5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【メカニコング】キングコングの逆襲【Dr・フー】

1 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/21(木) 09:21:21 ID:jEBCVpd2
「骸骨の様に痩せて…ドブネズミの様な目をした悪魔が…
コングをさらって大空へ舞い上がったと言うんだ…。」

1967年7月22日公開・東宝創立35周年記念作品
「キングコングの逆襲」を語って下さい。

2 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/21(木) 10:07:25 ID:818J14C0
モンド島にはゴロザウルスと海蛇だけじゃなくて
もっと恐竜怪獣を出して欲しかった

3 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/21(木) 11:52:09 ID:i90c+sfy
東宝の公式出版物じゃ、メカニもコングも写真出せなくなってるんだよな・・・・

4 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/21(木) 12:38:32 ID:sMhbAkNx
メカニコングの金属的な鳴き声?が好きだなぁ

5 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/21(木) 12:48:42 ID:rMu2IY+9
「メカ××」の元祖ってなんだろうと思い、ちょいと調べてみた。
特撮系だと67年の「メカニコング」が最初のようだ。
漫画まで含めると66年の「墓場の鬼太郎」の「大海獣」編に出てきた「鉄の大海獣」が早い。
ただ、映画は公開よりずっと前から作成しているし、水木しげる先生が雑誌の編集あたりから「キングコングの逆襲」の企画を聞いていた可能性もある。
結局、元祖は「メカニコング」と「鉄の大海獣」の二体という感じか。


6 : :2005/04/21(木) 13:30:16 ID:PtmPynTi
コングが村田英雄みたいでヤダ。

7 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/21(木) 13:33:37 ID:VV0XxIBu
なべやかんが所有してるコング着ぐるみの頭部って本作のだっけ?

8 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/21(木) 14:15:02 ID:723wSSDG
このスレを見つけた君、騙されたと思ってこのスレを開いてみてくれ
http://ex10.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1114056477/

9 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/21(木) 16:44:15 ID:evarnj3E
>>8
氏ね。

10 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/21(木) 20:04:46 ID:UqI9TEkS
天本フーの死に様はよかった。
グウェー!グウェー!

11 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/21(木) 21:32:00 ID:iejZW6lg
>>10
あれは何度見返しても痛そうだ。
船が傾くたびに重そうなテーブルごと滑っていって壁に叩きつけられるんだもんな。
水しぶきを浴びながら口から血を吐くドクター・フーが気の毒になってくる。
ま、それなりの悪行を働いてきたんだろうから、その報いなんだろうけど。

> グウェー!グウェー!

あのシーンの声ってそう聞こえるね。痛そうな上に苦しそう。

12 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/22(金) 09:49:38 ID:6J89w6jb
ネルソンとフーは昔馴染みのようだが、どういう関係だったのか劇中で
語られてないね。多分フーも元・国連科学委員会の一員だったんだろうけど、
大学の同級生とかでネルソン(若大将)フー(青大将)なんて関係を想像
してみるのも楽しいね(^^)あとマダム・ピラニアの国も、
「君は日本人でも中国人でもない、タイ?ベトナム?ビルマ?」
だとしたら多分、肥大なる将軍様の国なんだろうな・・・・

13 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/22(金) 11:12:29 ID:Uo/hHQEA
子供のときはメカキングコングだと思ってた

14 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/22(金) 12:05:10 ID:ifaYc1gY
特技監督・円谷英二にとっては
巨大怪獣モノを扱う特撮映画では最後の作品なんだよなぁ…。
のっけからエクスプロア号のアップだし
5分もすればメカニコングの格納庫からの発進シーンだし
とにかく退屈しない、サービス精神に溢れた娯楽作品でいいよなぁ。


15 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/22(金) 15:05:20 ID:VXNpkdVm
「クレしん 3分」、東京タワーからゆっくり落下してゆくとこ、
どうみてもこれのパロディというかオマージュというか。

16 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/24(日) 17:20:54 ID:2RuwL4RS
【死神博士】天本英世 記念館【フラメンコ】
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1094709719/l50
【東宝】浜三枝って(・∀・)イイ!!【007】
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1076731536/l50

17 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/25(月) 08:51:07 ID:f2W3Lx+J
ビリケン商會のメカニコングはカッコ良かった!!


