5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

YAMAHA YIS

1 :ナイコンさん:02/01/17 22:41
YAMAHA YIS PU-I-20 (ユニプロセッサのPU-I-10というのもあり)を
使っていたようなお大尽はここにはいるかな?

スペックは確か
CPU: YM6502 + Zylog Z8000
Memory: 128KBytes(64KBytesだったかも)
Graphic: 512*384, 4096色中8色表示(PseudoColor)

「純家庭用コンピューター」だが、システム価格は約120万円也
新橋駅前にYISショップがあった(1982〜3年頃)。

2 : :02/01/17 23:53
YAMAHAのMSX
新品で1万円だったので使ってたよ

3 :ほんごう:02/01/17 23:56
ピアノの自動演奏くらいしか思い出せん

4 :ナイコンさん:02/01/18 00:01
こんなのあったんすね。
凄いスペックですね。


5 :2:02/01/18 00:05
えーと冗談はこのへんにして...
YAMAHAがYISを発表したのは1981年12月7日
PU-I-20シリーズ \1287000
ベクターグラフィックスみたいだね

if800と同時期の発売か。個人で買うの無理でしょ

6 :2:02/01/18 00:14
拡大縮小回転も自在に表示....
ものすごいマシンを作ったけど
誰にも見向きもされずに消えていった?
雑誌に広告は載ってるけど、記事を見たことないんだけど。

7 :ナイコンさん:02/01/18 00:16
ベクタースキャンですか。
パソコンにしては珍しい表示方法ですね。

でも、塗りつぶしのグラフィックは辛そう・・・。


8 :2:02/01/18 00:39
なんか俺が買った1万円のMSXは
これの後継機らしい.... ショボーン

9 :ナイコンさん:02/01/18 00:50
某ローカル(だと思う)TV局では天気予報に使われてた。
女子アナが、「では、今日もワイズ君、お願いしま〜す!」
とかのたまってたが、別に何かのキャラクタが出てくるわけ
もなく、普通に平凡な天気図が出てくるだけだった。しかし、
当時無印PASOPIAユーザだった自分には、夢のようなCGだった。


10 :SunCORE:02/01/18 00:52
YIS PU-I-20はラスタースキャン。今のPCと同じ。Z8000がGPUを担当する。
CP/Mを意識したYIS-OSの上で、YIS-BASIC, アセンブラ、Pascal(多分出ずじまい)
が動作する。漢字はJIS第1水準のみ搭載(第2水準のオプションはない)。
専用プリンタは9ピンドットマトリクス。周辺機器としてはVHDなんかもあった。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA000199/museum/#vhd

その後に出たYISシリーズのグラフィック端末(YIS-D1000だっけ?)と勘違いしている?
もっともあれもラスタースキャンだけど。COREグラフィックス規格(今はみないね)に
準拠していて、FORTRANから呼び出せるCORE 3Dライブラリが提供されていた。
オプションでGKS。1280*1024/4096色同時表示、21インチディスプレイ。
PU-Iシリーズ大失敗で懲りたので、PU-Iの技術を応用し、CAD用の純業務機として
出したもの。業務機としてはそれなりに成功したらしい。

11 :ore:02/01/18 03:01
アウトラインフォントのベクトルデータと勘違いされてるかも?
ちょっと前、YAMAHAに資料残ってないか聞いたけど、さすがに
なかったようです。
用途としてはホームオートメーションを狙ったものだったと答えて
いただきました。
当時の広告をみると画面はZ8001。内部の写真だけでも一度見て
みたいですね。これが、81年に出ただけでも凄いことだと思います。

WEBで探してみて唯一見つけた情報、googleのキャッシュですけど。
http://www.google.com/search?q=cache:oeoDUCuPysAC:www2.odn.ne.jp/diycom/rekisi/re82_83.htm+YIS+PU-I-20&hl=ja

12 :ナイコンさん:02/01/18 03:52
YISはプリンタだけ持ってました。OKIの初期のドットインパクト・プリンタ
のOEMで、濃い小豆色の筐体。ヤマハのオーディオ製品にはデザイン的な統一
感があってユーザの強い支持があったけれど、製品全体のデザイン的な統一
感はYISにも引き継がれてありましたね。

Z8000は68000が登場するまでのしばしの間、ハードウェア・エンジニアには
とても人気があったんですよね。ただ、開発ツールがプアでした。開発ツール
という面ではザイログはヘタレだったから。そういう面ではインテルは強かっ
たです。

13 :ナイコンさん:02/01/18 22:30
益々現物が見たくなるよ。


14 :ore:02/01/19 15:50
もう一度広告みたらVectorGeneraterって専用LSIを積んでたようです

15 :ナイコンさん:02/01/21 12:24
それは、多分ハードウェアで直線のラスタを演算するものでしょう。
後年のμPD7220みたいなものだと思います。

16 :ナイコンさん:02/01/21 12:38
静電誘導トランジスタ だったか?

