い込んでしまうと思うよ

子供のため、家族のため、そうじゃなくて、自分の意思で、その道にすすむことを決意してください
他人への誠意より、まず自分の心に誠意をもって接してください


111 :大人の名無しさん:2005/05/27(金) 21:59:19 ID:BFDt8f0X
>>107
あなたは家族の接着剤として生まれたわけではないと思います
どうか子供にも同じ事を繰り返させないようにして下さい

結婚したのなら、まずなによりも
子供・旦那>>>超えられない壁>>>実親・義理親
となるべきだと思います。

今いる旦那さんとお子さんは、あなたが選んだ家族なんですから
いつまでも自分の親に気を取られることはないと思います

浮気は確かに許されない事かもしれないけど、旦那さんから見れば
あなたがいつまでも親の後を追ってるだけにしか見えず
寂しくなって浮気したのではないでしょうか?
親のことばかり見ずに、あなたにとって一番幸せな家族はどこにあるのか
よく考えてください

ないものねだりで何ですが、私は子供がいるあなたがとても羨ましい
私の子供は、生まれて8カ月で亡くなりました
生きていれば、話もできるし、分かり合える努力もできる
死んでしまったら、何にもなりませんよ





112 :大人の名無しさん:2005/05/28(土) 10:45:41 ID:kQs2R4kk
辛いときに「べき・べからず」の話をされるのが一番重荷になる希ガス。
「かくあるべき」なんて他人が決める事じゃない。

>>107
あなたがこれからどうしたいのか、見つかる事を祈ります
お子さんの事を大切にしてあげる事も重要ですが、
それを考え過ぎてもお子さんに見えないプレッシャーがかかるでしょう。

あなたと、あなたのお子さんの幸せが見つかりますように

113 :大人の名無しさん:2005/05/28(土) 20:52:46 ID:fAw7ePLR
>>107
心が届かなくなって死にたくなる程の相手は、人生において最も貴重なもの。
いずれ、同じ思いをした友人を助けられるかもしれません。

25歳で妻が死んだとき、自分はそう考えました。
自分はまだ迷子らしいですが

114 :大人の名無しさん:2005/05/31(火) 17:14:03 ID:S9AotSnO
同人板「チラシの裏」スレより。読みやすいように改行入れさせてもらった。


471 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。[sage] 投稿日:2005/05/31(火) 13:39:50 ID:yAlPaHRx

てか、あと少しで国家試験…。なのにスランプ。
某死帳の待つ田、お前、コネで警察庁入ってんじゃねーよ!
こちとらコネ無し本気でそっち系目指してんのに!……うらやましいよ。
いつもはお笑いキャラで、悩みなさそうでいいね〜とか言われる自分なんで、
そういう仕事目指してるの知られて、馬鹿にされた。

言えるわけないでしょ、自分の同級生が残酷な殺され方したとか。
一年たった今でも事件は迷宮入り。…犯罪をなくしたい。被害者の力になりたい。
そんな事、私が考えてるなんて思わないだろうな。……頑張ろう。殺された友達のためにも。

--------------------------------


じーんとした。
周囲の声にめげることなくぜひとも試験頑張って欲しい。

115 :大人の名無しさん:2005/05/31(火) 18:17:30 ID:3OPfHfj/
>114
某死帳って何?

116 :大人の名無しさん:2005/05/31(火) 19:03:09 ID:gRJrruKo
>>115
勝手な推測だけどデスノートじゃないかなあ。
読んだ事無いから見当違いかもしれないけど。

117 :大人の名無しさん:2005/05/31(火) 19:22:18 ID:7Mo+uGcD
>115
軽視庁?

