5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/01 21:40:00 ID:ODsNT996
グバズズズビレ ズビレかたれ

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/02 00:32:57 ID:o8gPbuv5
どーするよ?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/02 00:51:56 ID:Ex17t3Fc
これも円谷プロ10周年記念作品の一つだそうな。

♪がんばれ、ダイゴロウ…

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/05 18:24:10 ID:nULsBe0V
併映「パンダ・コパンダ」

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/05 21:09:38 ID:4RrGwyyu
>>4
真ん中の・は不要

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/06 07:05:56 ID:3b+DcTOM
>>3
円谷プロ作品なのに、監督・脚本は、TBS(木下プロ)の飯島敏宏(千束北男)
まあ、円谷プロ作品も撮っていた人ではあるが。

予算節約のためか、当時としては珍しくスタンダード・サイズ。ショボショボした特撮・本編に、
子ども騙しのテーマソング。内容は可もなく不可もなく・・・そういう点しか覚えていない。

スレ違いだが、飯島さん、木下プロは残念でしたね。時代とともに普通の制作会社になってしまい、
金妻あたりで完全に木下恵介色を払拭、時代と寝る経営者/プロデューサーとしては優秀な判断
なのでしょうが、所詮はポリシーのないTV屋さんか、と思ったのも事実です。

ドリマックスになり、どうされているのでしょう・・・?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/06 18:08:02 ID:+YGIBpzz
せめて ガキの頃の記憶だけでモノ言うなよw

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/06 21:05:13 ID:gmsN4avI
>>6
どこを見てたんだ・・・
キミの目は節穴だな。 同時期の東宝特撮映画(ゴジラ含む)より
はるかに出来が良かっただろうが。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/08 10:35:25 ID:5EFnXvbb
要するに>>6
「『俺様が尊敬してやまない木下大監督の創設なさった会社をなんて事しゃがんだゴルァ』
という具合にアンチ飯島化した木下ヲタ」 という事でいいんだな。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/08 11:02:12 ID:I4YUJ7MJ
ガメラ=大映に対するアンチテーゼ

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/09 00:23:23 ID:0am1VkJ5
懐かしい!子供の頃の記憶だけで書いて申し訳ないが、
確か、犬塚弘が出ていたように思う。どちらかと言えば
ファンタジーで、人間を使った特撮が新鮮だった。

もう一度見たいねぇ。併映の『パンダコパンダ』はレコード
買ったしなぁ。あの頃は毎日楽しかったな。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/09 01:32:17 ID:0iyve3cI
円谷の10周年企画の中でもかなりの良作だよね。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/09 22:49:37 ID:4efTSc4G
記憶が曖昧なんだけど、小林昭二の『あなた、わたし、ともだちね…』とダイゴロウに話し掛けるシーンで爆笑した思い出がある。
おおらかだったなぁ。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/10 00:43:49 ID:p/a2Yop1
> 小林昭二の『あなた、わたし、ともだちね…』

飯島監督の「ウルトラマン」1本目のバルタン星人編にも同じセリフがあるんだよね。
『あなた、わたし、ともだちね…』ってね。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/10 19:16:46 ID:oF94UVZo
この映画好きだなあ。
おっさんになって観てみると、この性善説の世界がまぶしい…。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/12 21:50:43 ID:5mDt66FR
>>14
鋭いね

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/13 23:04:53 ID:+nvv/7eP
がんばれーダイゴロウ〜 今戦うときがきた〜

何故10周年記念作品は主題歌が4つのうち3つ
が子門だったのか?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/16 17:42:59 ID:QeM5mgqd
>>17
何か問題がありますか?。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/16 18:48:46 ID:4nX4C+Nu
南伸介の芸風が見れる貴重な映画だよ
ダメ親父、ヤスジのメッタガキ講座、そしてこの映画
珠玉の作品群ですね

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/16 22:47:39 ID:lBHohzwR
三波伸介な

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 23:07:22 ID:8+Vp37jt
晩年は嫌味な親父役が多かった小坂一也だが、この映画で演じたような
やさしい男も捨て難い。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/18 00:58:53 ID:VNzy7Ty0
>>17
円谷の社員だったから。

23 :どこの誰かは知らないけれど:05/01/20 20:03:21 ID:YUSa5XRI
谷あきら

24 :どこの誰かは知らないけれど:05/01/23 11:43:37 ID:4pm2cTMq
>>21
つーか、人気歌手だった小坂一也は、元々はこの手の善人役の方が多かったのでは?


