5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

超名作『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』

1 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/18(月) 14:37:27 ID:CtYAhq3g
ミニラ超可愛くね?
それに比べて息子ゴジぶっさー

クモンガとカマキラスの超クオリティにも注目
出演者も超豪華だ

2 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/18(月) 15:10:10 ID:esE6SyCf
リトルゴジラは可愛いぞ

3 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/18(月) 19:43:58 ID:py75Av9F
色彩設計が見事…
あの人工的な発色は、意図したものだよね…?

4 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/18(月) 20:03:31 ID:McunQD1l


ヒステリックな土屋嘉男にワロタ

5 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/19(火) 14:03:58 ID:sBul93ds
この映画の人工気象実験の伏線が
VSモスラの古代文明の設定に生かされてるね!

つまり平成ゴジラ世界のいう古代文明とは
昭和ゴジラ世界の時代だったということなんだ!

(嘘』

6 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/19(火) 19:45:50 ID:UzfZukAa
冷凍ゾンデ

7 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/19(火) 20:26:32 ID:Cx0E0+t3
結局、あの島をメチャメチャにしたのは高島忠夫なんだよな

8 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/19(火) 21:07:40 ID:3WwwJm7a
みどころは、サエコの衣装とナイスバディだ。


9 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/19(火) 21:11:52 ID:UzfZukAa
くそーマイク真木め!

10 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/19(火) 21:38:29 ID:yzy1TDfF
そこどけ!

きちゃだめ


11 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/20(水) 02:04:46 ID:045IpTeU
怪獣映画だというのに、あの緊張感のない
のんきなテーマ曲は何じゃらほい?


12 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/20(水) 10:49:08 ID:xTcmxPCL
>>11
あの主題曲とカマキラス&クモンガのグロ具合いのギャップが子供心への恐怖感を倍増させてる。

13 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/20(水) 10:50:39 ID:xTcmxPCL
連書きスマソ

あの主題曲が好きで着メロにしてるよw

14 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/20(水) 17:58:02 ID:OMpyfkFe
>>10
それは南海の大決闘の予告篇ネタですから!残念!

15 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/20(水) 21:23:35 ID:GIdnGYv/
>>11
佐藤勝さんの曲だったね。

たしかに、この作品に伊福部明さんの曲は合わんな。

16 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/20(水) 21:27:44 ID:GIdnGYv/
いかん、明じゃなくて昭だった。

17 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/20(水) 22:54:35 ID:pJnNGgeY

(´-`).。oO(怪獣にも教育ママっているんだな)

18 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/21(木) 10:06:16 ID:818J14C0
怪獣の教育ママ=ママゴン
怪獣の教育パパ=息子ゴジ

19 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/22(金) 02:32:35 ID:ykNlqjuz
当時リアルで見た人に聞きたいんだがミニラってどう思いました?

20 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/22(金) 07:04:31 ID:CfGeiZvv
ミニラより、中の人がどーなってるかと思った

ヒューイ、デューイ、リューイみたいな

21 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/22(金) 15:05:40 ID:EGltM1AB
>>19
母親に連れられて劇場でちゃんと観ましたぞ。
まだ6歳くらいだったから親ゴジラに似ているとか似てないとかってことはあまり考えなかったね。
すんなり受け入れていましたよ。
マルサンのミニラソフビを買ってもらったし。

>>20
小人のマーちゃんという名前の役者さんが入っていたらしい。


22 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/22(金) 19:56:03 ID:XLDyYnlH
>>20>>19へのレスだろ。

23 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/23(土) 07:17:17 ID:QLd9kGHU
>小人のマーちゃんという名前の役者さんが入っていたらしい。

「仲良くしましょう」が口癖のいい人だそうですね

「一から十までやり直して・・・」


24 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/23(土) 23:38:06 ID:ofkLVVgY
ミニラは正直キモかった
子供心にショックで見る気がわかなかった

大人になって見てみた。
最後のシーン泣けた。
ミニラは動く画像でみると多少マシになった。

25 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/24(日) 04:32:40 ID:Lh7vEhGm
その当時は子供向けに作った映画だったのかもしれないけど
今の時代に見ると子供を持つ親向けの映画として感動を呼ぶ映画かなと。