118 :大人の名無しさん:2005/05/31(火) 20:38:52 ID:5/XY2hh0
いやデスノートだろw
同人板いけばすぐわかる

119 :114:2005/05/31(火) 21:31:40 ID:S9AotSnO
ああごめん、当て字のフォロー忘れてました許して下さい orz
「某死帳」はジャンプで連載中のデスノートのことです。

某死帳の待つ田=デスノートの松田(キャラ名)ということで。


120 :大人の名無しさん:2005/05/31(火) 22:10:25 ID:5pkHyHk6
同人板覗いてきたけど、隠語らしきものが飛び交ってて
意味がちんぷんかんぷんだった

121 :大人の名無しさん:2005/06/01(水) 01:07:18 ID:xef3toIb
去年彼女が死んだんだよ。
交通事故で即死だったらしい。
今日まで実感無かったんだわ。
またケータイに、どうでもいい事で電話してきそうな気がしててさ。

今日なんとなく地元に帰ってきて、彼女とデートしたとことかいろいろいってみたんだ。
でも一日でまわりきれなかった…。そしたらなんか涙がアホみたいにでてきてさ。
あいつと一緒にいた時間がどんだけ長かったか思い知らされたよ。
高校の卒業式に二人でお祝いした公園とか、初めて手つないだ商店街とか。
段々彼女が死んだ実感わいてきてさ、1人で歩くのがすげーつらかった・・

俺初めて出来た彼女お前だったんだぞ。口にだしてゆった事ないけどさ。
お前が彼女になってくれた時俺すげーうれしかったんだよ…。
あたしより先に死なないでね♪なんて冗談でゆってたのにほんとに先にいくんじゃねぇよ。
はやすぎんだろ…。

誰かに聞いて欲しくて書きました。糞文すんません

122 :大人の名無しさん:2005/06/01(水) 21:56:20 ID:vPkrM/4Y
いい子だったんだな
おまえさんが立ち直って彼女もホッとしていると思うぞ


123 :大人の名無しさん:2005/06/05(日) 22:35:08 ID:8RcOkDDa
ほしゅ(´ー`)y─┛~~

124 :大人の名無しさん:2005/06/07(火) 14:31:49 ID:dMM6PURK
>>121・゜・(ノД`)・゜・

125 :121:2005/06/08(水) 07:35:29 ID:WnVuWiJo
さっき彼女が死んでから初めてタバコすったよ。
タバコの匂い嫌いだってゆってたからずっと禁煙してたんだよ。
多分俺の中でさよならがいいたくて。

あいつが見てた夢やら未来にどんだけ俺がいたんだろうとか
そんなことばかり考えてた。
人生最後の彼氏が俺であいつは幸せだったかな。
あいつが描く理想の彼氏にどれだけ近づけたかな。

俺あいつの分も幸せに生きていこうって真剣に思った。
俺が嬉しい事があって、それを話すと自分の事の様に喜んでくれてたから。
死後の世界なんて信じないけど、死んでからあいつに会うことが出来たら
いっぱい話しをしてやろうと思う。
だからもうちょっとまってろよ。またアホみたいな話いっぱい聞かせてやるからな。
だからもうちょっとだけ生きてみるな。ごめんな。

126 :大人の名無しさん:2005/06/08(水) 07:53:11 ID:KhVU86rT
うん。ありがとう。

127 :大人の名無しさん:2005/06/08(水) 09:26:30 ID:1t2vPnx5
>>125
おれはタバコ吸わないからわからないけど、
そういう時のタバコって胸にしみるんだろうね・・・。

128 :大人の名無しさん:2005/06/08(水) 09:35:18 ID:e6nKNorL
>>125
私も煙草吸わないけど、そういう時って内省の時なんだろうな、と思う。
誰にも邪魔されず自分の心の声を聞くというか。
煙草=静寂、というイメージがあるもんで。
あなたの新たな道に幸せがありますように。

129 :大人の名無しさん:2005/06/08(水) 21:41:14 ID:8ccG4P6w
今日ふと、小学校時代にいたある生徒のことを思い出した。

その生徒は俺の1つ年下で、色白で、わがままなことで知られていた。
遊びの仲間に入れてやっても、「他の遊びがしたい」と駄々をこねるし、
帰る方向が違うのに一緒に帰ろうとせがまれ、俺達はいつも困惑した。
必然的に俺達は彼を避けるようになり、彼は独りぼっちになった。

彼が入学してから2年目の2学期の終業式、教頭から彼の転校が告げられた。
正確には「施設」への入所だった。
俺達はワガママが居なくなると心の中で喜んだ。

今日小学校以来の友人と電話していて、ふと話題が彼のことになった。
俺:「そういや、小2のころU(例の彼)っていただろ。あいつ今頃どうしてんだろ。
未だにワガママやってんのかなぁ。」
友人:「・・・お前、知らないの?あいつ、あの後2年たたないうちに死んじゃったんだよ。」