17 :ナイコンさん:02/01/22 09:02
静電誘導トランジスタ=SITはYAMAHAが作ったオーディオ用パワーFETじゃなかった?

18 :浜松在住:02/01/23 21:39
 ここ浜松市ではその昔(1982?)、ヤマハ浜松店の1階に
YIS一式のデモ機があり、自由にさわることができました。
 当時、あれだけの豪華なシステムにもかかわらず、
そこで実際にやってみることができたのは複利計算の
BASICプログラムを打ち込んで走らせる程度でした。
一般家庭への「コンピュータのある暮らし」を訴えるには
かなり厳しいものがあったと記憶しています。

19 :ぽあ:02/03/08 23:27
底上げ

20 :ナイコンさん:02/03/09 15:45
当時の広告を見ると
お風呂の管理とか、玄関のドアフォンとかの集中管理もできるように
なってたけど、こんなん組み込んで家建てちゃったヒトは
今ごろどうしてるんだろう。

後悔してるんだろうな、きっと。

21 :ネット屋 ◆.t4dJfuU :02/03/09 16:55
YISの5インチフロッピーのエンベロープ(カバー)だけ
まだ持ってるぞ(笑
現物は見たことも触ったこともないけど、何故かある。

22 :親切な人:02/03/09 16:58

ヤフーオークションで、凄い人気商品、発見!!!

「高性能ビデオスタビライザー」↓
http://user.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/NEO_UURONNTYA

ヤフーオークション内では、現在、このオークション
の話題で、持ちきりです。

23 :ナイコンさん:02/03/27 03:31
age

24 :ナイコンさん:02/04/12 23:57
YAMAHAのなら、MSXがデザイン良かったなー。

25 :ナイコンさん:02/04/13 00:53
>>24
高校の同級生がCX7と純正のキーボード持ってた。
うらやましかった。
脱線スマソ

26 :ナイコンさん:02/06/11 04:40
YISのスペックもうちょい詳しいのが分かりました。
発表は81年12月7日、発売は82年1月

CPU YM2002(YAMAHA製6502拡張)2MHz (!)
APU(数値演算ユニット) 9911A
MAIN RAM 64KB 64Kbitチップ使用(!)
BOOT ROM 4KB
5.25インチFDDは1DDフォーマット(!)で328KBx2ドライブ 高速DMA使用
ソフトウェアは独自DOSの上で、YIS-BAISC、ミニアセンブラ、DDT,PIPを用意

CRTコントロールボードは2種類
PU-1-10は、メインCPUと同じYM2002を使用。
おそらくテキスト表示のみで、80x25または64x26。
VHDとの混合表示可能。ウィンドウマスク表示可能
PU-1-20は、Z-8001(セグメントなしタイプ)を使用。
512x384 ドット毎に256色中8色
常用漢字2500種、音楽記号100種をベクタージェネレータにより任意のサイズで表示
テキスト表示は64x24。
Z8001とベクタージェネレータによるハードウェアDDA方式(?)でグラフィックは超高速。
半径1〜192ドットの円の連続描画が2.2秒、全画面の塗りつぶしが0.35秒。

キーボードはストロークタイプとタッチキータイプの2種類から選ぶ
ホームコントロールユニット+アイカメラユニット(玄関機能システム、浴室機能システム)
アートビジョンプレーヤ(VHD方式、後の統一VHDと互換性あるのか?)接続可能
ピアノプレーヤコントロールユニット(ヤマハUP-3型以上のピアノと接続。録音・再生・連弾・キーの操作)
エレクトーンコントロールユニット
ミュージックボード(49鍵キーボードと接続しポリフォニックデジタルシンセとする)