どうでもいいけどカマキラスが最初から2m大で
気象実験の失敗でさらに巨大化するって無理ありすぎ。

26 :怪獣きちがい:2005/04/24(日) 10:25:16 ID:QFQWHgxp
リアルタイムで観た当時は、
『円谷様の新作東宝怪獣映画』ってな感じで、どんなことでも素直に受け入れてた。
カマキラスだクモンガだ、へー、ミニラか、お、ゴジラの顔が変った、何か考えがあってのことだろう。
『とにかく「おかみ」のやることには間違いはねえだ』
夏休みと、冬休みの最高のイベントだし、いつも最高に楽しませてくれる。

時が流れ、今、新作「ゴジラ」を観るときの気持は『やつら、又へたなことやってるんじゃねーだろうな?』

27 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/24(日) 10:25:41 ID:du62pdZ4
2mカマキラス 充分コワかった。大きくなったら
かえってボケが目立つようになった

28 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/24(日) 10:34:31 ID:A2bH8gQ7
>マルサンのミニラ

全身にプツプツのモールドが施され気持ち悪かった。
さらにオリジナルとは似ても似つかないサイケな色彩が拍車をかけていた。

29 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/24(日) 13:28:54 ID:SEZKnUUb
クモンガの毒針痛そう

30 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/24(日) 13:53:49 ID:wnnNORN+
クモンガの操演はやっぱ神でしょう。GFWのクモンガ見たとき有川の偉大さを思い知った。

31 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/24(日) 15:10:15 ID:A2bH8gQ7
クモンガの動きに加えて、鳴き声と動くときの擬音も不気味でいいですよね。

32 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/24(日) 15:46:25 ID:1gZ3kaSQ
ミニラ可愛いよな。漏れは5回観に行った。

33 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/24(日) 21:07:56 ID:/N75Rnkt

この映画のおかげで、ジャイアントスパイダー物の映画は
総てお笑いモンスター映画に分類されてしまうのだった

34 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/25(月) 21:22:32 ID:3lF0sNVH
もっと前からあったんじゃないの?これが元祖?

35 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/25(月) 21:26:16 ID:0Bb/8npb
なわけない

36 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/26(火) 14:09:48 ID:SfRcv+YD
この映画アンギラス出てたっけ?

37 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/26(火) 15:47:08 ID:5Zkc5Snt
>>36
出てないよ。
オールの方じゃない?

38 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/26(火) 21:11:01 ID:yCEkV19d
アンギーが復活する前年の映画だね。

39 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/27(水) 00:21:02 ID:jjqTHdyK
>>28
私の記憶だと、マルサンのミニラは緑色をしていて
他の東宝怪獣より2回りくらい小さかったんですよ。
値段も他が350円だったのに、ミニラは200円くらいだったと思います。
体のブツブツもそんなに酷く、当時の私の許容範囲だと思います。

酷くなったのはブルマァク製の新規金型分からじゃなかったでしたっけ?
先月大人買いしたブルマァク伝説2に赤いミニラが入ってましたが、
ゴジラと並べるとそれはもう壮絶な気色悪さを発散しますね。


40 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/27(水) 04:31:56 ID:lpYizjJ9
カマキラスの腕が人間たちのところに吹っ飛ばされてくる合成ショット、よし。

41 :36:2005/04/27(水) 13:55:59 ID:W6r+xP7s
>>37
>>38
あー、そうだった
怪獣島といえばアンギラスを連想してしまう。

42 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/27(水) 20:22:15 ID:CFP9qvD6
マルサンのミニラ
http://vinylkaiju.com/maruminira.htm
ブルマァクのミニラ
http://vinylkaiju.com/bullminira.htm

43 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/27(水) 20:32:47 ID:LHjRwWbQ
DVDで久ぶりに観たが、よく出来た映画だったんですね。
完璧なジュブナイルといっていいんじゃないでしょうか。

44 :怪獣きちがい:2005/04/28(木) 18:14:33 ID:jLmodFSs
この映画のエンディングは美しくて実に良い雰囲気。曲も良いし、、、「これでゴジラシリーズはおしまい」みたいな印象さえ受ける。
ある情報では、この映画でゴジラシリーズを終らせる予定だったものが、やっぱ、最後にサービスで今まで出た怪獣を総登場させた映画を制作して、それで最後にしようということになった。
ところがその映画「怪獣総進撃」これが予想以上のヒット。
・・・で、現在に至る。