友人から簡単に告知された彼の死。彼がたった10才と少ししか生きられなかったこと。
電話の後、彼の死と「施設」と彼がワガママだった理由を
今になって反芻しているうちに、涙が止まらなくなった。

ごめんよ。もっと君のワガママを聞いてあげてればよかった。
いっしょに帰ってくれとせがむ君の余命はあと2年しか残っていなかったのに。
君のワガママは俺が全人生のなかでするわがままの1%にも満たないかもしれないのに。
俺は君に優しくなかった。一緒に遊んであげればよかった。

君の最後の学校生活で、君を独りにしてごめんよ。

130 :大人の名無しさん:2005/06/11(土) 11:14:58 ID:3z8IK+iC
保守

131 :大人の名無しさん:2005/06/11(土) 21:48:04 ID:UksB3iR5
>>129
後悔ばかりだよね。ちッちぇ頃って。

俺の後悔は、割と最近。
ちぇちぇ18の頃。

ねぇちゃんが、寝たきり状態になった。

そもそも、白血病で、病院を行ったり来たりの生活だった。
彼女がそんな生活の中、
俺は、ヴァカな思春期を迎えていて、
「普通にしてやる事が、彼女にとって大切」
なんてこと思っていて、
ずっと、冷たく当っていた。
病気になっても今まで通り、姉弟ケンカもした。
そこで何が大切かなんて気付かずに、
精一杯、思春期なりの普通を演じていた。
演じたっつうよりも、何も考えなかったって言った方が正しいかも。



132 :大人の名無しさん:2005/06/11(土) 22:04:52 ID:UksB3iR5
ごめん、あげちゃった。
そんな中。ひさびさに面会?言った時に、
寝たきりで、全く歩けない状態になってた。
その前にも、危ない時期ってのはあったんだけど、
その時ほど、思春期中な俺でも、危険な状態を感じて、
不意に、めちゃめちゃ、あれまっくった手を触って、
「手が荒れてるなぁ」
なんて思ったわけです。
したら、

「わたし、死ぬの」

なんて聞き取りにくい声で聞いてきて、
おれは、
「えっ?」
なんて、率直に対応して それから、黙っちゃった。
実際聞き取れなかったけど、否定しなかった自分を、
今でも責めている。
あの時、いつものように冷たく
「はぁ?何言っての??」
なんて、言えていれば、
今、なんとか持ち直したり、
もっと長生きできたのかなって。

結局、自分を責めても、
何も解決しない。
ガキだった頃を、責めったって、
何も変わんない。
今の自分を変えるしか無いんだ。


133 :132:2005/06/11(土) 22:18:18 ID:UksB3iR5
よっしゃ、自己満ごめん。

134 :大人の名無しさん:2005/06/12(日) 23:52:31 ID:uS6PgCfP
近親者や親しい人が若くして理不尽に亡くなると、自分を責めてしまう事が多いね。
あれもできたんじゃないか、これもしてやれたんじゃないかって。
私もそうだった。

でも、自分を責めても何もならないと気づいてるなら、
いつか自分を許せる日がくる。
その時、お姉さんはきっと笑ってくれるはず。
もう亡くなられてるけれども、あなたの心の中のお姉さんは必ず笑ってくれる。
そんな日が早く来ると良いね。

135 :大人の名無しさん:2005/06/14(火) 11:24:33 ID:CqTZbEk4
弟のいる姉の立場の私が来ましたよ。

>>131
姉弟喧嘩、お姉さんは苦笑しつつも喜んでくれていたんじゃないかなあ。
あくまで「自分だったら」という前提だけど、弟とは普通に接したい。
「わたし死ぬの」と言う言葉は、あなただから言えたんだと思う。
きっと親にも友達にも医師にも言えない言葉だろうから。

自分を責めるのはそろそろやめにしませんか。
天国へお引越しされたお姉さんは、向こうできっと元気にお過ごしですよ。


136 :大人の名無しさん:2005/06/14(火) 19:53:36 ID:8hwdTRGt
嗚咽←これ何て読むの?