27 :ナイコンさん:02/06/11 08:47
>>26
81年に設計したにしては凄いね。256色パレットとか。Z8001とか。
メモリも64Kbitだし、高速タイプかな。
アイカメラユニットとかユニークなものがたくさんありますね。

28 :ナイコンさん:02/06/11 18:55
確か、フロッピーディスクじゃなくてフレックスメモリーと
いっておったような気がします > YIS

29 :ナイコンさん:02/06/11 19:30
なぜかわからんが、そうだったね。

30 :ナイコンさん:02/08/10 17:22
保守 

31 :ナイコンさん:02/10/21 23:01
うち、一時期YISありました。
グラフィックタブレットがついててCG専門に使っていたものです。
しかし10数年前起動させようとしたら起動せず、
そのまま友人の家に置いてもらってます。
まだ捨てられてなければ。。。

32 :ナイコンさん:02/12/02 04:07
>>31
もし捨てるならヤフオクに出して欲しいな
そんときはここに出品へのリンク貼ってくれ。
俺は1万で買うよ。


33 :32:02/12/03 23:33
>>31
もう捨てたのか?
まだならくれよ

34 :山崎渉:03/01/13 21:49
(^^)

35 :ナイコンさん:03/03/15 01:28
幕張のショーとか見に行くと、ヤマハのブースとかでYISのブースを見かける
ときある。
まだYISブランドは健在なのですね。
と言う漏れはCX-5Fユーザだった

36 :山崎渉:03/04/17 12:32
(^^)

37 :山崎渉:03/04/20 05:54
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

38 :山崎渉:03/05/22 02:04
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

39 :ナイコンさん:03/06/13 06:07
MSXは今年でなんと20歳になります!
おめでとうございます!

40 :ナイコンさん:03/06/15 11:51
聞いた話だけど、ヤマハはこれが失敗で倒産しかけたとか
で、1983年にDX7が発売されて大ヒットしたおかげでなんとか持ち直した、と。


41 :ナイコンさん:03/07/02 15:04
保守

42 :ナイコンさん:03/07/02 23:39
>>40
DX7って何?

43 :ナイコンさん:03/07/03 03:26
>>42
ヤマハのシンセ。6オペレータのFM音源で、それまでのオシレータが出す音を
フィルタで削る式のシンセとは全く次元が違う音が出た。
その上完全ポリフォニック(だったと思う)。複数の鍵盤を同時に押しても、
ちゃんとそれぞれの音が出た。ベロシティもあり、打鍵圧で音の大小なりをコントロールできた。
当事としてはてんこもりのものすごいスペックで、しかも25万円という驚異的な安さだった。
ベロシティのないポリフォニックシンセでも普通に100万円とかしてた時代だったから。
なので高校生くらいでも無理すれば手に入れられないこともない値段のこのシンセは爆発的に売れた。

44 :ナイコンさん:03/07/05 21:39
どのバンドでも使ってた、て感じだったね。<DX7
CX7との関連は?と思ったものだった。

45 :山崎 渉:03/07/15 11:07

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

46 :なまえをいれてください:03/07/22 13:26
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

47 :ぼるじょあ ◆ySd1dMH5Gk :03/08/02 05:08
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

48 :ナイコンさん:03/08/02 21:08
>>43
シンセが普通に100万なのはもう少し前の時代だけど
当時25万位だと
6音ポリ程度で機能も大したことがない
と言うところに
100万以上出さないと買えなかった
FMシンセが複雑とは言えフルオペレート出来て
従来のアナログシンセとは全く違った音色が出れば
そりゃねぇ

>>44
関連性は?だが
MSX上でグラフィカルにDX7をエディットできる
ソフトが発売されてたよ
4trシーケンサーも出てたね


49 :山崎 渉:03/08/15 23:08
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

50 :ナイコンさん:04/01/10 01:41
       ∧ ∧
      (´Д`) 食パンでも食うか
    /⌒   ⌒\
  (∋⌒ヽ   /⌒∈)
   │ ゚< ≡ >゚ │  バリッ
  ⊂|  < ≡ >  |つ
   (_). ≡ (_)  


51 :ナイコンさん:04/01/11 07:53
YAMAHA
YIS YES YPVS YZR YZF YSR YMF YB YZ
いっぱいあるんだな?