45 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/28(木) 21:16:24 ID:OnpZeP+M
>>44
現在に至るまで、はしょりすぎだろう(w
メカゴジラの逆襲で怪獣映画そのものがなくなって、
84年に復活するまでの9年間はかなりのブランクだよ。

46 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/28(木) 21:23:57 ID:HTDo5+QL
スターウォーズの大ヒットの影響が大きいな。
怪獣は陳腐、怪獣は子供騙し、怪獣は時代遅れって空気がそのころはあった。

47 :釈迦厨:2005/04/28(木) 21:39:28 ID:ramxd7lC
>>46
日本特撮暗黒の時代な。
SF作家や石上三登志とか井口健二とかがスターウォーズブームに乗っかって邦画特撮を
貶める発言を各所で調子に乗って発言しまくってた時代。
しかし1984年のさよならジュピター公開によって彼らは逆に世間の笑いものとなる羽目に
なる。
しかし「大特撮」に見られる様に国産特撮の熱心なファン達はコツコツ過去の邦画特撮の名作
を発掘、紹介していた。釈迦等の大映京都の大作も大映倒産後は再映の機会もあまり無く
埋もれたままであったろう。



48 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/28(木) 21:45:54 ID:O0Y7g9J7
当時の朝日ソノラマの果たした役割は大きい

49 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/28(木) 21:52:26 ID:FowVDlD9
微妙にすれ違い

50 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/28(木) 23:07:58 ID:inu2Bg0L
>怪獣は陳腐、怪獣は子供騙し、怪獣は時代遅れって空気がそのころはあった。

そんなこた、スターウォーズが出来る何年も前から言われてたよ


51 :釈迦厨:2005/04/28(木) 23:17:09 ID:DWAW//AQ
>>50
確かに2001年宇宙の旅が世に出てからよく言われてたがそれはSFマガジン等の
SFヲタ向けメデイアの中に限定されてた感が強い。

SFヲタが一般メデイアに対して日本の特撮はちゃちい、子供騙し、幼児向け等と
力説が目立つ様になったのはスターウォーズ辺りから。


52 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/28(木) 23:32:20 ID:sg6878Y5
>>51
もしもし。
何かとの比較じゃなくて、
怪獣モノそれ自体が世間では幼稚とか言われてたんですよ。
2001年より前からですってば。


53 :釈迦厨:2005/04/28(木) 23:38:00 ID:DWAW//AQ
>>52
それは海外日本を問わずSFとか怪獣とかのジャンルが一括りにされて蔑まれてた時代の話だろ。
禁断の惑星でさえ公開当時は年配の映画評論家に子供騙し呼ばわりされてたし。

54 :釈迦厨:2005/04/28(木) 23:51:30 ID:DWAW//AQ
でもって彼ら(SF作家や石上三登志とか井口健二)が日本の特撮、怪獣映画を貶める
時の格好の代表例にされたりしたのがこの『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』
辺りな訳ですよ。

でもって日本の特撮怪獣ヲタも初ゴジ崇拝、信者の全盛期だった訳で
この作品もトカゲの尻尾切り的なニュアンスで酷評してた。

ところが現在の目でこの作品見返すと非常によく出来てて面白いんだけど。

55 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 00:13:41 ID:Iy6kb+WR
だからさあ、ここはゴジラの息子という映画作品を語るスレであって
あんたの持論を垂れ流す場じゃねえんだよ。
チラシの裏にでもかい(ry

56 :釈迦厨:2005/04/29(金) 00:14:59 ID:nJH/HaaE
はーい(ry


57 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 00:15:26 ID:o4bYqbDa
>非常によく出来てて面白いんだけど。

それにはかなり激しく同意。
ミニラのデザインで相当損している気もする。

58 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 00:52:37 ID:wVXlDqtd

こんぴゅうたあ こんぴゅうたあ 応答せよ

59 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 08:25:37 ID:c1uJood0
子供の頃(メカ逆終了後3年くらい?)ケイブン社のゴジラ大百科とかで見た時
ミニラかわいいと思ったよ。単にゴジラをミニサイズにしただけじゃない所が良いし。