137 :132:2005/06/14(火) 20:58:21 ID:oN3LoI8V
134さん,135さん。
本当に、ありがとう。

実は、前々からここの雰囲気が好きで、
ずっと書きたかったことでした。
でも、私のとても暗い部分にあったことだったので、
とても書き難かった。
少しでもそいつが表面に表すことができ、
御両人のリアクションが聞くことができ、
本当によかった。

とても感謝しておりまするm(__)m

ちなみに、酔っ払っていましたので、
青臭いとこは、読み流しておくれやす。

138 :大人の名無しさん:2005/06/14(火) 22:09:14 ID:AuMLrLL0
>>136
オエッ

139 :大人の名無しさん:2005/06/15(水) 11:32:05 ID:wvKUWv0f
>>136

キュウイン

まったく、近頃の若い者は聞く前に調べんか。

140 :大人の名無しさん:2005/06/15(水) 23:51:42 ID:bI0SW5+r
流れとは関係ない話ですまないが、
>>139
> [おえつ、と読みます。 sage]
メールアドレス欄の中に「sage」以外の文字が入るとsageが無効になると
思っていたけど、違うのかな?

141 :大人の名無しさん:2005/06/16(木) 08:09:05 ID:wCKmuv7N
>>140
sage はメール欄にほかの文字が入っても有効だと思ったよ。

142 :大人の名無しさん:2005/06/16(木) 20:29:16 ID:pL5c7r+i
下がってます、ご安心下さい


143 :(^∀^)(^∀^)(^∀^)(^∀^):2005/06/17(金) 16:35:42 ID:bDTfO/bY
(^∀^)(^∀^)(^∀^)(^∀^)
(^∀^)(^∀^)(^∀^)(^∀^)
(^∀^)(^∀^)(^∀^)(^∀^)
(^∀^)(^∀^)(^∀^)(^∀^)
(^∀^)(^∀^)(^∀^)(^∀^)
(^∀^)(^∀^)(^∀^)(^∀^)
(^∀^)(^∀^)(^∀^)(^∀^)


144 :大人の名無しさん:2005/06/19(日) 08:06:56 ID:xPq8NHvS
昨日従兄が死んだ。
アル中になり、酒の飲みすぎのための肝硬変で。
酒は一滴も飲めないヤツだったのに、ストレスから酒に走った。
そして、まだ35歳でかわいい盛りの子供が2人居るのに、逝っちまった。

医者からこのままじゃ死ぬって言われて、リハビリ入院し、
嫁の親身な介抱のおかげで、回復したと伝え聞いていた。

でも実際は、嫁の目を盗み、医者の目を盗んで酒を飲みつづけていた。
電話で訃報を聞き、死因を聞いたとき、飽きれ返って全く悲しくなかった。
怒りが先に湧いてきて、これっぽっちも悲しくなかった。

その後、風呂に入って頭を洗おうとした。
目をつぶったとたん、走馬灯の様に子供の頃従兄と遊んだ日々が思い出された。
とても面倒見のいい兄貴だった、毎年夏休みに会いに行くのが楽しみだった。
楽しかったことが次から次へと思い出され、
気づいた時には、シャワーの音の紛れてわんわんと子供の様に泣き叫んでいた。

145 :大人の名無しさん:2005/06/22(水) 22:26:04 ID:iIR3vJVU
一滴も飲めないお酒を飲むようになるほどのストレスって
一体なんだったのでしょう・・・

146 :144:2005/06/23(木) 03:00:14 ID:DeZe284P
>>145
見栄っ張りの両親(特に母親)と精神をやんだ小姑を抱え、
「本家」を守るために背負った借金のせいでした。

葬式に行くと叔母を責めてしまうかもしれないので、
香典だけ親に渡して、参列しませんでした。

『親父が死んでも一銭にもならないが、俺が死ねば保険金が下りる。
 俺には自殺する勇気が無いから、酒を飲む。』
と、奥さんに言ったそうです。
緩慢な自殺でした・・・・。