25 :名無しより愛をこめて:05/02/01 18:53:46 ID:6YeWLSIK
素敵だよぅ〜

26 :怪獣きちがい:05/02/01 21:47:07 ID:m1AXAejx
 当時東宝の怪獣モノが低迷してた時、この映画を観て元気が出たね。
『やった!これで怪獣映画が復活するぞ』と思った。

27 :名無しより愛をこめて :05/02/02 23:50:55 ID:Dyaj0SMl
ゴリアスはアイアンキングでマラソン怪獣カプリゴン
にリサイクルされました

28 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/03 13:04:55 ID:MGpV/L1I
当時の感想


「あんなデカい水洗トイレ、どうやって作ったんだろう…」

29 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/04 19:05:20 ID:DWVLJ5XZ
映画館で観たとき トイレには笑ったよ

30 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/04 21:36:24 ID:Bgsc+52g
こういう怪獣映画は2度と作られないだろうね。

雰囲気もいいし、できもいい映画なんだけどなぁ

31 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/06 14:03:25 ID:S+zN7T/J
なぜか、この映画をビデオで見るとき一緒に南海の大決闘も見た。
南海は怪獣のリアルな表現が売りであったのだが、実際にはこっち
の方がリアルな生物表現で勝っていると思った。
あと、南海は怪獣3(4)匹がどれでも良いようなキャラの薄さで
その点でもそれぞれのキャラが立ってるこっちに軍配が上がると思った。

32 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/06 15:29:52 ID:kSJ1Ywtq
冒頭のダイゴロウのお母さんが死ぬところ
レイプシーンに見えて映画館の暗闇でチンポたってたのは
墓場までもっていく俺の秘密です


33 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/06 17:47:00 ID:J0vocl7m
>>32は公衆の面前に於いて自己の肛門を公開するに等しい行為をしてしまった…
。・゚・( ノД`)・゚・。

34 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/06 18:29:33 ID:5IKQKQzt
>>32は 自分の母親の死に際にも勃起しているんだろ。

人知れず朽ちてしまえ

35 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/08 13:26:53 ID://4QXmk3
>>32-34

問題は、公開当時いくつだったかって事だな


36 :どこの誰かは知らないけれど:05/02/09 20:05:08 ID:Ag6d6/Sw
人生色々

37 :どこの誰かは知らないけれど:05/03/04 00:08:12 ID:+el47KyZ
この映画大好き


うちでかってたミドリガメにダイゴロウって名付けたっけなぁ(※2002年頃)

38 :どこの誰かは知らないけれど:05/03/04 00:14:08 ID:+uettsaC
そもそも怪獣に人名つけるって事自体斬新だったね。
子連れ狼から来てると思うんだけど。

って書いてて「五郎とゴロー」思い出した

39 :どこの誰かは知らないけれど:2005/03/25(金) 00:10:14 ID:vY7V1Iym
犬塚弘がいいね。
代表作なのかな?

40 :どこの誰かは知らないけれど:昭和80年,2005/04/03(日) 06:15:53 ID:BTVm6GQQ
三波の役ってホントはハナ肇あたりにやらせたかったんじゃないのかなあ。
馬鹿シリーズのキャラに近いじゃん。犬塚もでてるし。

41 :どこの誰かは知らないけれど:昭和80年,2005/04/03(日) 21:44:41 ID:5jhGFvT2
ダメな奴が頑張って最後に勝つという王道ファンタジーだ。
当方オッサンだが泣ける映画だと思うよ。

42 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/05(木) 00:23:27 ID:RsmrztfW
当時、小学館の学年誌に山根あおおに氏が「がんばれ!ロボコン」風な漫画でずっと
連載してたんだが、それが突然円谷で実写怪獣映画になったんでビックラこいたw

43 :名無しより愛をこめて:2005/05/05(木) 07:26:39 ID:M1tCMHCA
桜井妙子も出てたの?

44 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/05(木) 23:48:52 ID:QpSFYuQi
漫画はグズラの板井れんたろうではなかったか?

45 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/14(土) 14:21:46 ID:yv/kfXnr
 この時メインは何?「ゴジラ電撃大作戦」だったっけ?

46 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/28(土) 19:39:53 ID:iFnUF7e1
ウルトラマンタロウにつながる、擬人化された怪獣によるおちゃらけ作品。


47 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/28(土) 21:51:28 ID:r0hDv21h
あたまが悪くて硬いとそう見えるんだろうなってのは想像できるなぁ・・・

初期ウルトラの柱の一つ飯島監督の正統ウルトラの系譜に位置する映画なのにね。

「ウルトラQ」の劇場版と要っても差し支えの無い雰囲気すらあるのに

48 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/30(月) 13:19:23 ID:skOH4zdL
>>46はガンダムとかエヴァ的な世界が好きなんだろうな。
極論すればザンボット3とか…

49 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/03(金) 14:33:39 ID:98KLYevL
それもまた偏った意見ですね。あなたの嫌いな物を並べてるだけでしょう。
相手の心の狭さを指摘すんのに自分の心の狭さをみせてどうすんの。

50 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/03(金) 21:33:36 ID:xFPWwvCC
これ、よく出来た作品だと思う。
最終決戦のセットに「墓」を置いたのはいまだに理解できないが

51 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/06(月) 07:50:02 ID:bsTj0aZS
46に気持ちは同意だ。
ザンボットなんか好きな奴はキモオタが多いからな。

52 :51:2005/06/06(月) 07:55:56 ID:bsTj0aZS
ごめん。46じゃなくて48に同意だ。
当時普通目の奴はコン・バトラーとかボルテスあたりを見てた。
ザンボットにハマってたやつはキモオタ予備軍ども。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)