18 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/25(月) 14:04:19 ID:Sm71SonO
OO7みたいな映画。娯楽作品という表現がピッタシの作品でお気に入りでつ。

19 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/25(月) 23:02:25 ID:kDxKtBCd
天本フーの「エルェメントX」の発音が好きだ。

Qのデスクもマンのハヤタもフーの子分かよ・・・。

20 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/26(火) 08:16:06 ID:+F/yf377
[DATABASE MECHANIC KONG]
ttp://www.ne.jp/asahi/paopao/wonderland/db/mkong.html

ヒロインの浜美枝&リンダ・ミラー(声/山東昭子)二人とも可愛い…。

21 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/26(火) 11:34:16 ID:qnwv+spM
>>19 初公開時は「劇場版ウルトラマン」と同時上映だったから、
「ハヤタが出てる!」とか「ハヤタが悪者になってる!」の
子供の声が映画館で聞かれたもんですよ。

22 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/26(火) 13:52:13 ID:oiYTbTU9
この映画を観て、毎日学校でドクター・フーのものまねばかりやってた。

23 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/26(火) 20:04:03 ID:HpmeQYw/
>>21
初公開のときは小学校4年生だった。
夏休みにオフクロに連れて行ってもらったなぁ・・・。
東京の「ムービー練馬」という小さな映画館だった。

24 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/26(火) 21:01:18 ID:Bja+tFuM
ドクターフーは実写版デーモン博士(エイトマン)だって
誰か言ってた。うまいねどうも。

25 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/27(水) 04:25:42 ID:lpYizjJ9
>>19
他にも「キンゴジ」パシフィック製薬の大林くん、東宝映画でよくコンビで登場する
草川直也と桐野洋雄(ケロニア)、ゴローと五郎」のエテキチ・鈴木和夫と、
ドクター・フーの一味はキャストが豪華。この人たちの顔ぶれを見ているだけで楽しめる。

>>21
同時上映の主役が、悪役の手下でチョイ役をやってたのはヘンだった。
黒部進は「緯度0大作戦」も「奇巌城の冒険」も悪役の手下だった。
というか、ハヤタが例外的だったんだろう。

>>24
出渕裕。>>22と同じようにフーの最期の物真似を、教室の机でよくやっていたという(俺もやった)。

26 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/27(水) 22:22:10 ID:uGSGlw5p
黒部進は70年代も時代劇や刑事ドラマでショボイ悪役ばかりだったな。
森次晃嗣は悪役やるにしても主犯格だったのに。

27 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/27(水) 22:39:27 ID:HHLHmePV
ジャケット写真だと、ゴロザウルスは北極かどこかでメカニやコングと戦ってたのに、
本編では序盤でアゴ外されただけだった…なんて不憫な。

28 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/28(木) 02:46:14 ID:Z8mcIy67
たしかにポスターとかの宣材を見ると、あの三大怪獣が戦う映画と解釈されちゃうよな。
しかしゴロザウルスは、この映画での「前座」の汚名を返上すべく後年の「怪獣総進撃」で大活躍します。

29 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/28(木) 12:48:29 ID:NW2Loqfz
あのキングギドラを蹴り倒しとったな。 しかも後ろから・・・

30 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/28(木) 12:58:09 ID:/d/yNW6K
ゴロサウルスが「怪獣総進撃」でパリの凱旋門の
地底から現れるのが納得がいかない…。