で、いわゆる「ゴジラは悪じゃなきゃいけない」論がはびこってた頃
ミニラが酷評されてたのは意外だった。
リアルタイムで映画見てた世代にとってもミニラ評判悪いみたいな記事も載ってて
なんかいまいち釈然としなかった覚えがある。えー可愛いじゃんとか思って。


60 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 10:14:25 ID:36RmRpzW
「ゴジラとキングコング、どっちが勝った」ってケンカしていたタイプの
子どもと「ミニラかわいいな」と思うタイプの子は異なるからね。
で、ミニラの演出はお見事だと思うよ。これ以上ないレベル。

61 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 12:18:59 ID:3EaKtnLt
ミニラの仕草を見てストレートに感情移入できた
あの汚れない頃の自分が懐かしい・・

62 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 14:01:09 ID:36RmRpzW
っていうか年取ってから感心した。

63 :怪獣きちがい:2005/04/29(金) 22:45:59 ID:qNlw277V
「カマキラスだっ!!」
♪ボンパン ぱんぱっぱん♪

64 :怪獣きちがい:2005/04/29(金) 22:47:38 ID:qNlw277V
あー、また劇場で観たーい

65 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/30(土) 18:54:49 ID:a7U7kj9M
同時上映は舟木一夫の「センチメンタルボーイ」
舟木さんはケーキ職人の役だった。
なぜか、それだけは覚えている47歳の俺。

♪夢をあげーよー 夢をあげーよー

66 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/30(土) 19:26:55 ID:hcwW5qS/
>>65
「センチメンタルボーイ 君に幸福を」、内藤洋子がかわいかった。
舟木=内藤コンビのアイドル映画と怪獣映画の二本立て。
若者向けというかティーンエイジャー向けの番組だったんでしょうね。
この頃はまだ怪獣映画を見る若者たちもいた、ということで。

「センチメンタルボーイ」、5月21日に浅草東宝のオールナイトでやりますよ。


67 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/30(土) 20:43:54 ID:jv2ayg1b
福田監督の島ものはゴジラシリーズでは外伝的扱いなんだろうが
後のジリ貧ゴジラと決定的に違うのは久保、平田、土屋、高島といった
正統派東宝特撮俳優の顔。エビラも宝田、平田、田崎が居てこそ。
怪獣ものは怪獣が勿論主役だが、やっぱ彼らの顔がないと雰囲気が出ないんだな。

68 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/30(土) 21:00:16 ID:S3f3Eowy
でもなんつーか高島忠夫がゴジラ映画で主演の時っていっつも微妙。
正統派ヒーローでもないしイッちゃってる科学者でもないし
主役なのか脇役なのかよくわからん。

69 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/30(土) 22:08:11 ID:a7U7kj9M
>>68
おまけに暗いキャラだし

70 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/01(日) 00:14:27 ID:WPGyGHGm
高島忠夫といえば、坊ちゃんシリーズ

71 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/01(日) 15:50:06 ID:u2/8FZFH
海外ロケはグアムだかハワイだかでやったんだっけ。
飛行機嫌いの高島忠夫が引き受ける条件として、絶対に飛行機に乗らないということで、
現地では高島だけロングショットの吹き替えで処理された。

72 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/01(日) 19:40:24 ID:/C9Np6z7
>>65-66
スレちがいだが、なつかしい。もの心ついた頃に見たので、題名を
知らなかった。ケーキにかざるチェリーが妙に美味そうだった。
この映画が、自分のケーキ好きの原点だったのだと思う。

73 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/02(月) 20:32:24 ID:TWDtTrt1
カマキラスは弱いけどあの野生ぽい感じがかっこいい〜
フィギュアが欲しい

74 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/02(月) 21:00:27 ID:FmSqryHH
>>73
バンダイのはあまり出来が良くなかったど。

75 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/03(火) 14:04:43 ID:Q8bK+b2Z
考えてみればこの映画の怪獣って一番生物感に溢れてるよね。リアル路線というか。
ミニラが誕生するシーンとかも。
今までだとラドンとかモスラとかギドラとか生物というより兵器だからねえ。

南海のエビラや大コンドルもそうだけど。

76 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/03(火) 17:35:23 ID:2DC9R60L
でもミニラ、生まれたときから母子家庭?

