5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死ぬのが怖い

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/20 16:14:43 ID:SpEpolBB
当方60歳。いつか死ぬとは分かっているのだが、やはり怖い・・・。
家族のこともあるし、やはり苦しまずに死にたいですね。
皆さんは死ぬの怖いですか?私は最近こんなことばかり考えています。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/20 16:38:59 ID:OURdW1Hg
>>1
私もその事については 考えてますよ。
自分は 肝臓病で死にたいと思ってますw
癌だけでは死にたくないです・・・・
友達・知人の癌の末期を 幾度となく見て来た今・・・
最後の最後に・・モルヒネも効かなく・・・
のたうち苦しむ姿・・・思い出したくもありません。

ただ一人・・肝臓病で亡くなった友人は・・・
ローソクの灯が消え入るように亡くなった・・・・・・・・。
その時 俺は思った!  死ぬなら肝臓障害の死去!!

その日の為に・・どうすりゃ肝硬変になれるか 研究中です!
                                      以上!



3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/20 16:43:12 ID:OURdW1Hg
追伸  2ですが・・・
     死に対しては 別に何とも思ってはいません。
     事故などの いきなりの死はいやですが・・・・・

     予期しての死には、恐怖などの不安はありません・・・
     寄り来る『死期』 そりゃ しょうがないのじゃねえの?www。



4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/20 16:45:18 ID:owFGVbiT
でもさー 思い出してごらん 20年前30年前
あんなことした こんな面白いことがあった
でも、これから20年後30年後って 想像したら
やっぱ 死が 答えに限りなく近いんだろうね

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/20 16:59:31 ID:SpEpolBB
癌は嫌ですよねえ。苦しんで、徐々に衰えて行って・・・。
肺炎や心不全か?など決められもしない死因をよく考えております。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/20 17:40:46 ID:OURdW1Hg
>>5
徐々に衰えて行く・・・てのは好いんですが・・・
あの苦しみ様は頂けないよなぁ・・・

一人 ペースメーカー入れてた友人なんだが・・
逝くか?っと思ったら 大きな息をしながら「ウォ〜〜〜!!」っと
のたうち・・・渇!!っと目を見開き・・・と言うより・・・
目ん玉が飛び出しそうな形相・・・
6時間苦しみながら逝ったよ・・・・

医者に言わせりゃペースメーカーが延命になった・・・って
冗談じゃねえよ! そんなに苦しんでまで生きたくねえって実感だわ。

・・・・・癌はホントに嫌やだねぇ・・・・・鬱




7 :黄昏茶っ太(*´Д`*)〜♪:04/10/20 17:45:06 ID:AuEEYz9f
(´Д`)ぁ〜ウチのオヤジとオフクロも、オレが20代のときに逝っちまったけど、
癌ぢゃなくても、何年も苦しんで痩せ細って、最後は苦しみにのた打ち回って
、、、死んだなぁ〜。どちらも・・・・

まぁ、一回は経験しなきゃならんこと。
早いか遅いか、さぁどっち?(^∀^)


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/20 18:39:53 ID:OURdW1Hg
>>7
お前さん・・・ちくわ・・か?www。



9 :黄昏茶っ太(*´Д`*)〜♪:04/10/20 18:54:56 ID:b5u672U/

チクワの友・・・ぷぷぷっ(。_。)ノ彡☆バンバン!


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/20 18:58:08 ID:OURdW1Hg
そかそか・・・www。




11 :黄昏茶っ太(*´Д`*)〜♪:04/10/20 19:00:59 ID:b5u672U/
・・・・www?

w・・・わたしゃ
w・・・わけが
w・・・わからない


(((((o≧▽≦)oウシャシャシャシャーー!!


12 :もう幾つねると・・・・:04/10/31 20:29:58 ID:4YstHvat

w・・・わたしゃ
w・・・わけが
w・・・わからない

↑ こんな状態で往くのとちがいますやろか?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/01 15:55:52 ID:l3WupTQy
イラク人質事件最悪の結末
香田証生さん(24)
遺体発見 遺体は首を切断されていた。

14 :無事生還 :04/11/04 21:37:38 ID:6fydx5u6
死ぬのは全然恐くない
突然脳溢血で意識不明になってそのまま死ぬことに決定しているから。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/05 01:33:24 ID:tYtgpa+Y
そんなことは天の定めに任せて、考えないで楽しくやってる高齢者がほとんどでは?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/06 09:10:34 ID:BZcLe8It
そ! 考えてどうにかなるもんじゃない。

毛・世羅 卦・背裸! 

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/06 14:47:35 ID:bZJbIpwt
アラファト議長、(75)[脳死状態で,とても深い昏睡状態に陥った」
と軍病院関係者は語った。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 02:55:28 ID:gFqmEIbM
皆、自分だけは死なないって思って、生きてるんじゃないかなー。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 08:08:45 ID:3mYAPeen
暇が有りすぎるからそんな事をかんがえるのだろう
既に生まれた時から死へ向かって運命は決まっている
それが癌か、交通事故かはたまた震災か!

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 08:11:29 ID:MzjnrBc6
死ぬときは寿命なんだから仕方がないと思う。

でも、みんなに迷惑かけないようポックリと死にたいです。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 21:36:42 ID:gFqmEIbM
日本人の5人に1人は65歳の現代ですから、50歳なんてまだまだ若い!
暗いこと考えないで、人生を楽しんだ人が勝ちですよ。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 16:52:36 ID:xbCpBRpm
どっかで 見たな

案ずるより死ぬが易し

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 17:51:39 ID:kj8WNuFy


     杏より汁が旨し

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/14 19:43:35 ID:VA9KqQxB
関係ねーんだよ!
氏ね!

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/14 20:16:47 ID:PrM8Sx1/
オレは60歳過ぎているけど若いときは友達や先生が何人か結核で死んだ。日本でも
まだまだ結核は現役だぞ。これから中高年に大流行するという予測があるそうだ。
最近はまともにツ反やBCGもされてないからね。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/14 20:19:12 ID:vF1HqRcd
医療技術が当時とは段違いだから
死ぬ病ではない

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/14 20:24:09 ID:WFJvE/cU
そうだよ 俺はこれから一旗上げるぜ!

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/14 21:30:16 ID:XMGnfFOu
国旗掲揚
するするする〜〜〜〜〜〜〜!
朝礼でやりました。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/15 02:22:21 ID:bbeKF16C
人の死に方はそれぞれ違うと
聖書に書いてあるがな
でも、死ぬときにはドーパミンがドサーと
まとめて出るんでないかねー
痛いもカユイもわからんのと違うか
交通事故だって、ぜんぜんわからんもんね
ああ、ぶつかるってわかってるんだけど、どうしようもない
ときから、そのぶつかるまでの時間ってのが長いんだ
経験したことなけりゃ、わからないだろ
本当にクターってなったら、なんにもわからないだろうよ
気がついてからが、痛いんだ
何が言いたいんだか、自分でもわからなくなっちゃった

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/15 06:57:40 ID:AS76KBP8
死ぬときゃ クターッてなって、なんもわからないだろな
ってことか 
たぶんそーだな 死ぬんだからな

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/15 07:00:54 ID:AS76KBP8
で 以後は気がついて・・・ってことがない 痛くもないし
自分もない 宇宙もない 世界もない な〜んもない

・・・そう思うと やはり怖い

32 :おかあさん:04/11/15 15:33:37 ID:9AojPz5M
矢張り怖い!死ぬの 
楽になるなんて嘘だ。

閻魔様もいるし それ以外に 
最後の審判だってあるんだろうし
無遠につずく闇もある。

だから 死ぬのは こわ〜〜いよ。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/20 01:25:52 ID:tTfd4i6y
>>31
何もない空間で、無限に意識だけが続く…
なんて怖いんだ!
俺、閉所恐怖なんで、まじヤバイ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/21 22:27:24 ID:YZK17jhC

 ・・・ 無から来て無に帰る ・・・


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/22 05:15:04 ID:Vj59oTxj
無が本来か?

