5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

初夏の夜の思い出

1 :日本昔名無し:03/06/12 04:17
では、懐かしいお話を一つ。

当時、流行はネイキッド。周りのあんちゃんもねーちゃんも
みな、ネイキッドに乗ってた。
そんな中、俺の愛車はCBR250RR。スピードだけを求めていた。

ある夜。峠を攻めていたら、後方からパッシング!
バックミラーで確認する。ん!ネイキッドじゃねーか!!
俺の心に火がついた。『この膝擦りキング(自称)に挑戦してくるとはな!!』
18000まで回るエンジンのパワーバンドを保ちながら、俺は膝を擦りながら
暗闇を駆け下りていった(つもり)。

もちろん、俺の勝利。下で一人コーラを飲んでると先程のネイキッド。
「いやー。速いっすね!!後ろから見てて、マジかっこ良かったっす!!」
金髪とピアスが印象的だった。
まだ幼さの残る少年の笑顔が眩しく見えた。
その後、その少年とバイクと女の話で盛り上がり、朝になって別れた。

7年前の7月初めの出来事でした。

2 :日本昔名無し:03/06/12 05:32
1111111111111111111111111111111111111111111111111111111111

3 :日本昔名無し:03/06/12 20:54


4 :日本昔名無し:03/06/15 00:22
おれはヲタクだった、なんでもギャグで逃げて戦わなかった
ヲタクなサークルに入って、自分の分身のようなやつと好きなことだけ話してた
だが、サークルの会長はこんな状況良しとしなくて、いろいろ外部に自分たちを誇示しようとやっきになってた
俺たちは世に出ようなんてカケラも思っていなかったけど、会長はいいやつだったから適当に手伝っていた
「アニメを作ろう俺たちのアニメを」とか言ったときも「ああ、またか・・・」と逃げもせず手伝うことにした
だけどこの夏はちと違うものになった
会長のやつは雑誌に激文のせて近県のサークルから参加者つのった
案外野に隠れていたヲタクってやつはいるもので、ワンサカあつまってきた
具体的には書きたくないがジャンルがナニで、女の参加志望者がまた多くて困った
会長の目指すレベルはすごい高くて、合宿して連日連夜俺たちは作業に没頭した
さいしょは夕方には帰っていた女たちもチラホラと泊りに付き合うようになってきた
そして気がつくと、周りに公認のカップルが出来上がりはじめたんだ・・・

5 :#:03/06/15 00:36
wakuwaku

6 :日本昔名無し:03/06/15 08:11
中2の時、なぜか好きな子と花火大会に
行くことになった。
別に何もなかったが、浴衣姿の彼女がさらに可愛く見えた。
あの時、告っとけばよかった…。

7 : :03/06/15 11:34
良(・∀・)スッドレ! の予感

8 :4:03/06/15 16:31
俺たちはアニメ製作に没頭した
作業場を提供してくれたやつなんて、よく親が黙っていたもんだ
20人近くの人間が集まっていた、人間の体温がこんなに暑いなんて思ってもみなかった
一日中クーラーとかライトボックスとかつけてるから光熱費だけでも10万円は超えていただろう
カンパの箱っていうのがあったけど、いつも銀貨しか入っていなかったな
不足分は誰が払うんだろう…こわくて誰にも聞けなかった
みんな見る見る間に貧乏になっていった
俺はバイト代でまかなっていたけど、バイトそのものができなくなってきた
アニメ作るためには時間が大量に必要だからバイトに時間を裂けないんだ
百円かそこらの交通費もなくなってきた、メシ代すら惜しくなってきた
そんな時、見かねた女の子が、ご飯の炊き出しを始めた
メシと味噌汁、あとタクアンとか白菜とかのきざんだやつ、それだけの食事
でもこれがうまいんだ
「ご飯できたよ」の声にワラワラと群がる亡者のような俺たち
泣きながら食ってたやつもいた、マジこのときの飯はうまかった、ちょっと固かったけど
俺はそのころ、女は自分に恥かかせるためにこの世にいる、と思い込んでた
勇気出してデート誘って、金使ってぎこちない1日をすごし、その後は連絡もなし…
そんなパターンで女と接してきた俺は、逃げ癖ついてたんだけれど
共同作業をして、場を維持しようとする女の力に驚いた
カップルの、特に女のほうの相手を思いやる心に驚嘆した
女が欲しい…パートナーになってくれる女が…俺にとって深刻な願望が目覚め始めた
なぜか俺は知っていた
この夏が終わったらみんなバラバラになる
こんな集まりはもう2度とはない…と