77 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/03(火) 20:30:47 ID:fl8WsUPG
ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラ、キングコングとかは
一種のファンタジーで成立するキャラだからな。神様みたいな存在っていうか。
息子や南海のきもちわるい怪獣達ははそれまでのやつらと違って
よりリアルな生物としての怪獣を産もう、差別化よう、という意図を感じるね。

78 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/03(火) 21:47:37 ID:YxOhTAc4
>76
ゴジラは♀なの?

79 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/04(水) 01:01:10 ID:yjypBl0/
操演怪獣の出来がいいんだな
生まれたてのミニラ含めて。

80 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/04(水) 01:22:49 ID:cQXq5t/g
>>76
もう一回本編見れ。
父子家庭だから

81 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/04(水) 03:18:20 ID:r3lKuJ+y
「教育ママ、じゃない、教育パパか」

82 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/04(水) 03:27:34 ID:T8p+y2Ry
でもそれは人間が勝手に雄だと思ってるだけという可能性も

83 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/04(水) 09:39:13 ID:+YqIXdb9
やっぱり
ビバリでしょー、今見ても逝けてる

84 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/04(水) 10:41:15 ID:pbOQKbTy
>>77
で、集大成が「決戦!南海の大怪獣」
南海のイメージにそぐわないジメジメ感があった。

85 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/04(水) 16:31:57 ID:EhhfhYZv
南海の大怪獣は見てくれはまあまあなんだが冷凍怪獣だのアメーバだのの設定がちょっと萎え。
単なる巨大生物では時代的に受け入れられなかったのかね。

86 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/04(水) 19:09:20 ID:O4Q9Ri0B
烏賊のお化け。烏賊くさい。

87 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/04(水) 19:18:18 ID:uDo46jHi
コンドルが壁にめりコンドル



88 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/05(木) 00:25:32 ID:zGdz/7qq
>>82
だって、ミニラがゴジラの事をパパーって呼んでるじゃんか。

89 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/05(木) 01:14:02 ID:SizOOmbG
映画冒頭でゴジラを発見する飛行機の乗組員はドクター・フーの
一味


90 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/05(木) 04:16:06 ID:eIyzA6GM
>>89
黒部進も劇場映画の方では、あの程度の扱いか。
西條康彦も・・・。

91 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/07(土) 14:11:17 ID:AGteyO5X
あの人たちは所詮テレビ役者なんだな

92 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/07(土) 16:27:12 ID:9IaF3QkC
スレ違いになるかも知れんが…確か30年程前だったろうか、クイズダービーに
レギュラー出演してた時のガッツ石松が、「ゴジラの息子の名前は何と言うでしょう?」
との問題に、ガッツが「ゴジラコ」と答えてたのを今でもはっきり憶えている。

93 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/07(土) 17:10:43 ID:lBfkvtIN
>>92
warata

94 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/08(日) 15:25:50 ID:VdaWoWaI
>所詮テレビ役者なんだな

えーっ!?


95 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/08(日) 16:36:10 ID:02KOeUAy
>クイズダービーにレギュラー出演してた時のガッツ石松

してたっけ? いつ頃?
俺が覚えてんので一番古いのは篠沢教授・うつみみどり・はらたいら・竹下景子の頃だなあ。

96 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/08(日) 21:01:50 ID:YF3AJPHD
>>95
初期、詰まり75、6年頃。因みにその当時のレギュラー陣は…
故鈴木教授・五月みどり・黒鉄ヒロシ・萩尾みどり・ガッツ石松だった。

97 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/09(月) 14:36:23 ID:Rbg5eoKS
カマキラスのやられっぷりがたまらん

98 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/09(月) 14:46:58 ID:VWzqHd+k
カマキラスの羽、よく燃える。風呂の焚きつけにお勧め。

99 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/10(火) 10:34:10 ID:Emf5ekTT
あれは燃えすぎだよなw
とばっちりうけたし。

100 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/11(水) 23:02:13 ID:50mLBMS5
100get!

101 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/17(火) 12:56:27 ID:MbHuFvxm
ミニラ好きな女の子いる?