有は奇跡か 死んで無に帰るのが当然か

だが有にいる状態では無に帰るのは怖い

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/22 05:30:36 ID:uw2SvGzS


自分がこころに 想い描く世界へゆく




37 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/22 10:35:27 ID:Vj59oTxj

勝海舟「いよいよ御臨終ときいたが、どんな容子じゃな」

山岡鉄舟「よう御出で下された、ただ今が涅槃に入るところです」

勝海舟「左様か、ではしずかに成仏なさるがいい」

こんなことを言って、勝が引き取ると、すぐに息が絶えた。

(子母沢寛「新撰組始末記」)

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/22 15:07:11 ID:Vj59oTxj

 ________
(      ∧_∧   \     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 \    (´-ω-`)     \ < では 永眠いたすか
   Y ̄⌒⌒⌒⌒⌒⌒ ̄ ~ \ \
   ヽ  ※※※※※※※.  \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    \  ※※※※※※※   \
      \  ※※※※※※※.   \
       \___________ノ



39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/23 04:45:05 ID:vg1leOFV
>>2
やめときなさい
肝臓ガンや肝臓系は、そりゃ昏睡状態になったら、そのまますっと眠るように
死ぬけど、その前は、大変なんだから・・・・・
もう、フリチンで歩き回るは、ズボンを頭に履くは、電気のスイッチの前で延々
考え事してたりで、周りは大変です
アンモニア濃度が上がって脳機能障害を起こしまくり


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/25 03:04:47 ID:LQrWdOut
>>37
泥舟は出てこないのですか?
出てくるのだったら
その続きを教えてください
おねがいー

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/25 11:01:12 ID:S8+/fIZJ

山岡鉄舟が亡くなったのは明治21年。
その義兄の、高橋泥舟がなくなったのは、15年あとの
明治36年。牛込矢来町(今の新宿区)の自宅で没とのことだ。
特別なエピソードはなさそうですが。
泥舟は、死んでいる兄の山岡静山(亡霊)と槍の試合をしたという話がある。
http://www.geocities.jp/ishin_1868/deisyu.htm

「泥舟」という名は、かちかち山のタヌキのように泥で作った船で
うかうか海にこぎ出すまいという自戒から付けたようですね。

幕末の三舟(海舟・鉄舟・泥舟)をgoogleで調べてみるのもよかですね。
海図なき今の日本の目指すべき方向を示唆してくれるような気がします。



42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/26 03:30:50 ID:EYy/lm63
40から41さま
ごていねいにありがとう

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/26 22:10:52 ID:/0nBrEvy
死ぬ前の状態が長く続くのって死ぬことよりも怖い気しませんか?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/27 12:15:05 ID:iEp2mGkQ
怖い気するよ。

死んだあとは無だから痛くも痒くもないからいいだろが。
死ぬまでの過程が恐ろしいんだ。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/27 12:59:04 ID:rahpafPR
だねぇ〜〜!

ドタン、バタン、キューがいいけど
それって苦しみが集約されて 苦しむのかな
と思ってしまう。

死に苦しみという言葉があるくらいだから
死に至るまでの苦しみは一定量あって
ジワジワは そんなに苦しくないのか
なんて思ったりして

いずれ死と向かい合うのは避けられない
事実なのだが・・・誤魔化して生きてます。



46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/27 22:52:52 ID:IAcEVFHY
>>2
癌は嫌肝硬変になりたいって、肝硬変から肝臓癌になるんだよ
うちの父親父も肝硬変から肝臓癌で死んだモルヒネも規定量ではきかなくなって
医者もどうせ死んじゃうんだからって規定超えて使ってくれたらしい
おれが危篤で帰ったらなんか廃人みたいな感じで寝てた

でもそれから持ち直しちゃったんだよね、元気になった
それから1〜2ヶ月して、前の晩は見舞いに来た親戚と普通に話しとかして
元気だったのが夜中に急変して明け方死んだ、死んじゃうと病院って
すぐ追い出されるんだね、明るくなる前に追い出されたとか言ってたな

あんたも楽に死にたきゃ長生きしろ、そうすれば老衰で
眠ったまま楽に死ねる

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/28 06:38:23 ID:628nWns7
じゃあ安楽死が法で認められたら実際使いたいと思いますか

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/05 05:38:34 ID:LKALZXO1
簡単に死ねない人ってのは
仏教で言う、業が深いのでないかね

おれも、よくわからないんだけど
人に恨まれている、というよりも
なんでも他人に責任を押し付けるような他罰主義
のような人は、善人だから、なかなか死ねないんじゃあ・・・
死んで来られる、あの世だって、反省できない人に
来てもらいたくは、ないだろう

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/05 15:29:53 ID:IZb/77li
>>あの世だって、反省できない人に 来てもらいたくは、ないだろう

面白いですね。あの世で反省できない人の審査委員会があるとしたら
そういう事もありで思わず空想の世界に遊べました。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/05 18:17:37 ID:UPydjPyj
クリスチャンの兄弟が洗礼を受けてないと
地獄に落ちる、と言って脅します。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/06 04:28:58 ID:GH2nfEEd
人間ていうのは年取ってもあまり変わらないものだなぁ
あんたらセックステクだけは最強なんだろ。この野郎。

>>33 のいうことはわかる。


当方26歳

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/06 07:31:04 ID:jG/yX6kO
   .... .
  r;;;;;ノヾ 、、.,、,、、..,_       /i
  ヒ‐=r=;' .:、:.:, :,.: ::`゙:.:゙:`''':,'.´ -‐i
  'ヽ二/、...: ,:. :.、.:',.: _;.; :..‐'゙  ̄  ̄
    `"゙' ''`゙ `´゙`´´
怖いから、延命する、それでいい

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 21:04:53 ID:fVF8E56u
人間ぽっくりが理想だよね。
最後のときが必ず来るけど・・恐怖は味わいたくない。
ところでぽっり寺の和尚さんが長患いしてる?なんて?・・・

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 19:04:14 ID:BDcF7if1
みんな死にます。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 21:01:25 ID:NZSdCFy9
死よりも、生きている方がよほど怖い。
家族があるので、死ぬわけにはいかない。
これが、また辛い。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 21:27:29 ID:+Ki8FaED

恐れる必要はありませんよ。
死んでも、再び生き返れますから・・・

仏法ではこれを六道輪廻と言います。
「地獄」「餓鬼」「畜生」「阿修羅」「人間」「天界」の六つです。

今私たちは「人間界」にいるわけですが、死の先はどこへ
流されるや知れません。
ひょっとして「人間→畜生」の人も必ず発生します。
見てごらんなさい。
あなたの家の冷蔵庫の裏に棲むゴキブリを。

コイツらは「人間界」でかなりの悪行をしたからですよ。
さて、あなたの死亡した後に行き着く所は「天界」で
あればいいですがね。


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 23:43:47 ID:gGo7MiUZ
自分が死ぬ事も恐いが両親の死に目に会うことが,
考えただけでも涙が出る。2人ともまだ元気だが,
避けられないのが死だ。生まれた時から一歩一歩
死に近づいている。40歳をすぎたあたりから死を恐れている。
皆からあんたは長生きするよと言われても少しも嬉しくない。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 23:45:19 ID:qbPxoTP9
自分が癌って分かったら練炭で死ぬつもり
これはマジです。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 07:55:02 ID:BuGBJt2X
年間の自殺者は3万6000人
一部では、行政や社会が生存する権利を保障して
いないからだと言う。
バカも休み休みに言え!