31 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/28(木) 16:59:35 ID:bqXEaQz1
しかもゴジラやアンギラスも地底を移動できるようになったな。
DB後半でほとんど全員空飛べるようになるっちゃうような。

32 :怪獣きちがい:2005/04/28(木) 18:29:33 ID:jLmodFSs
この映画の原作ってあれかな?
この映画の公開される少し前に日本製テレビアニメ(東京ムービー社?)「キングコング」でたしかロボットのコング(メカニコングという名だったかどうかは覚えてない。)と戦う話があったと思う。
あやつってるのは勿論ドクター・フーだが、顔は映画の天本英世と違って、スキンヘッドで丸い眼鏡をかけてて、歯をむき出してて、、、そうだ、まるでガイコツみたいな顔してたぞ!!

33 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/28(木) 20:55:28 ID:ov7CBMZM
>>32
昔絵本で持ってたよ。キングコングは、船の
錨でロボットコングを殴っていたな。
操縦席は、ロボの頭に有って、そこでハゲ博士
が操縦してたような・・・勘違いスマソ

34 :怪獣きちがい:2005/04/28(木) 22:16:23 ID:0YHRXzBk
>>33
おお!絵本であったのですか?
こちらだって、なんといっても30年以上も前の記憶のみを辿ってのこと、
あと、島の名前も「モンド島」ハゲ博士は確かにドクター・フーという名前でした。
操縦席は頭に、、、そうそう、で結局メカニコングとフー博士は我らのコングにやられちゃうんだけど、二匹が戦ったのはもちろん東京タワーではなく、エンパイヤステイトビルでもなかったような気がする。
(海の近くの大きな橋とか?)
、、、大昔に観たテレビアニメ「キングコング」を「再度熱烈に観たい!」というほどでもないが、(だって、東宝特撮の迫力映像でドーンとやったほうが断然かっこいい)当時のその辺の事情(著作権関係など)をだれか知ってる人いないかなぁ?と思う。

♪頭を雲の上に出し、キングコングがやってくる、恐くなんかないんだよー♪



35 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 00:40:47 ID:fekJoT7h
>>30
有名な話だけど、あれはバラゴンの代役。
アナウンサーも“地底怪獣”って言ってるし。
確か“ネロンガ”かなんかに流用されていて元に戻せなかったんで、
“ゴロサウルス”が代役したはず。
でも、いい仕事したよなあ。

36 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 01:04:48 ID:JEmDBgKF
>>34
33です。テレビのコングもみてたんだけど、同じく
4つくらいの頃の記憶だから・・・ね。
スフィンクス怪獣も好きだったなあ。
アニメの「メカニ」(イイ呼び名だ!)は、割にあっさり
やられちゃったと思ったけど・・・。

♪大きな山をひとまたぎ、キングコングがやって来る、逃げなくっていいんだよー

37 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 02:53:41 ID:JEmDBgKF
もし、もしですよ。総進撃の富士のすそ野に
キングコングがいたとして・・・
なんか燃えるのは(萌え)じゃない!!
俺だけでしょうか。
「さあ両雄並び立たずと古今から言い伝えられておりますが、
アンギラス戦線離脱、ラドンは衝突の衝撃によりまして同じく
戦闘不能の状態であります。ここにゴジラとキングコングによる
呉越同舟の即席の戦線が敷かれました!
キングコング、ギドラの首を押さえ込もうとして、あっ、
弾き飛ばされました!!恐るべき力、キングギドラ!
ゴジラはギドラの背後から放射能熱線のチャンスをうかがいます。
さあコングとゴジラの共同作戦やいかに!?」

38 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 11:36:51 ID:GLoOr5ok
この作品の浜美枝が一番美しい♥

39 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 15:12:35 ID:UtfbG7Sl
>>38
007に出演してから間がない頃じゃなかったかな。
たしかに美しかったね。
しかし、決して安っぽいセクシー女優にはならなかった。
東宝はやっぱり上品だな。