52 :ナイコンさん:04/01/11 07:53
YSPもあったんだな

53 :ナイコンさん:04/01/12 10:43
YFVSを忘れんでくれ

54 :ナイコンさん:04/02/24 16:13
>>44
極めて遅レスだがXシリーズとして発売されてた。
シンセのDX7
ドラムマシンのRX11
シーケンサーのQX1
とかね。

で、CX7M128いまだに持ってます。

55 :ナイコンさん:04/04/25 02:21
CX7、カタログを眺めるだけの高校生時代だったよ。
同級生で、YIS503買ったやつがいて本当に羨ましかった・・・

56 :ナイコンさん:04/04/30 21:02
YPVS

57 :ナイコンさん:04/10/12 04:18:43
フーン
こういう凄いのが有ったから、
MSX2に積まれた、
凄い、VDPが出来たのカ!

YAMAHAがナンデ?
と、
不思議に思ってのだけど、
ソリャ、シンセサイザー関係で半導体製造は判るケド
音、と、画像、は違うから?
楽譜だすくらいで充分なのに、アノVDPは、
突出してた、モンナ! 性能!
当時、
マルチメディア、なんて、
言葉も無くて、傑出した画像性能は、
主にゲーム用に、当てられたモノだったから、
ナムコ、ハドソン、任天堂、なら理解出来ても
YAMAHAが、ナンデ?
だったのだけど・・・
成程!



58 :ナイコンさん:04/10/12 04:37:29
VDP、
そして、又、微妙ゥ〜にぃ〜・・・
ゲームに使いにくかった、
・スプライトがドット単位で着色出来ない!
・キャラクターグラフィックが放置状態!!
・ドットグラフィックは高性能な割には遅い
ファミコンのCGP?が、
ゲームに特化して限られたリソースを一滴も余すトコ無く
ギリギリのトコまでゲーム用途の為ダケに考えぬかれた、
見事なアーキテクチァなのに、
比べ、
我がMSX2のVDPは、
高性能なのダケレど妙ゥ〜に甘いのな;
MSXもブッチャケ!ライバルはファミコン!
なのだからゲームにギリギリ特化してなければならぬノニ?
VDP;
使っててそこはかとな〜く、
感じるのは、この石、ゲーム用途に創って無ヒな・・・ト、
イフ、嫌ァ〜な予感はァー
ビンゴ!!
だったのてすネ(涙)

CADだたのキャ・・・成程!

59 :ナイコンさん:04/10/12 18:56:00
メガドライブのVDPもヤマハだったり

60 :ナイコンさん:04/10/12 19:54:33
え?本ト?
でも、大昔にドラはらさいて見たときは、
モンキーバナナみたいに、プッ、巨大な、MC68000! と、
(もしくは、フラットトップ、大日本帝国連合艦隊 航空母艦「赤城」かと;
  飛行機でも着陸すんのカYO(爆)ッーくらい巨デカかった、輝ャイテタ!)

ト;
おなじみ、古女房〜Z80ゼッパチ;
YAMAHAの、セコイ方のFM音源+蚤の亭主のDAC?
SRAMがショボショボ有って、論理ICが2〜3個;
アトは〜
黒い正方形のフラットパッケージX2個
      ↑
(のなかに描画部を詰め込んぢまったからドラの絵はセコぃンだと思タ)

ダケだた様ナ;?

61 :ナイコンさん:04/10/12 20:02:12
ゴメン;米太平洋艦隊「エンタープライズ」って言フべきだった;

62 :ナイコンさん:04/10/16 02:41:49
YAMAHAはMIDI対応MSXを売ったことがあって話題になったなあ。
>>40でDX-7というヤマハの救世主楽器が出ていた。ところが、この楽器にはFM音源が内臓されているのはいいが、
このFM音源というのはやっかいな音源で、一から意図して音を作成するのは非常に困難だったようで、
実質的にPCがないと素人が音をいじるのは無理という代物だった。
ヤマハのMSXは当時としては高度なMIDI機能がついていて、そのためにDTMをする輩を中心に売れたらしい。
それにしても、あのころから既にMIDIがあったから、おそらくMIDIはPC業界で最も長寿な規格じゃねえの??