原因は対人間関係の悩み、苦しみ、絶望また健康問題などだろう。
死にたい奴は、とっとと死ねばよい。
そんな輩は生きていても他人に、なんら有益をもたらさない。

そのような弱者の遺伝子は次の代に残さないためにも
自ら絶つがよい。
自然淘汰こそが人間社会の摂理なのである。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 16:13:38 ID:WIKFaXjq
>>58
私 癌と付き合い3年半です。
でも 練炭でとは思いません。
宣告受けた時はいささか 凹んだけど

これから先どうなるか考えていません。
身の回りは成る丈整理してますけど。

あと1年半で結果が出ます。 


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 16:31:06 ID:MmM5OLE5
とりあえず、シルバーバーチ置いときますね。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/spb-kataru.htm

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 19:35:28 ID:GvgmEfSW
死を宣告されたら、そう思うだけで怖いです。


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 22:26:39 ID:c9/XRLKN
もう人生に悔いはないと言いながらもやはり最後ってどうなるのだろう?
怖いですね。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 22:36:38 ID:6z8wePQR

みんな泣くでしょう
意識なくなったら解らなくなるけど

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 21:02:46 ID:UmbKg06s

あ  ん  ま  り  死  ぬ  の  が  怖  い  と  ね

    死  に  た  く  な  る  ん  だ  よ




66 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 00:15:43 ID:weS6/DAW
誰でも死は怖いのだよ。もう人生いつ死んでもいいと思っても。又
言っても、たとえば旅行から帰り飛行機が着陸した途端、ああ良かった
無事帰った”とホットするのだから。


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 00:42:03 ID:b47hUffa
そ、人はいずれ一度は死んでいくのですが・・
こんな話がありました

まだ73才、男性の平均寿命にも達しない年齢
外見上は元気で、何処も悪くないような様子
胃部不良で病院を受診した所、膵臓癌と診断された
患者は主治医に尋ねた・・
「後どれくらい持ちますか、本当のこと云って下さい」
「手術は不可能ですので、抗ガン剤を投与しましょうか・・」
「やるかやらないかは家族と相談して考えておいて下さい」
「あと1年持ちますか?」
「う〜ん、色々の場合があるので・・?」
主治医は患者には誠意一杯の思いやりではっきりとは言えず
患者は覚悟して命は後どれほどかと問いつめる

飄々として後1年くらいだと叔父は云いながら
身辺整理をしなければと・・言い放つ
表情の裏にやや覚悟と悲しみが見え隠れしていた

人は寿命が後どれくらいだと云うことを知らないし、
また知ろうとは思わない
だから平然と日常を暮らしていける

ゴールが見えた瞬間はどのような心なのか
死の宣告は生まれた時にされてはいるが
死の日時が特定されていないのが幸いであるものの
今の日々をしっかり生きて行かなければ
後悔も何もなく、何も残らない・・・・かな

で、今を大事に、
で、今からを後悔しないように
で、今やるべき事は今やる         かな

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 17:14:06 ID:4wTZXsPi
五十過ぎたらみんな死んで下さい

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 19:48:01 ID:AWDvPyJa
>>表情の裏にやや覚悟と悲しみが見え隠れしていた

読んでとても複雑な感じでした。私も患者として
此処に至るまで一人心の中で自分と向き合い自問自答繰り返しました。

その中から漸く納得を得 そして見えるべきものが
見えて身の処し方を考え実行するのです。

肉親への 情愛が別離を哀しくする反面
疲れたからもう〜いいか 此処位が潮時かと
決意しました。



70 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 21:18:37 ID:Ows0hpik
死ぬときゃ、死ぬ

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 21:07:01 ID:8CCWpw6p
50過ぎたら死んでくださいという貴方。きっと若いから?
でも貴方も後3ヶ月と宣告されるかも知れませんよ。明日にでも。
そんな時果たしてそんな口の聞き方できますか?

72 :先が見えてきた:05/02/22 19:22:15 ID:rgKoYYez
>71
禿同。
そういうやつらに肝炎のウイルス注射して、余命一年とかにしてやりたいね。
自分の死期が見えてまだほざけるならスゴイヤツだよ。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 23:10:43 ID:+g0bLVTw
今頃になって、突然記憶の中に蘇ってきたことがあるんだ。
それは、今から34年前に事故で亡くなった近所の女の子のこと。

当時俺は9歳、彼女はまだ5歳に満たなかった。
何人かの友だちと一緒に、田んぼや野原を駆け回ったこと。
まるで、記憶の封印がはずれたように頭の中にあふれ出たんだ。

何故か涙が止まらなかったよ。暖かな春の日差し、菜の花が咲いている田んぼ
つくしだ出てた土手・・・・。

年取ったからかなあ。女の子に呼ばれてるのかなあ。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 21:06:10 ID:P/jP4MMZ
貴方の最後の時 その可愛い女の子が
浮んでくるといいですね。
 ↑
変な考え方かな~失礼だった?
でも あたしもそんな人が心の片隅に
いたらいいなと思ったので。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 22:20:35 ID:Gc2XmKlw
>74
もう顔も覚えてないんだけどね。そりゃ34年も前の話だから。

ただ、楽しかったのだけは覚えてるんだ。俺は男3人兄弟の
長男だったから、妹ができたようでね。その子の兄や俺の弟とも一緒に
日が暮れるまで遊んだよ。

ほんの1週間前まで、ほとんど忘れてたんだが・・・・。

76 :74:05/02/25 13:42:43 ID:OhRG50MV
迫りくる夕闇が 茜色に雲をそめて 漂ってくる魚焼く匂い 煮物の匂い
豆腐屋のラッパも微かに聞えてた。それらを頭の片隅で感じながら


男女年齢関わりなく 夢中でとしか言えない中でみんな仲良く遊んだね


あれから 片手では数えられないほどの時が流れた。
心はあの時に戻れても鏡に映した自分の姿は もう すっかり老いでいる。


あの時のような楽しさは その 欠けらすら 見当たらなくて
楽しかったという言葉だけが心に焼き付いている。



77 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 00:56:27 ID:PdOwsihO
>76
はっきり覚えているわけじゃないんだよね。
どんなことをしたのかも、ほんのわずかしか記憶にない。

でも、確かに楽しかったんだよ。みんな笑ってんだ。
みんなにこにこしてたんだよ。特に、あの子は無邪気な顔を見せていた。

生きてさえいればと思うと、泣けてきてね。
もう一度あの時に帰りたい・・・・。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 19:33:56 ID:5phtC1Us
気づけば来年には20歳な自分。
人生の1/3か1/4か、もしかしたらもう1/2を生きたのかもしれない。
そう思うとなんだか急に死について考え…怖くなった。
死ねば自分という存在は何ものこらない。
魂の転生あるとしてもそれはもはや自分ではない。
19年間生きてきて、いまだ生への未練、死への恐怖がある。
人生への満足も得れていない。
50代になった頃には多少は人生に満足し生きて、もしくは永眠できているんだろうか。
こんな事を考えるにも関わらず、今は限られた時間大切に生きるなんて事もできず
ただ一時一時を生きあたりばったりに過ごすことしかできない。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 03:38:13 ID:oUWNVHR8
君が50歳になるまでにまだ30年もあるんだぞ?
幼い頃を省けばそれ以上に生を体感出来る、
何でも行う時間があるんだ。

死ぬことなんか考えず、楽しく充実した毎日を送って生きれ

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 16:23:48 ID:0BxBV+G0
自分は中学生だけどw
小さい頃は死んで全てがなくなることが怖かったけれど、今は別に死については何も思わない。
あえて言うなら、死ぬ前がつらいんだろうなぁ、イヤだなぁって漠然としたものでしかない。
身近な人が死ぬってことをまだ経験したことがないけど、このスレ読んでちょっと怖くなってきた。

お母さんお父さんいつも逆らってばっかでごめんね(ノд`)・゚・


81 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 17:04:00 ID:ydAJ7qV9
思い残すことは何もナイ。
掃除をして、洗濯をして、風呂に入って死ぬ。
いい夢を見ながら死ぬ。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 23:35:08 ID:KcKzuWs9
>80
そうなんだよ。小さい頃は、死んで何もなくなることが怖かった。

でも、成長するにつれ、祖父母が逝き、父が逝き、親しかった友が逝くと
だんだん死についての感覚が鈍ってくるんだ。そのうち、俺もかなって。

俺は、73なんだけど、昔の楽しかった思い出ばかりが頭に浮かんできてね。
もちろん、生きていることは良いことだけど、あまり生に執着しなくなって
しまうんだよなあ。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 00:16:39 ID:+YC9yN69
死ぬって、結局 生まれる前に戻るってことだと思うんだ。
俺たちの生まれる前って延々と歴史があるわけじゃない。
自分が居ようが居まいが、関係なく現在まで来てる。
確かに死ぬのは、恐怖感があるけど、5×年前には、居なかったわけだし、
そう考えれば、少し考え変わらない?