40 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 15:31:55 ID:UtfbG7Sl
もし水野久美さんが日活や東映の女優だったら・・・。

41 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 17:00:57 ID:8PQstsGa
あれ?大映ならハマリそうじゃん、久美様

42 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 17:24:35 ID:7Vbw+rDa
>>37
朝日ソノラマのソノシートワールドだなw

43 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 19:33:57 ID:/S4T1iM/
大映には女優をスターらしく撮れるカメラマンはいないね

44 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 19:54:39 ID:Y/WbfvkK
>>43
スターらしく、というのがよくわからんが。
大映京都では巨匠・宮川一夫を筆頭に、三隅研次と名コンビの牧浦地志、
「斬る」「新撰組始末記」「薄桜記」の本多省三から、今井ひろし、竹村康和、森田富士郎あたり。
大映東京でも増村保造とコンビの小林節夫、「黒蜥蜴」の中川芳久とか、
女性スターを美しく撮るキャメラマンはいくらでもいると思うけれど。

45 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 21:32:14 ID:/S4T1iM/
視点の違いもあるんだろうが、大映の女優って「隣のお姉さま」なんだ。
東宝はセレブで「高嶺の花」ってところ。
つかスレ違いだな。

46 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/29(金) 21:52:07 ID:Y/WbfvkK
>>45
キャメラマンの話じゃなかったの。女優の違いになってるし。
そりゃ大映には若尾文子のような「低嶺の花」もいたけれど。
東宝でも酒井和歌子や内藤洋子のような庶民的な人もいるし。
確かにスレ違いだね。もうやめとくわ。

47 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/30(土) 17:32:11 ID:4e2N3Nbq
>>36
♪大きなモノをぶらさげて、キングサイズがやって来る、逃げなくっていいんだよー
  キングサイズは友だちさ



48 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/30(土) 18:49:24 ID:a7U7kj9M
>>47
♪チビッコ光線浴びちゃって みるみるチッチャくなっちゃった

49 :ヤーレン:2005/04/30(土) 20:13:27 ID:KpNYDjdI
初めて書き込みします。「キングコングの逆襲」はあらゆる映画の中で
一番好きな作品です。脚本、特撮、音楽と、どれをとっても怪獣映画の
一つの頂点に位置する作品ではないでしょうか?前年の「サンダ対ガイラ」
のほうが人気が高いようですが、私はこの作品のほうが好きですねぇ。
 特にドクター・フーは私の大好きな俳優、天本英世さんのベストワーク
だと信じて疑いません。

50 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/30(土) 20:17:26 ID:a7U7kj9M
チェスでもやらないかね?

51 :怪獣きちがい:2005/04/30(土) 21:26:12 ID:MXd6Uof3
>>49
おお、意見が合いそうですね。

「フラバラ」「サンダ対ガイラ」「キングコングの逆襲」あたりは特撮もドラマも洗練されてきて、ちょうど良いバランスのころではなかったろうか?
ぼくの中で、東宝怪獣映画の三大名作です。
あの「怪獣ブーム」と重なる時期でもあるが、当時、円谷英二は怪獣ブームの過熱の中、『怪獣を出しさえすれば当たる』というような風潮をひどく危惧していたという。

52 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/30(土) 22:42:23 ID:FNqs0Zf6
>>49.51
円谷、本多、伊福部と特撮映画を生み育てた人たち三拍子揃った黄金時代最後の作品群といえますね。
「キング逆」惜しむらくは自衛隊の描写がチャチなこと。「照射−」などの隊員のかけ声が素人丸出
しなのが気に入らない。
キビキビとた自衛隊を描いた「キンゴコング対ゴジラ」や「サンダ対ガイラ」などとは雲泥の差なの
が悔やまれる。 
ま、本作品は自衛隊対怪獣でなく脇役なので仕方ないがあくまでも本物志向を追及して欲しかったなあ。