↓が問題のMSX。他にもウジャウジャ。
http://www.zock.com/8-Bit/D_CX5M.HTML
http://www.wizforest.com/OldGood/MSX1/
http://www.geoff.org.uk/museum/yamaha.htm
http://www.heimcomputer.de/comp/yamahacx5.html
http://www.obsolete.com/120_years/machines/yamaha/
http://www.sciencepark.co.jp/x1/old_computer/pc/msx/
http://www.old-computers.com/museum/doc.asp?c=439&st=1
http://ha2.seikyou.ne.jp/home/myamo/syn/syn1/SFG05.HTM
http://www.harmony-central.com/Synth/Data/Yamaha/CX5M-01.html
http://web.inter.nl.net/users/A.P.Wulms/Noframed/yamaha_cx5m.html
http://www.cim.mcgill.ca/~clark/nordmodularbook/fmtonordmodular.htm

63 :ナイコンさん:04/10/16 02:46:48
>それにしても、あのころから既にMIDIがあったから、おそらくMIDIはPC業界で最も
>長寿な規格じゃねえの??

別にMIDIってPCとは関係ないし、PCで使われてる規格なら家庭用ACとかの方が
歴史も長いと思うけど。

64 :54:04/10/16 04:12:44
>>62
音楽雑誌等でDX7のエディットをPCで行えるとか宣伝し始めたのは
CX7M/128になってからだったと思います。何しろFDDが使えなかっ
たんじゃなかったっけ?少なくともFMシンセサイザーユニットSFG-01
やMIDIユニットSMD-01ではFDDが使えなかった。7になってSFG-05
が発売されてから初めて音楽用としての利用が可能になったんだと
記憶しております(私なりの記憶ですがw)。
やはりご指摘の理由もCX7M/128を買った理由の一つでした。
当時DTMなんて言葉は無く、宅録って言ってましたね。オープンリール
のタスカム8chやフォステクスの16chなんて到底買えず、みなカセット
の4chを使っておりました。
この当時の機材はCV/GATEという実に原始的な方法で繋いでおりま
した。AppleUにTR-808という時代でしたね。シンセはモノフォニックの
物が殆どで、和音の出せるシンセは高値の華でした。
そこでDX7の登場だったわけです。廉価帯初のデジタルシンセとかFM
音源とかそんな事より、16音ポリフォニックが一番の魅力でした。シンセ
をピアノのように弾ける。しかもタッチレスポンス付き!
こいつの為に全てのCV/GATE制御の機材をMIDI化しましたね。
CX7M/128はシーケンサーとしての仕様がメインでした。1年ぐらいしか
使わなかったけど。ソフトの出来が悪かったのか8bitの限界だったのか。
無理してQX1を買い、しばらくして入力・エディット用にPC98を購入しまし
た。DX7の音色エディット用にはしばらく使ってましたけどね。
エディット用のソフトはYRM-13。これはCX5M用の物。やはりFDDに対
応していなかったんで投売りでした。安さに釣られて買ったもののFDD
に対応したYRM-52をすぐに買いました。

ちなみに>>54の機材は未だに全部持ってるw

65 :ナイコンさん:04/10/17 23:42:38
>>63
MIDIは1983年から20年以上にわたって使用されている。
だけど、PCが今でも現役で使える規格としては古い部類に入る規格としては間違いない。
(ただし、RS-232Cには敵わないが)
>>64
ご指摘のとおり、ヤマハがMSXにMIDIを搭載するようになったのは1983〜1984年から。
当時としては「画面内の譜面で音をコントロールできる」というだけでも十分すぎるほど画期的だった。
ご指摘のとおり、当時のMSXでMIDIをやるならメモリ容量の都合でFDDが必要になる。
ところが、当時のFDDは高価だった。FDD本体が\64800でケーブル1本が\25000(どちらも定価)という世界。
これでも1台40万以上もしたAppleやIBMの輸入パソコンとは比べ物にならないほど安かった。

MIDIの基本的な規格は互換性の都合上、誕生当初から1.0のまんまバージョンアップしていない。
そういうわけでCX5MやYIS503&MSX用インターフェイスのSFG-01からMU90をつなげてもMIDIとして動作させることだけは可能。
ただし、制約だらけ(特にメインメモリ)で使い勝手は保障できないが(w

↓ではMSXでCDまで製作されている。当時のPC
http://compblue.hp.infoseek.co.jp/Artists/Magicalpower_mako/magical_computer_music.htm