84 :80:05/02/28 07:20:55 ID:EmJ5po1H
>>82
73・・・おじいちゃんの年の人だ。
俺は死ぬのはまだまだ先だと思ってるし、祖父母もいつまでも生きてて当然の物だと今も思ってる。
でも前に「死ぬの怖くない?」って聞いたことがあるけど、全然そんなこと無いよって答えたのは本当だったってことかな?
学校いってきます…

85 :http:// YahooBB219037080167.bbtec.net.2ch.net/:05/02/28 08:49:31 ID:gh5Dc4P4
guest

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 22:31:45 ID:/03UZ1Sx
子供を産んだ時死んだ事ないけど
死ぬ程痛いと思った。たぶん死ぬ時でも
あれよりも痛いって事はないと思う。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/01 17:15:04 ID:heRI44hO
>86
あまり痛くなく死にたいなあ(笑)。

でも、眠ったまま死ぬのはちょっと・・・・。
人生を振り返る時間が欲しい。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/01 17:48:44 ID:7xq6BFsb
死なない薬ないんかい?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/01 20:32:30 ID:8EjLtChg
死後の世界…あるといいなぁ

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 10:38:24 ID:7d7AgdnC
>89
本当にね。

ただ、そこで苦しむのは嫌だなあ。
祖父母や幼いころ死んだ近所の友達に会いたいなあ・・・・。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 10:45:39 ID:sbCc2hwT
89・90 私も その一点だけ
その時にこそ 自分でそれが解ると 楽しみにしてます 

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 14:26:38 ID:7d7AgdnC
>92
そうだね。あまり否定的に考えなくなってきたんだ。
歳取ったせいかなあ。

仏壇に線香上げたり、床の間の脇の祖父母の写真に手を合わせたり、
近所のある友達(享年7才)のお墓に、花をあげたりするようになったよ。
昔はしなかったんだが・・・。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 14:32:35 ID:lJLJ5/Y2
*:::         @
::*::  ,,,ノノノノハ)  /  :::    投票所にお越しの皆さん、こんばんわ。
::   川┃゚ ー゚). /   :*::   面白ネタnews http://be.2ch.net/be/  です。
 :   ⊂ ゞ ソ〉つ   ::::      ..
:*:   |__|三※|/_|  .::     .. ::*:: 3/14の投票には面白ネタnewsを!!
  :::  |;|;|;|;|;|  .:    .::::    :::   
   :  ┗`┗`    .:     独特なふいんきを醸し出す面白ネタnews板をよろしく

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 21:56:50 ID:9kQ/dq9U
死は怖くないと思いたいけど、後何年・何ヶ月なんて言われたらどうなるの
だろう?癌告知されたくないなぁ・・
でも自然と分かるだろうなぁ・・
その瞬間が怖そう。だからあっと言う間に逝きたい。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 00:27:32 ID:WD9YcE5E
オレは人の死を商売にしている。ある夫婦の子供が3歳で脳のど真ん中に
悪性腫瘍が出来た。ドクターはもって半年と宣告した。今7歳だが余命
半年以内、、、。ついこないだまで奇跡的に犬の散歩もしていたのに、、
今は夫婦の希望で自宅療養しているがすでに口から言葉を出せない状態で
かろうじて目でサインを送っているのか送っているように見えるのか、、
その子は女の子で辛い治療にも耐えた。でも近い将来小さな命は消える。
彼女の口からは死ぬのが怖いとか嫌だなどと一度も聞いたことはなく
両親への感謝の言葉しか記憶にない。たった7歳の子がだ、、、。
傍から見ていても両親はこの世の地獄を見ているようだ、、、。
死を怖くないとは思わないがせめて順番に逝ってほしいと思っている。
自分の子供の死をとても自分では味わいたくはない、、、、。
受験、就職、結婚、出産(オレは男だ)、育児(あまりしなかったが)、
で、子供が社会に出たら後オレに出来る事は自分の死に様を見せてやるく
らいしか出来ない。それでオレは満足だ、、、、。それで良い。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 14:17:22 ID:avKKytSo
死って ある日予告無に来るのかも
まるで襲うように

そのとき思うんでしょうね
あら アタシの 番なの?

もちっと 遣り残し在るけど
まぁ!いいっか と

軽く逝きたいもの 
でないと 色んな遣り残し
でてきちゃうもん。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 20:25:54 ID:mxi1ys2g
>95
間違っても、自分の子どもの死は見たくないよね。絶対にごめんだ!

>子供が社会に出たら後オレに出来る事は自分の死に様を見せてやる
それが命の尊さを教える事だと思うよ。
俺は、祖母の最後を看取ったんだ。最後の瞬間、脈がちょっと速くなるんだ。
そして、すっとなくなる・・・。それが人の最期さ。

おばあちゃん、ありがとう! 命の大切さがわかったよ!
そっちへ行ったら、真っ先にお礼を言うね。



98 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 02:50:28 ID:Q9Tdv4ML
自分は今高2なんだけど、5才くらいの時に大好きなおばあちゃんの家に泊まって、急に死について考えてしまって「死んじゃうのが怖い」って泣いたら、おばあちゃんに「おばあちゃんのが先に死んじゃうから、大丈夫」と言われた…。
おばあちゃんはまだ元気なんだけど、なんか今涙が出てきた。

99 :花粉蔓延、にせタマ地方:05/03/14 19:05:16 ID:ozEWRv91
死ぬことよりも怖いこと。それは生き続けることです。
長寿族、この方がたの起源は分かりませんがとにかく生き続けています。二千、
三千はあたりまえ、中には2万才を超えるお方もいるようです。

100 :花粉蔓延、にせタマ地方:05/03/14 19:06:23 ID:ozEWRv91
この板の住民のなかにもいらっしゃいます。真偽のほどは分かりませんが、ラス
コーの壁画を描いたのは自分だとおっしゃっていました。このようなことをおっ
しゃるものだから、大体は時代時代のその種の施設へ入ることになります。で
も、建物や制度の耐久年よりも長生きするので、いつの間にか各時代の住民に紛
れ込んでしまいます。

101 :花粉蔓延、にせタマ地方:05/03/14 19:07:18 ID:ozEWRv91
この方々を見分ける方法ですか?
外見を見ても分かりません。この板の住民の方の場合、胴長短足で禿げた、どこ
にでもいるジサマです。ただ、たとえば、「耳から手ぇ突っ込んで奥歯ガタガタ
いわしたろかワレ。」まあ、正確には「耳の穴から手つっこん・・・」ですが、
このような古典ギャグを平然と使うところで見分けられます。なお、この方のサ
インをもらっても価値は上がりません、我々よりも長生きしますから。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 20:00:41 ID:sNHEVpHL


1← 60にもなってこんなくだらないスレ立てる哀れな人間。 少しは
仏教でもひも解いて、自分より目下に教えをたれる位の自己研鑽に励んだらどうだ?