三千万のために死ぬくらいなら、あんな親兄弟なんて捨てて
嫁さんと子供の親子水入らずで生活すればよかったのに。

子供の頃はあんなに一緒に遊んだのに、大人になってからは疎遠になり、
お互い家庭を持ってからは年賀状程度のやり取りしかしていなかったのが
悔やまれてなりません。

147 :大人の名無しさん:2005/06/23(木) 11:34:01 ID:/E03sxyU
>>146

血の繋がった家族や親族に最後まで翻弄されてしまったんだね。
きっと心の中ではそれらを全て捨てたかっただろうに…
残された奥さんとお子さんが今度はターゲットにならないように祈るばかりです。

148 :大人の名無しさん:2005/06/23(木) 22:53:58 ID:7ERO1nRZ
家のじいちゃんが死んでもうすぐ半年がたつ。
もう、すっげー嫌いでさ、家族にもいばりちらしたり八つ当たり
したりで、ばあちゃんっ子の俺には許せなかった。
高校生以降は、話もろくにしなかった。関わりあいたくなかった
んだよね。それでも、大学生になってからは、これじゃよくないなって
思ったりもしたんだけど素直になれなくてやっぱり関係は変わらなかった。

病気になって入院してからも、何かあるとすぐに家族に迷惑掛けまくって
正直嫌でしょうがなかった。いっそ死んでくれたら助かるのに、って思った
くらいだよ。ばあちゃんも心労で寝込んじゃうし・・・
家族が苦労するのは嫌だったから、一番体力あって若い俺が離れた病院まで
着替えを持っていったり、お見舞いに行ったりした。見舞いに行っても
たいして話すわけじゃないんだよ、仲悪かったし。
それでも、いざじいちゃんの死が目の前にせまると、心のどこかで
「死なないでほしい」って思う自分勝手な俺がいた。元気になったらなったで
早くいなくなれなんて思うくせに。

限られた時間で、後悔しないように、なるべく顔を見せようと病院に通った。
意識不明になってからも顔だけは見に行った。家族は何も聞こえないじいちゃんに
一生懸命声をかけている。
俺も声かけたかったけど、照れの方が上回ってかけられなかった。

149 :大人の名無しさん:2005/06/23(木) 22:55:08 ID:7ERO1nRZ
じいちゃんが死んだ時、俺は九州に出張中だった。戻ってきてからの葬式なんて悲しくて悲しくて・・・
こんな悲しいものがあっていいものかと思った。涙を我慢すると呼吸するのが難しく
なってきて、気を抜いたら超嗚咽状態になってしまう。

その後、じいちゃんの墓には月に一回は顔を出すようにしている。1分くらいしたら帰っちゃうけど。

もっと仲良くすればよかったとは思わない。きっと時間を戻しても同じ態度をとって
しまうだろうから。ただ、死んでから良く思うのは、きっとじいちゃんももっと仲良くできる、いい孫が
欲しかったんだとは思う。この点は自分がダメ孫だと自覚しているのでじいちゃん、親父を恨んで諦めて
くれとしか言いようが無い。

ただ、たった一つ残念なのは、嫁と曾孫を見せてやれなかったことだ。
曾孫を抱かせてやりたかったし、葬式の棺には、曾孫が花を添える、そんな喜びを味あわせて
やりたかった。

150 :大人の名無しさん:2005/06/24(金) 01:38:38 ID:wIrs9Vwr
母がつとめてるのは社会保険事務所で、まあ年金相談みたいなのが
仕事なんだが、そこにこの前おばあさんが一人できたそうだ。

何でも、旦那さんが亡くなったらしい。
生きていた頃は、家事以外の仕事はほとんど旦那さんがやっていた
らしくて、手続きとかも初めてなんだそうだ。
んで、旦那さんが亡くなる少し前に、水道が壊れたらここ、
年金の受け取りに困ったらここ、という具合に、今まで
自分のやっていた手続きとか、もろもろのことを全部ノートに書いてくれて
あったそうだ。それをたよりに、今日、やってきましたってことね。

母が親身に相談に乗ったのが、とてもうれしかったらしく、
後日、おばあちゃん手作りの巻き寿司が届いた。
うまかった。

151 :大人の名無しさん:2005/06/24(金) 10:41:19 ID:R8mqb1sO
>>150

会社で涙ぐんでしまった。不覚。
ステキなお話をありがとうございました。

そんなステキなおじいさんになってくれる人が
私も欲しいな〜。


64 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)