66 :54:04/10/18 00:20:51
>>65
>ところが、当時のFDDは高価だった。FDD本体が\64800でケーブル1本が\25000(どちらも定価)という世界。
FD-05とFD-051の事かな?。高かったんだなあ。FDDが高いせいでQDなんて悲しい規格があったものね。

67 :ナイコンさん:04/10/18 08:44:13
ヤマハのPCはDTMの普及の大きな立役者だろう。
当時のPCは高性能な16ビットCPU搭載のPCが登場はしていたが、粗暴なほど高価だった。
そこでCX5とCX7シリーズが現れた。このPCは音楽製作に特化していて、しかも安かった。
海外ではCX5Mは$465で発売された。これは当時としては超バーゲン価格。
なにしろ同時期に売られていた代表的なPCとしてAPPLE IIcがあるが、価格は$1,300で、
初代マッキントッシュは$2495というとんでもない世界だった。
http://www.keyboardmuseum.com/ar/y/yama/c/cx5.html
http://www.synthony.com/vintage/cx5m.html

ヤマハのMSXはNECの影があって
日本では売れ行きはよろしくなかったが、海外では売れたらしい。
海外を中心に熱心な利用者が存在していて、
オランダにユーザーグループが存在しているほど。
http://www.faq.msxnet.org/msx1.html#CX5M
http://mitglied.lycos.de/franticpace/cx5m/index.htm

>>66
>FD-05とFD-051の事かな?。
ビンゴ!!


68 :ナイコンさん:04/10/18 08:50:30
音楽製作に特化してたかぁ?
V-BLANK割り込みしかサポートせず、まともなタイマーすら実現できないマシンだったぞ。

69 :ナイコンさん:04/10/18 10:53:49
>>68
あくまでも「20年前の当時としては」だし。ここは見逃してやろうよ。
当時は画面上で作曲できるだけでもとんでもなく画期的だったという時代なんだぜ??

70 :54:04/10/19 00:59:36
>>67
>ヤマハのPCはDTMの普及の大きな立役者だろう。
ユーザー側に言わせて貰えばそれは無いと思うよ。
CX以外のXシリーズが与えた影響は強大だけどね。国内に限っていえばAppleU使用時はそう
いった情報をやり取りするコミニティー(今みたいにインターネット等が無く、こういった機器を使う
者達には情報が殆ど無かった。自然に集まっていった)が存在していたけど、MSXについてはそ
ういった物が無かった。少なくとも私の周りには存在しなかった。当時頻繁に都内ライブハウスに
出ていたけどPC自体を持ち込むバンドなどアマチュアでは皆無に近かった。
何しろQXの方が圧倒的に使いやすかった。設置にかかる手間や、実際の操作に関してもね。
MC-8やMC-4が名機と呼ばれるけれども、普及に貢献したのはQX5じゃあないのかな?QX5が発
売されて初めてアマチュアが実用的なシーケンサーを手に入れる事が出来たんだと思います。

言っときますがゲームの分野は知らない。私はSFG-05 の音を出した事さえない。

>このPCは音楽製作に特化していて、しかも安かった。
FMシンセサイザーユニットSFG-01 05
MIDIユニットSMD-01
こいつさえ買っとけば即繋げたからね。ワケのワカランインターフェイスとか必要としなかった。
またワケのワカランインターフェイスも高かったしね。




71 :ナイコンさん:04/10/25 17:48:15
>>70
そうだね。CX5が使い物にならんからシーケンサーに逆戻りしたっということだろ。
つまり時期が早すぎたということで。MSXのハードウェアじゃ実用からは程遠い。
だから専用のハードウェアというわけで…。
当時は「DX−7に繋げる」というパターンが多いような…。
そのほかにもAppleUを使うという手もある。ただしMSXよりも高い。


海外ではCX5Mを取り扱ってるサイトが多い。
ググったらCX5Mに関するサイトの多くが海外だったりする。
↓はCX5の見た目
http://msx.fab.free.fr/MSX1/yamaha/cx5m.htm
↓はCX5で作った音を聞けるとこ。
http://www.herring.pwp.blueyonder.co.uk/musicmidi.htm
http://home.houston.rr.com/oehl/seq.html

72 :ナイコンさん:04/12/26 04:20:38
保守。

73 :1:04/12/26 19:08:00
1ですが、皆さん聞いてください。

74 :1:04/12/26 19:11:54
ここはMSXスレなのです。

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)