団塊の世代じゃ無理かなあ(苦笑)



103 :花粉蔓延お目々が痒い:05/03/14 20:10:10 ID:ozEWRv91

>>102さん

ところで、もよりの>>99〜101 のスレはどうでっしゃろ。

104 :花粉蔓延お目々が痒い:05/03/14 20:16:47 ID:ozEWRv91
>>103

訂正
スレじゃなくて、もちろんレス

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 03:53:34 ID:DGbUJHlU
↑103,104 わけがわからん・・・ 脳軟化症? 即逝ってくれ

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 04:17:20 ID:ABLGcvtr
まっ白に燃え尽きることさえできたら何歳で死んでもいい。
俺は二十歳だ。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 09:48:28 ID:hzltWexw

>>99,101
面白かったところ
耳から手ぇ突っ込んで→耳の穴から(私の地方は「に」だった)手つっこん 確かに

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 09:49:13 ID:hzltWexw

>死ぬことよりも怖いこと。それは生き続けることです。

最後の別れの病室は徐々に声高いに静寂がやぶられていった。

ーじゃ、順番でお母さんを看るのね
ー一人の人が看てるわけにゆかないでしょ
ー順番が最初の人は二順目に回るかもしれないじゃない
ー不公平よね
ーじゃ、どうするのよ。一巡目で死ぬとはかぎらないのよ

明けられたドアから遠慮のない会話が聞こえてくる。
横には様々な器官が付けられた当の母親が見える。

そして、その会話の最中、その母親は亡くなったのです。

子ども達に迷惑をかけないように、なのか
情けない子どもに愛想をつかして、なのか
この世に未練がなくなった、なのか

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 09:52:05 ID:hzltWexw
其の日退院を喜ぶ人がいた。
付き添いの娘に手伝わせ入院中のものを片付けている、と、そのとき、
長男が足早にやってきた。

ーまぁ、おまえ、よく来てくれたねぇ。
 これまでのことは水に流して一緒に住んでくれないかい。

ー水に流す?そんなことはできん。
 おふくろが生きている限りあの家には住まん。
 それだけ言いに来たんだ。

きっぱり言い切ると、きびすを返し病室を後にする。
彼が病院を出る前におふくろは亡くなった。

彼はお葬式をおふくろの家で済ませ、そして、その家に暮らす。

生き続ける事は怖かったのか。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 10:45:14 ID:hzltWexw
>>109の、
「おふくろ」は私の母ではありません。
私の母は丈夫で当分死ぬ気配はありません。

ただ、話の長男の言葉「おふくろ」を指しているだけのつもり。
蛇足書いときました。

111 :本物垢出:05/03/15 18:11:52 ID:viYmQkKz
>>110

子は親より長生きするだけで親孝行
そして、親があまり長生き過ぎるのは子供に負担
になるのでしょう。




112 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 21:03:17 ID:/LLw7wZM
http://jbbs.livedoor.jp/movie/5859/

人生の悩みちょっとした疑問はこちらではなそう。マジレス倶楽部。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 22:11:50 ID:ZSEwNhoz
親は いつ頃死んだら 
子供は 喜んで くれるのでしょうか?


114 :修行僧 垢出:05/03/15 22:20:59 ID:viYmQkKz

自立した生活が出来て
子や孫達の世話や金銭的援助が出来れば
いくら生きても喜ばれます。

介護が必要になったら亡くなられると喜ばれるのではないでしょうか。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/16 10:34:47 ID:eOg/VgIR

その人の生き様によるのではないでしょうか。
寝たきりになっても一日でも長く息をして欲しいと願う家族もいます。

どのように生きるか、50才以上であっても試行錯誤中です。

116 :みえた!:05/03/16 15:20:02 ID:pIRR8Uwk
どのように終わりを生きるか 
どのようにさよならを言うか

望めばそうなるのなら そう心掛けないといけない?

それが 侭なら無いのが 現実 

困ったな〜子供達の
思うようになれる自信ないし 

そうなるのも 嫌だし。

そこで面倒だから 考えないでお任せメニューは どうでしょ。


117 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/16 21:05:07 ID:eOg/VgIR

50才以上であっても試行錯誤中の中に「みえた」さんの

考えないでお任せメニュー

も入れておきます。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 00:02:07 ID:TejouD8o
主人が居たころは考えてもみなかったことです。
一人になるとポカンと空洞ができたようで、
気力がなくなり もうどうでもいいかな なんて
思う事ありますね。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 08:02:17 ID:Su8EETJg
空洞が発生するの 
いやで連れ合いより一日でも早く逝きたいと
ただ それのみ願ってます。

我儘でしょうか〜?
念ずれば叶うと思って。


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 23:14:49 ID:gIE6EWv1
悲しい、怖いけど必ず来るのです。
そのときどのように迎えられるか?自信ないです。
でも笑って逝けたら人生最高ですね。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 23:41:40 ID:Ov6J4zQ1
私の母92歳で逝きました。
家族が集まるのを待って
ろうそくが消えるがごとく・・・・・
天寿をまっとうしたかの様でした。
出来ることなら 母の様に逝ける事を
願っています。

122 :俗人:05/03/18 14:59:00 ID:31nnqgl7
そっか〜 心の底から微笑んで 
逝けたらいいですねぇ!
そう お願いしましょ。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 12:49:46 ID:gdqSHIlD
>121
俺もそんな死に方をしたいな。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 20:43:28 ID:UpAxm0Xr
以前のネコは 死ぬ時は いつの間にか いなくなった
人間も そんなタシナミのある消える様な死に方がいいね

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/21(月) 16:37:54 ID:ixsvwXS/
死ぬの怖いです 生きるのも怖いです。
どうしたら よいでしょう。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:昭和80年,2005/04/03(日) 21:55:22 ID:Saka2OUW
どうせ どっちもどっちなんだから 生`!!!

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 20:21:51 ID:aNAlg6dV
みんなイキロ!!

128 :125:2005/04/13(水) 21:46:43 ID:LcGlmPkX
ありがたいアドバイスでした。

感謝!! 

お言葉通り生きます。
やはり 死ぬの怖いもん。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 21:56:11 ID:jzRqia0n
1月ほど前、癌検診を思いつきで受けました。
そしたら、1週間後に癌だと言われました。うそーおお。
早期発見でよかったですねなんていわれても、ちいとも嬉しくありません。
せめてもう一度、免許の更新したいってマジに思いました。
そしたら、その思い通じて癌をみごとに克服。
っていうか誤診でした。マジ泣けた話でした。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 23:05:21 ID:2tWy0ptI
ほんとに よかったね〜
お体を大切にしてね。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 09:39:51 ID:w07iqUUW
>>129

癌宣告受けた時の気持解るよ。未だ闘っているから

誤診とわかった時の気持は更によく解るよ

誰も頼れず 流れるのは涙 涙だったでしょ。
貴重な体験したと思い 健康に注意してね。


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 10:47:28 ID:QGInPSrE
僕は今18歳の大学一年生です

死にたいです

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 11:29:00 ID:O40LB/x9
イ`

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 15:25:26 ID:qlXln40O
爺ども、死ね ニヤニヤ
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 15:26:11 ID:qlXln40O
爺ども、死ね ニヤニヤ
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二
ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二ニヤニヤ二

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 14:38:48 ID:V1CgPs03
>>134,135
良レス

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/01(日) 02:41:32 ID:CoU5I4wn
JR列車事故をTVで見て つくづく思う
「突然に死がやって来る!」「予期しない死!」
怖いなぁ〜!

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 10:28:39 ID:kXhxLnH1
自然災害や事故で、誰でも突然死ぬ事があるのは
仕方ないけど、自分のPCを人に見られるのはつらい。
DLした怪しい画像が残っている。

PCがない頃にはあり得なかった深刻な問題だ。





139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 11:51:49 ID:5ybhNAQl
>>138
Windows XP/2000 ならユーザにパスワードを入れて
ファイルも暗号化すれば大丈夫だが。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 12:03:38 ID:+Yuq5EUn
>>139
それで入れないのは一般人だけ。
PC専門の人間は易々と入れますよ。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 12:35:49 ID:5ybhNAQl
>>140
専門家でも無理ですよ。
NTをなめちゃいかん。

142 :138:2005/05/03(火) 21:05:06 ID:zk0tYE3x
で、本当はどっちなんですか?