9 :日本昔名無し:03/06/15 21:27
>>8
続きはないぽ?(;´Д`)

10 :日本昔名無し:03/06/16 06:33
>>8
続ききぼんぬ
なにやら引きつけられる話です

11 :日本昔名無し:03/06/17 09:14
初夏の夜っていうか夏の夜ってなんかとても切ない気持ちになるな・・・
自転車こいで走り回った仲間たち・・・
運動場の真ん中で寝転んで見上げた満天の星空を忘れません。
好きな人のことを考えてたら眠れなくて一人ブランコに揺られてたっけ・・・
あの頃は何もかもが輝いてたな・・・ほんとに何もかもが・・・
今年もまたやってきたや・・・この夏の匂いがぼくをせつなくさせる・・・

12 :日本昔名無し:03/06/17 14:43
小学生チャットに来てね
http://www13.big.or.jp/~fubuki/chat/chat1.html              

13 :日本昔名無し:03/06/17 19:12
>>6,11
華やいだ祭りの後 静まる街を背に
星を眺めていた 汚れもないままに
      『徳永英明、壊れかけのRadioより』


あの頃の純粋な気持ちに戻りたい…


14 :日本昔名無し:03/06/18 11:17
>>8
それからそれからwakuwaku

15 :日本昔名無し:03/06/29 00:37
つづき気になるでしょうが・・・。

16 :日本昔名無し:03/07/11 23:40
もう初夏じゃないし・・・

17 :山崎 渉:03/07/15 11:01

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

18 :なまえをいれてください:03/07/22 13:59
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

19 :ぼるじょあ ◆ySd1dMH5Gk :03/08/02 04:47
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

20 :日本昔名無し:03/08/07 08:18
x

21 :山崎 渉:03/08/15 22:42
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

22 :日本昔名無し:03/10/15 03:30
思い出じゃないけど、初夏の夜に鳴く虫の独特な音色、心地よい風、夏を迎える前の心に秘める期待感。なんか懐かしいな。

23 :日本昔名無し:03/10/20 01:52
おもくそ夏だけど子供の頃
地元の花火大会で打ち上げられる三尺玉の音が怖くて怖くて
せっかく土手の一等席にいたのに
耳ふさいで布団かぶって縮こまってた
んで音が終わったらバッッ!!と起き上がって見て
きれいさに感動するという

あの頃は確かに俺も子供だった

24 :日本昔名無し:04/02/24 23:38
田舎町出身の俺は、7月初旬の町の夏祭り大会に、発光ダイオードを入れて数時間
光るボールを売りに来てた店の手伝いをしてた同い年くらいのコ(多分店主の娘だった)
と仲良くなり、「恋」に落ちた。その親父の何となく冷たい目を気にしながらも、
そのコと二人、夏の夜にとけ込んだように楽しく夢中で数時間を過ごした。
今となってはあのコの消息なんて手がかりすらない。遠い日の恋の話。

25 :日本昔名無し:04/03/24 15:55
初夏といえば小学校の頃の映画会かな
七夕の時期に夕方から始まって帰る頃には
真っ暗になっていたな

26 :日本昔名無し:04/03/24 16:23
その思い出をうp汁
http://shogi24.s56.xrea.com/uploader/upload.cgi

27 :日本昔名無し:04/05/02 06:21
 

28 :日本昔名無し:04/12/17 15:05:15
まだ、腹立つはーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

29 :日本昔名無し:2005/05/27(金) 18:01:44
ショッカーの思い出?

30 :日本昔名無し:2005/05/27(金) 20:52:03
初夏かぁ。小さい頃汗かきながらお昼寝して夕方起きると必ず夕飯作ってる母親の後ろ姿が有った。うつ伏せでその背中を眺めてると何故か気付いてくれて『あら、起きたねぇ』って言われてた。懐かしい…。

31 :日本昔名無し:2005/05/27(金) 20:52:12
初夏かぁ。小さい頃汗かきながらお昼寝して夕方起きると必ず夕飯作ってる母親の後ろ姿が有った。うつ伏せでその背中を眺めてると何故か気付いてくれて『あら、起きたねぇ』って言われてた。懐かしい…。

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)