53 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/30(土) 23:14:12 ID:bCaC8pY3
私服のネルソンが防衛隊の偉いさんに、「制服ではありませんが、何々のネルソンです」
みたいなこと言って、その返事が、感心したような口調で「ああ、そう」
当時の日本人の白人コンプレックスなのか? 妙に間が抜けてて笑える。

54 :ヤーレン:2005/04/30(土) 23:52:44 ID:KpNYDjdI
北竜二さんですね。池田憲章さんも書いてましたが、メカニコングが
ビルを真っ二つに割って出現するシーンが最高です。浜美枝さんの
ファッションもさることながら、リンダ・ミラーの美しさも光ってました。
 この当時、天本さんは41,2歳なんですよね。とても見えん。

55 :どこの誰かは知らないけれど:2005/04/30(土) 23:58:10 ID:bCaC8pY3
マダム・ピラニアは、ネルソンたちを逃がす一連の描写で、髪型がころころ変わるね。


56 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/01(日) 00:02:36 ID:KPh14wGb
この映画、タイトルにはあるけど、どのへんが「逆襲」なんだろうな。
突っ込んではいかんところなのかもしれんが。
もちろん大好きな作品ではあるのだがなあ。

57 :ヤーレン:2005/05/01(日) 00:21:15 ID:GekVJX5Z
確かになんで「逆襲」なんだろ?といつも疑問でした。
今だったらマダム・ピラニアは絶対、北○鮮のエージェントでしょうね。

58 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/01(日) 00:27:56 ID:lqTMc30x
Drフーにいいように操られてたコングが、反旗を翻した・・・ってことか?
海外版タイトルの「キングコングの逃亡」のほうが内容に則してるかもね。

59 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/01(日) 08:45:44 ID:+tU7L1Zh
胸に2発くらって半眼で息絶える浜美枝タソ萌え。

60 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/01(日) 12:33:22 ID:m6guGAe8
>>48
禿藁

61 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/01(日) 15:34:45 ID:k8szjUl0
>>54
俺は今年で42歳だが あの味はまだ出ない。

62 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/01(日) 21:44:18 ID:2ziV6L/w
天本氏は海底軍艦の方が老け役としてはすごかった。

63 :ヤーレン:2005/05/01(日) 22:00:00 ID:VqXnhr7O
特撮本などではコングと戦ったのは「メカニコング2号機」となってるんです
よね。私はてっきり回収した1号機だとばかり思ってました。でも、だったら
なんでそれでエレメントX掘らなかったんだろ?わざわざコングをさらって
くる必要なかったじゃん。

64 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/01(日) 22:34:01 ID:lqTMc30x
エレメント]は強力な放射能を帯びていて、1号はそれにやられた・・・
至急対策を講じた2号を用意して・・・ というところで、マダム・ピラニアは愛想を尽かし帰国寸前。
慌てたフーは、必死に引き止め、生身のコングならそれに十分耐えるから、2号をコング捕獲に向かわせた

観てたら分かるじゃん!

65 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/01(日) 22:35:47 ID:lqTMc30x
あ、2号を捕獲に向かわせたのは、「コングの逃亡」の後でね

66 :ヤーレン:2005/05/01(日) 23:17:40 ID:VqXnhr7O
2号機はエレメントXの磁気には大丈夫なように作ったのかな?
2台あるなら東京でコングの捕獲の際両方持ってったほうが良かったろうに...。

67 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/01(日) 23:20:47 ID:a6zDo3bP
>特撮本などではコングと戦ったのは「メカニコング2号機」となってるんです

これはコングとの戦闘シーン、東京タワーでジャングルジムごっこ
シーンのためにきぐるみ改造した件を言ってるのでは?
腕の部分が改造はいってたと思う

68 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/01(日) 23:25:36 ID:nB+DO3qJ
1号機は修理不可能だったから、
「すぐに原因を調べて2号機を作らねばならん」ということだったんでしょ。
エレメント]の放射能対策は不明だが、たぶん弱点は克服されてないんだろう。