私は安心して急死できるんですか? orz

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/03(火) 21:41:50 ID:4uzWvB/V
本当はねぇ
ここが死の世界なんだよ

144 :138:2005/05/03(火) 21:53:43 ID:zk0tYE3x
うわぁぁぁ
じゃあ、なんにも心配しないで死んでいいんだな…
半角画像たくさんたまっちゃったけど。

南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏
あとは野となれ山となれ

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/07(土) 02:16:15 ID:RjAsBrIv
じつはWin2000だとHDD付け替えてOS復帰用ディスクを入れれば
見られちゃう〜

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/07(土) 23:22:26 ID:m4B8bF4m
>>145
暗号化されてても?

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/08(日) 14:23:47 ID:CZBias4v
おまいらちょっとのぞいてきましたよ。
じつは死後の世界は(ry

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/08(日) 14:30:31 ID:B8r9ahBi

見渡すかぎりお花畑と信じたい  …

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/18(水) 14:02:32 ID:n0na6wbe
気が付いたらいつのまにか生まれていたのだから どうせなら
気が付いたらいつのまにか死ん... orz

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 21:34:12 ID:1EfD/lMG
それが一番気楽だけどねえ…
なかなか思うようにはいかないもので


痛いのだけはいやだ

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 21:41:42 ID:vpUI/8Ni
なんだか、このスレ読んでて悲しくなりました。
そんなに死ぬことって考えているんですか…

私の父は60歳、母53歳。…私は独身28歳ゴメンナサイ

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/19(木) 21:58:49 ID:1EfD/lMG
遊んでるのが、わからないですかねえ(w

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 01:14:39 ID:0fnpzfsR
よく死んだ時の状態を想像するけど、出来ないんだよね。
想像するって事は意識あるから。
全く何も分からなくなる、無意識になると思うと非常に怖いです。
決して想像できないことだから。怖い・・・。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 01:24:53 ID:Aj9j4K0Y ?#
子供の頃のほうが死に対する恐怖が強かったような気がする。年取ると
怖さも弱まるかもね。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 02:20:21 ID:wvbcx2Me
自分より上の人たちが順々に死んでいるのに、自分だけ
死なないで済むはずがないやね。葬式を重ねて、
だんだん納得してきた。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 03:18:11 ID:me9FwEo5
死は平等なる無です。あきらめましょう。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 07:59:41 ID:AKmtX8de
自分の最後の時を想像すると
浮かんでくるのは
何十年前に見送った母の顔

自分も同じ顔して逝くんだろうな
いつも思います。


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 14:12:24 ID:+Msybtjo
正直、死ぬのはあんまり恐くない、でも家族に借金残してだけは、死ねない。


159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 15:57:58 ID:IhAd+zh6
借金を全部返して
せめて葬式代ぐらいは残したいものだな。

160 :U ◆dUzYUJ1WrI :2005/05/22(日) 17:57:58 ID:rP8rvM5r
先週は体調悪くて死の恐怖感じてた。
さいきん、犬を飼ったばかりなのに慣れてきたばかりなのに
生きたいと思った。
犬にかこつけているけどほんとはいつでも自分自身見苦しい。
パニック障害という病気で心気亢進にもよくなるし、
不安神経症で死はたいてい隣り合わせに控えている。
これで内科の検査を受けろって言われたらどうすべぇ?

ま どんな持病を持っていても不治の病を宣告されたら
それで終いだな。
犬を返すっていったて元々野良ちゃんだし、返す所はないんよ。
私が死んだり病気したら犬と10歳の猫2匹が困るわけ。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 00:30:06 ID:x80J36z/
>154
そうだよね。

この歳になると、時々思い出すんだ。俺をかわいがってくれた祖父母、
5歳時、交通事故で死んだ近所の女の子、白血病で死んだ一歳年上の遊び友達・・・。

逢いたいなあ・・・・。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 04:46:03 ID:c0DEGRkT
先に往った人と必ず逢えるという保障があったらいいね・・・・!!


163 :U ◆dUzYUJ1WrI :2005/05/23(月) 22:36:53 ID:he0OIp+h
私は死後の世界を信じていない・・・・。
丹波哲郎は嫌いだ。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 23:05:48 ID:ybZRil2T
>163
生まれる前に戻るというのは、どうかな?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 23:25:44 ID:5RIusswO
1分1秒を無駄に生きている者ほど余計な事を考える。


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/26(木) 13:55:56 ID:MwR7NZ+t
1分1秒も無駄に生きられなかったら
楽しい事何にもない

余計な事を考えられない人間なんて

ツ マ ン ネ

167 :U ◆dUzYUJ1WrI :2005/05/26(木) 19:04:24 ID:WIlK6h7+
自分が満足してたら昼寝してたって構わないと思うけど。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 20:28:21 ID:PHKMmoIm
実はこのワシこそが神。世界の創造者。
怖いものなぞありゃしない。手にはワンカップ。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 00:21:54 ID:gC+/nCsY
仕事に疲れると、死んでもいいかなって思うよ。

まあ、いつ死んでもいいが、人生を振り返る時間は欲しいね。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 00:32:17 ID:qdc0WLQK
>>156
いい事言う。結局のところすべては「無」なんだよね。
それをどう意識するかは人それぞれ・・・。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 12:11:57 ID:LOJO/rcF
>>131
大変なご病気で、辛い思いもされたのでしょうね。
お察しします。
そのご経験から、ちょっとお聞きしたいことがあります。

親戚の女性が2ヶ月前に癌宣告をされました。48歳です。独身で
夫子供いません。
結構難しい病状です。その自分の病状も残らず知っています。
しかし、彼女は意外にも病院無いで明るく振舞っています。
笑い声が絶えません。
家族は彼女の思いも寄らなかった反応に驚きつつも彼女に
同調して笑っています

彼女はいったいどういう心理なんでしょうか。自分の苦しみ
を隠して無理に明るくふるまっているのか、それともある
程度覚悟した吹っ切れた明るさなのか。

難しい病を宣告されたときの患者さんの本当の心ってどの
ようなものなのでしょうか。

172 :131:2005/06/15(水) 16:02:29 ID:kgFeTD1A

私事ですが何かお役に立てばと書きます。  

 ガンの告知受けてから 先ず手術自体が怖く 医療拒否したら
 どの様な結果が到来するか恐怖の黒雲は際限もなく膨張し
 闇雲に怖かったです。

 宗教も神様はおいでになるという位の信仰で 結局は自己と
 向き合う中で 不安との戦いで気が狂うかと想う程でした。
 
 周りの景色の色さえ 変わった様に思える毎日その苦しみから
 逃れる術を見つけ 涙の中食事もせずにある事に熱中その結果 
 漸く吹っ切れ 手術受けました。

 苦しみ悶えたその中で得たもの 今まで見えなかったものが見えるように
 私を取り囲む暖かい人々の存在でした。そして湧いて来た感謝の気持

 病まなければ解らなかった人々から差し伸べられた温かなハートの存在
 病気も 決して生きてゆく上で無駄ではなかったですね。

 推測ですがその方も悲しむだけ悲しまれたでしょう。
 その中から 何か得られたのでは無いでしょうか。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 16:28:28 ID:vnXHMRu+
自分が死んでも此の世が滅びぬ事が厭ぢゃ。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 17:15:12 ID:FYJlJkzh
確かにそうだよな
其処がもどかしくて、悔しくて、諦めがつかない
でも諦めなければならない事が辛い

無の世界にはいるのがホント辛いな

死の宣告を受けて生まれてくるんだもんね
この人生が終われば、
もう何もないんだよな〜

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 18:08:46 ID:PxpXP86h
>>1
早く死ねよ

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 21:08:42 ID:yQvboaOr
>>174無の世界にはいるのがホント辛いな

死は無じゃないよ。あっちに行っても、見た目はこの世と似た生活が
あるみたい。ただ、本質的にはもっと物質的要素が薄れる世界のよう
だけど。とにかく、死は無ではないよ。死が怖いのは、死ぬ直前まで
で、それも死と言うものが未知の体験だから。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 23:14:17 ID:qdc0WLQK
>>176
おまえさん、死後の世界って見てきたのか?