102 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/17(火) 14:15:02 ID:zBmaOtZr
巨大化する前のカマキラスの方が恐い

103 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/17(火) 22:24:44 ID:exZZI3oL
>>102
たしかに。
あのサイズで『カマキラス』って映画一本作ってもらいたいわ。


104 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/17(火) 22:49:38 ID:LgcLqiYh
結局パリに現れたのはゴロザウルスなのかバラゴンなのか

105 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/17(火) 23:56:17 ID:R0ldq5+V
>>103
ヒットはしないだろうねえ・・・・

>>104
パリ通信員の報道によると「地底怪獣」ゴロザウルスらしい

106 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 01:36:50 ID:yPqBz+jE
>>104
「結局」はいいけど、なんでこのスレで聞くの?

107 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 15:27:43 ID:v3hTc039
金子監督の娘さんはカマキラスが好きらしい。

108 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/18(水) 18:53:19 ID:vyclku4M
へんなヤツ!

109 :怪獣きちがい:2005/05/18(水) 22:40:09 ID:13dpoETs
>>104
ゴロザウルスで、しかもギニョール(人が手を入れて動かす式の)

カマキラスは当時一番好きな怪獣だった。
作りましたよ、紙粘土と針金とパラフィン紙の羽で、糸でつってうごかすやつを。
体長80センチ、スキがあって、母親に捨てられてしまって今は無い。
良い出来だったのに、、、、その写真は朝日ソノラマのあの季刊「宇宙船」に投稿し「ジオラマコーナー」に載ったことありますよ。


110 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/19(木) 14:08:34 ID:rjzevXzb
カマキラス=ライダーの戦闘員

111 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/19(木) 17:13:04 ID:DZ1d2Gg8
つまりフランス人は怪獣の名を知らなかったってことなんだな

112 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 04:59:53 ID:1uICPR3d
Q4-938

『怪獣総進撃』
「パリに地底怪獣出現!」と聞いて、てっきりバラゴンかと思いきや、ゴロザウルスが凱旋門を崩して現れたとき、劇場の床に倒れた児童は僕一人では無いでしょう。一体ゴロザウルスは、あの貧弱な前足をどのように駆使して、地底を掘り進んで来たのでしょうか?
939

パリには実はバラゴンとゴロザウルスの二体が出現しました。先に出てきたバラゴンの掘った穴を通ってゴロザウルスが出現したので、ゴロザウルスは地底を掘り進んでなどいません。
ちなみに何故画面にバラゴンが出ないかといいますと、バラゴンの出てくるシーンで目立ちたがりやの親父が全裸でカメラに向かって手を振ったので、その場面がカットされたというわけです。
941
そのあとオヤジはバラゴンに食われ、その映像の残酷ぶりにますます放映しにくくなりました。



113 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 16:07:20 ID:RUkJGpnH
東宝特撮にノーチラス型の潜水艦が出てきたのはこの映画だけかな?

114 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/23(月) 00:29:04 ID:Ag4LfyQc
>>111
もしイタリアだったらフランケンシュタインと呼ばれかねない

115 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/25(水) 18:47:02 ID:VdzFhblh
前田美波里の話題をしちゃいけませんか。



116 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/25(水) 19:08:57 ID:r3//zuJK
どうぞ

117 :115:2005/05/25(水) 21:38:14 ID:VdzFhblh
では。
サエコ、とんでもないナイスバディーでしたな。
衣装も斬新でした。


118 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/25(水) 23:54:57 ID:LHwgtKFH
前田美波里はこの映画が米国で公開されたのがきっかけで父親と再会できた
(彼女の父親は進駐軍の兵士で講和後帰国してしまった)のでこの作品には
感謝してるそうだ。

119 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/26(木) 12:48:26 ID:NJwRuHJO
かあちゃん、進駐軍相手に接待したんだな。

120 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/26(木) 15:17:40 ID:Z+JUGe0I
そんな裏話があるなんて
ゴジラすげーな

121 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/26(木) 18:27:47 ID:oB/XiTAp
資生堂かどっかのCMモデルだったっけ?

122 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/26(木) 18:55:29 ID:lixm33Vc
これはみんな知ってるよな…
白木みのるがミニラのモデルだってこと。

123 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/26(木) 21:27:12 ID:oB/XiTAp
「おそ松くん」のチビ太がモデルじゃなかったのか。

アメリカではETと茶化されていた。

124 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/26(木) 21:29:37 ID:YUwdDQIf
江利チエミじゃないのか…

125 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/27(金) 17:00:42 ID:CtFCBNc+
WWEにメカクモンガが出てくるの知ってる?

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)