69 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/01(日) 23:54:15 ID:3xp1lEp0
スレ違いだが、今日は念願叶って「獣人雪男」を劇場で観た!
けっこう面白かったぞ。

                     福岡での話

70 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/02(月) 14:32:13 ID:sF3WTk81
>>69
ヤフオクでどっさり海賊版が売られてるよ。

71 :ヤーレン:2005/05/02(月) 21:38:00 ID:hs4XhQTz
「獣人雪男」は以前浅草東宝で見ましたが、なんとも暗い話でしたねぇ。
今だったら山奥の部落という設定自体放送コードにひっかかるでしょうね。
個人的には根岸明美がなんとも色っぽくてようござんした。

72 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/03(火) 00:39:11 ID:+dUWjTVw
まさか、あの雪男の着ぐるみのボディーをキンゴジのコングに流用なんて事は
しなかっただろうね?

73 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/03(火) 00:46:40 ID:+4aJ5L2l
「キンゴジ」のコング胴体→「ウルトラQ」のゴローに改造→「キン逆」の海用コングに改造


74 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/03(火) 00:51:15 ID:+4aJ5L2l
Drフー「どうだ、本物のコングじゃこうはいかんw」→採掘失敗でコング捕獲
     →コング、バリバリと採掘→「どうだ、メカニコングじゃこうはいかんw」

手の平返しすぎもいいとこ。 調子良すぎw

75 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/03(火) 01:06:09 ID:uU0umIvP
>>74
この節操のなさが最高w
ドクター・フーのマキャベリストぶりをよく表している。

76 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/03(火) 01:18:32 ID:+o8GYX+1
・・・わしもDr.Whoだ・・・。

77 :ヤーレン:2005/05/03(火) 07:53:01 ID:dBYEOvZv
Dr.フーもあんなロボット作れるくらいの天才なんだから、まっとうな
事やってても十分金儲けできたでしょうに...。
そもそも彼と彼の部下はどこの国の人なんでしょう?

78 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/03(火) 09:55:45 ID:VCFQ4GIc
鋭角的で肉感的な安丸造型のゴロザウルスが素晴らしい!
足後ろの小さな蹴爪や、ノドのたるみ具合がリアルでいい!!

79 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/03(火) 15:45:32 ID:VLDSxbQM
>>78
同意。
あれは「恐竜型怪獣」造型の頂点だね。

80 :ヤーレン:2005/05/03(火) 20:33:19 ID:oYLVMKro
ゴロザウルスは造形もさることながら動きが素晴らしいですね。ジャンプキック
なんてよく着ぐるみでできるもんだ。「キングコング」とカット割りが同じだそう
ですが、今度比べてみたいもんだ。

81 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/03(火) 21:20:30 ID:MKPsxQrG
ファミ劇でやってる「行け!グリーンマン」で、
”グリーンマン対ゴリラ”のゴリラとして、
この映画のキングコングが出てきた時は驚いた&ワロタ。

82 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/03(火) 22:24:12 ID:TZ2//DQV
この映画のキングコングは不細工だな。
アメリカ人はどう思っただろう。

83 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/03(火) 22:46:58 ID:VLDSxbQM
アメリカ人には「東宝コング」は不評と聞いたことがあるなあ(「キンゴジ」のものも含めて)。
後年アメリカがゴジラと呼んでたトカゲも日本人には不評だったからおあいこかも。