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 23:25:55 ID:rTx+4j8C
>>172
お返事ありがとうございました。
>>131さんは手術が可能だったんですね。どういっていいかわかりませんが
やはり幸運だったと思います。ほんとに想像を絶する心身の苦痛を体験されたと
思いますが、それを乗り越えるだけの強さもおありになった。そして周囲の方々の
愛情(これ、何よりの特効薬だと確信しています)に恵まれて健康を取り戻
されつつあるのですね。ほんとに無事に所定の月日が過ぎることを心からお祈り
します。私の親戚(Aと呼ぶことにします)の方は、実は手術も不可能な状態で、
今は抗がん剤治療のみ受けています。

Aとは割合近しい関係で、最初にこのことを知った時には天地がひっくり返るような、
めまいのするような衝撃を受けました。
それから、手術不可能と聞いて、代替医療や機能性食品など少しでも有益な情報が
ないかとネットで探したり、癌から生還した人の書いた本や霊的治療に関する本など
片っ端から読んで、なんとか光明はないかとじたばたして今に至ります。
ところが、上でお話したように当の本人が、少なくとも見た目はあっけらかんとケラ
ケラ笑ってこの病気を無視したような態度をとるものですから「もしかしたら彼女は
この運命を自ら選んだ(もちろん無意識のうちにですが)のだろうか、周りがじたばた
騒ぐのは余計なお世話なのではないか」というような、ちょとした虚しさのようなもの
を感じ始めているところです。
もちろんAがどのような心境であれ、回りのものにとっては、彼女の喪失は大きな
痛手でであり、なんとか病を阻止するためにあらゆる事を試みるでしょうが、なにか
そのモチベーションが下がったと言うか、妙な感じです。彼女が一体、本当に生きたい
と切望しているのか、ただ本心を隠して強がって明るく振舞っているだけなのか、ちょ
っと知りたいと思って、同じ病気のご体験のある方に意見をお聞きしました。ありがと
うございました。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 23:29:46 ID:kEzeI/h+
早く死ねよという貴方にその言葉お返しします。
若くても死は来ます。自分が死の宣告されたらどうですか?
無の世界よりこの世と似た世界があると思ったほうがいいじゃない。
死は怖いけどみんな来るものです。いつか?
その日をどのような心で迎えるのか?

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 14:48:00 ID:R2z6IiWL
>>177
自分は見てないけど、話はいくらでもある。
幽体離脱の話は小学校のときの担任からも体験談を聞いたし、
友人が入院したときにも体験している。とにかく「きもちがよくて、
死ぬのが全然怖くなかった」と言ってた。
死後の世界に関しては、本やテレビ,ネットからの知識で。
横尾忠則」の亡くなった両親の話とかとか、著名な霊能者がまっ
たく知識の無いクライアントの生前の家族の特徴や思いを言い
当てたりする話。あてずっぽうでは絶対にあれだけ当たらない。
とにかくこれだけ情報があふれているのに、信じない人は信じない
んだな。そっちの方がびっくりだよ。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 16:08:31 ID:wqcdn2vL

でもな・・オウムと何ら変わりない気がずるね、その内容。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 16:44:20 ID:ge928aQu
そうか、オームなどの一連の事件以来、この種の事に不信感持
っちゃったってこともあるんだね、日本人は。
自分もあのあとしばらくはこういうことから離れたっけ、そういえば。
でもつぶさに色々な情報検討してみたら、やっぱ信じざるを得ない。

で、自分もこんな風に確実に世界観、死生観変えるまでに10数年
かかった。やはりいきなり霊や霊的世界を信じるのって難しい。
時には、この種の本読んでて気分が悪くなったりしたこともあった
し。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 20:58:51 ID:Kj1qPqs4
何を信じようと人それぞれ  
でも  人を誘うような事くのは やめてね。
オウムの事件があっても なくても
私は181さんと同じ感想を持ちました。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 21:10:29 ID:Ho8z6mEG
>>180
問題なのは、テレビやネットなんてものが、ましてバラエティー番組を信頼してる
ところだな。テレビなんぞ100%ヤラセと認識しなきゃ・・・。
これは俺自身が経験してるし、知人のTV関係の仕事してる人からも聞いている。
なんの事前知識もなしで俺の死んだ祖先を目の前で言い当てたりしたら信じるけどね。
おまえさんは大丈夫と思うけど、おかしな宗教に騙されないようにね。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 21:30:40 ID:ge928aQu
>>183人を誘うような事くのは やめてね。

なんでそんなに頑ななんだろう。
生と死を語る場合に避けて通れない話題じゃない、霊とか
霊的な世界とか神や仏の事って。情報集めたり検証して
みたいとさえ思わない?

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 21:33:37 ID:Ho8z6mEG
>>185
仏って・・・・釈迦は霊の存在を否定しるけど・・・。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 21:44:29 ID:ge928aQu
>>186
でも仏教系でお払いとかやるよね、特に密教とか。
日蓮宗でもあるらしい。
釈迦が霊の存在否定って、何かの文献に出ているの?

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 23:01:05 ID:Ho8z6mEG
>>187

専門家じゃないから詳しくは知らないが、釈迦(仏教)が霊魂の存在を否定して
いるのは事実。そういった宗教系のサイト調べれば解るよ。
で、どうして「お盆」なんてのがあったりって矛盾する事があるのかって
事になるんだけど、これは知人の坊主が言うには単なる「金儲け」でしかないらしい。
もともと今自分があるのは「先祖」がいたからであり、それを敬うのは自然な
行為だが、やがてそれを「おどし」に使われるようになった(供養しないとご先祖様が
うかばれませんよ・・・みたいに)。
それに、本来仏教は「どう生きるべきか」を教える哲学であり、死んでからどうなる
って事を教える為に生まれたんじゃないと思ってるけどね。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 23:09:43 ID:S88pQYFF

病気したり事故にあったり、人間関係で不幸になったり
そのうち老いて死ななければならないのはみな同じだけど、
それをどう受け止めて、どう心を穏やかにいきていくかを
それぞれが見つけるために、宗教がある。

実際に死後がどうのとか、そっちにばかりいくのは本末転倒。


190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 23:20:50 ID:ge928aQu
>>188
そうなんだ。でも平安時代には極楽往生の思想がはやったり
したし、これは支那仏教からあった。輪廻転生も仏教の
教えじゃなかったっけ。釈迦が入滅してから、なんか大分方向
変わったのかな。

>それに、本来仏教は「どう生きるべきか」を教える哲学であり、
>死んでからどうなるって事を教える為に生まれたんじゃない
>と思ってるけどね。

これ本当なら、ちょっとがっかりだね。トータルな人間の人生にとっ
て必要なのは、どう生きるべきかだけじゃなくて、なぜ生まれてきて
なぜ死ぬのか、死ぬと判っていてなぜ生まれてくるのか、死とは
どういうことか、等等の知識。そして、こういうことに整合性のある
理屈を与えてくれるのが宗教だと思うし、この種の知識はどんな
文化でも絶対に必要だと思うんだけどね。仏教は一応三大宗教
で日本で普及している唯一の宗教なのに。

じゃ転生やカルマの思想ってどこからきたんだろう。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 23:29:28 ID:ge928aQu
>>189実際に死後がどうのとか、そっちにばかりいくのは本末転倒。

そっちばかり、というわけじゃないけど、人の人生にとって、「死んだら
どうなる」ってことは、すごく重要で重いテーマ。死の理解は生きている
うちにこそ必要な課題。
今若い子達が(中年でも)簡単に自殺してしまうけど、生を安易に放棄して
しまうのはちゃんとした前向きな死生観がないからじゃないのかな。そし
てちゃんとした死生観を与えるのが本来は宗教なんだけどね。
そういう類のものが無い文化って、すごく野蛮な感じがする。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 23:47:05 ID:S88pQYFF
>>191
変なことを言って悪いんだけど、
>人の人生にとって、「死んだら
>どうなる」ってことは、すごく重要で重いテーマ。

私にとっては、さほど重要ではありません。
西方浄土、極楽、地獄、どこにいけるとか地獄には針の山が
あるとか、皆人間が作った、いかにもありそうな話ですが、
少なくとも私にとっては、死んだらどうなるかを知るより
死ぬまでの時間をどうしたいか、の方が大事。

それから、文化は「等価」です。自分の持つ文化よりも、下に
属する文化があると思うのは、安易だと思います。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 00:10:39 ID:QCfUr4jB
>>192変なことを言って悪いんだけど

ちっとも変なことじゃないですけどね。
ええと、あなたもしかして、まだ肉親や友人などの死にあまり直面したこと
の無い若い人ですか?死というものを身近に感じる機会がこれまであまり
無かった人なのかな。

>それから、文化は「等価」です。自分の持つ文化よりも、下に
>属する文化があると思うのは、安易だと思います。

他の文化に比べてどうとか、文化に優劣つけるつもりはまったく無かった
ですが。ただ、文化に長い歴史があれば、その中で人が何度も生き死にを
繰り返し、他人や肉親や自分自信の老いや病気や死に直面して、その悲し
みや苦痛から様々な思いや深い哲学的考察、宗教的洞察が湧いてくるもの
だろうし、それは当然あってしかるべきで、それが文化としてのの洗練度だ
と思うから。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 00:16:06 ID:q30y8q3s
>>193
私は父と母と義父と義母と、夫と高等癌の息子を
見送りました。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 00:17:43 ID:q30y8q3s
すみません、192です。 回線落ちしました。


196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 01:01:14 ID:QCfUr4jB
>>194
そうですか、それはどうも.......

それじゃあ、よっぽど強い人なのかな。
私だったら、たくさんの肉親を失ったら、この事がなぜ他でもない
自分に起こったのかとか、慣れ親しんだ人が突然いなくなってしま
うことの理不尽さとかだとか、なぜ死に赴くときに人はこれほど苦し
まなければならないのかとか、とにかく苦し紛れというか自分を
納得させるためにありとあらゆる事を考えぬくかも。そしてやはり、
生とは死とは、、、死んだらどうなる、となったと思う。というか実際
そうでしたから。
肉親の遺体をみたとき、ああ、これは自分の知ってる生前の彼と
はまったく違う何かだ、と感じましたね。生きて、暖かくて柔らかくて
表情豊かな彼とはまったく違う、いわば、ただの物体を感じてし
まった。つまり、生と死の間にはあまりにも深い断絶がある。
生きていた彼と、目の前にある遺体は似ても似つかないもの、生は
彼から抜け出て別のところにいってしまった、という確信に近いもの
を感じました。そこから、様々な探求が始まった、という経験があり
ます。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 02:28:59 ID:WrkcvFfr
私だったら、私だったらと考えて、他人を想像しようとしても、
所詮その人の持っている脳が作るものですから、
よっぽど強い人なのかな、までは言われたくないですが。

私はキリスト教の教育を受けて育ち二十歳まで学びましたが
どうしても洗礼を受ける決心がつきませんでした。
あなたは「遺体をみた時」とおっしゃいますが、私は何人かの
人間を、何ヶ月も前から見続け、冷たくなっていく体を
確かめていました。
それはしっかりとつながっていて、やせ衰え、命をなくし、
棺にいれられ焼かれて骨になっても、形を変えただけのその人でした。
父親も、明け方2時間かけてひとりで見送りました。私は44歳でした。
人間の当り前の姿として老い、病み、苦しんで逝きました。

あなたには妙だと思える人間もいるんですよ。あなたと同じ経験を
しても、違う確信を持つ人もいるのだと思います。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 12:22:24 ID:DpXP42Gl
>>197
私だったら、と書いたのは、あなたの体験があまりに重いもののように
思えたので、直接あなたの体験をこちらがどうのこうの言うのは、失礼
に感じ、婉曲な表現の試みのつもりでした。
もちろん、様々な体験に対して、感じ方は人それぞれですが、この目に
見える世界に基づいた価値意識だけで、起こったことをすべて処理して
受け入れられる、というのはやはりひとつの強さの現れだと思います。

試練に直面したとき、それを納得せずに受け入れることを拒むところから
疑問が始まります。これはある意味人間の弱さなのだと思います。しかし
拒んで、問題化して、悪あがきして、ぐじゃぐじゃになって考えぬいて、、、
と、こういうプロセスがまったく新しい別の知見に導いてくれることもあり
ます。

もちろん両方ともありです。誰も人に自分の価値観を押し付ける権利は
ありません。ただ、せっかくこういったネット掲示板という匿名で議論できる
貴重な場があるのですから、相手の言うことを頭から否定するだけで
なく、経てきた経験やそこから得た知識、至った自分なりの結論などを、
偏見を捨ててお互いに披瀝しあい、真偽を確かめあうのも一興かと思う
のです。人生のあらゆる場を捉えて真実や真理を自分のものとすること
ほど、人間にとって意味や意義のあることは他にないと思うからです。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 09:40:50 ID:QTqB6U6j

死ぬのが怖い 確かに。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 13:20:08 ID:PDD3ywEL
死を怖るるコト勿かれ。
私が蘇らせてやろうぞ。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 14:29:14 ID:XeC7w/ci
全身麻酔の経験がありますか?
死はアレと同じようなものじゃないかと思うのです。

冷たくも熱くもなく、何の感情も感覚も無い、無。
アレを仮死状態と言いますが、呼吸も人為的に行うわけだし
物理的にはほとんど死んでいる。

よみがえるから何も無かったとわかるけど
コトッと何もなくなる状態を体験すると、コレなんだろうなぁと思う。

身近な人たちの死を体験すると
きっと自分が死ぬ時にその体験が助けてくれる
家族や友人もこういう時間をすごしたのだという記憶が最後の瞬間まで
の自分のあり方を助けてくれるのじゃないかと考えます。

あのまったくの無から考えると
霊的なものというのは、生きている人たちの概念、
死んだ人が生きていた時の思い出や残っている影響の気配のようなもの
でしかない、要するに、生きている側の死んだ人への思いでしか
ないような気がします。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 18:30:30 ID:PDD3ywEL
私は蘇りであり生命である。
私が「生きて歩きなさい」と言えば、死者も生き返るのぢゃ。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/24(金) 14:16:02 ID:SW2CTKzl
「無から生まれ、無に帰る」というのは、ちょっと変だな。
「有から生まれ、無に帰る」もおかしい。

「土から生まれ、土に帰る」ならわかるけど。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/24(金) 15:06:49 ID:a5WdACIA
逝ったこと無いからなあ〜 まだ。
でも逝ったら単なる大型ゴミと考えている
でも燃え盛る釜の中で生き返るのだけは
嫌じゃ〜〜!

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/24(金) 15:23:00 ID:uRElXGez
遠藤周作とか、五木寛之とか、なるほどっておもいますよ。死というのは
皆、迎えるものだし>>201サンに同感ですね。誰かが悲しんでくれるような
生き方したいな。

63 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)