84 :怪獣きちがい:2005/05/03(火) 22:56:20 ID:8hqd0VtI
>>80
>>「キングコング」とカット割りが同じだそうですが、今度比べてみたいもんだ。
そうそう、この前RKO版「キングコング」のDVD買ったばかりです。
「キングコングの逆襲」もビデオ版で持ってます。(税抜5,500円)
「キングコングの逆襲」のゴロザウルス対コングのシーンは、オリジナル版のバトルの雰囲気はよく出してはいるが、オリジナル版の編集とはカット割りは、あきらかに違ってます。
その情報は、昔ぼくも聞いたことがあるし、その当時にも比較して「違う」ということを確認しました。
だれだー!『オリジナルキングコングと正確に(!)カット割りを同じにした』などといい加減なこと書いたやつは?
おそらく、書いた本人は自分で比べて観てない。そのうえで書いてるはず。
活字になる文ですよ、、、ちょっと無責任だと思う。

85 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/03(火) 23:32:32 ID:HRdCxDBk
>>77
あのメカニコングはドクターフーの盗作。劇中で、例の潜水艦の
艦長の研究を盗んだと言っていたはず。彼の才能は、マダムピラ
ニアの母国をだまくらかして多額のお金をひっぱりだしたことに
ある。やっぱり、まともな商売はできないと思うな。

86 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/04(水) 01:17:51 ID:vi45X+GE
>>84
逆襲〜では、コングがゴロザウルスに飛び乗って
背後からチョークスリーパーかけたりするシーンは
無いですからね。

87 :75:2005/05/04(水) 03:25:56 ID:r3lKuJ+y
>>76
作戦がことごとく失敗しているのに、この根拠の無い見得の切り方も最高。

>>85
>あのメカニコングはドクターフーの盗作。
しかもあれはモンド島にいるといわれるコングを基に、ネルソンが考えたものなんだよな。
誰も実在を確認していない巨大猿をモデルにした巨大ロボット、という実にあやふやな代物を
パクって作っちゃったという,わけのわからん発明。

88 :ヤーレン:2005/05/04(水) 08:29:01 ID:VDlfg9hK
よくわかりました。わざわざありがとうございました。
「成功する自身がおあり?」「もちろん。わしのやることだ」
失敗しといてこの自信...。なんとも憎めません。

89 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/04(水) 09:05:56 ID:5rhDdNwZ
>>87
> 誰も実在を確認していない巨大猿をモデルにした巨大ロボット、という実にあやふやな代物を
> パクって作っちゃったという,わけのわからん発明。

どこぞの某博士なら「これくらいのものが直感で作れんで何が科学者だぁ〜!」とか言いそうだな。

90 :ヤーレン:2005/05/04(水) 18:24:26 ID:bgyRxIc/
 他のスレでも誰か書いてましたが、田島義文を見て「こいつら日本人じゃ
ありませんね・・・」というのは無理があるような...。
 黒部さんや伊吹徹や鈴木和夫ならともかく...。思いっきり日本人顔じゃん!

91 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/04(水) 18:33:23 ID:ZkWoaDHa
>>90
だから思いっきり日本人顔なのに「日本人じゃない」と見破るからこそのシーンだろ。

見たまんま判別がつくんだったらそんなセリフ自体がいらないんじゃん。

92 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/04(水) 19:22:02 ID:Zf/D2ztk
90…

93 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/04(水) 21:51:30 ID:vi45X+GE
>>90
よくも宝田明にそんな台詞を言わせたと思うよね。
ちょっとひどいよ。

94 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/05(木) 04:19:44 ID:eIyzA6GM
2ちゃんのスレによっては、やたらと出てくる言葉だがね。

95 :ヤーレン:2005/05/05(木) 21:39:24 ID:bVC6TyVE
>>91
なるほど、言われてみればごもっともですね。
目からうろこが落ちました。

96 :ヤーレン:2005/05/06(金) 14:17:25 ID:ZdJ95x4E
そういえば、メカニコングの目から出るのも本によっては「殺獣光線」
となっているのがありましたね。どう見てもライトなのに...。
あ、CDの解説書ではライトになってました。

97 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/06(金) 18:54:16 ID:p01NPnmL
初公開は夏だったな。
氷に囲まれたシーンは観ていていい避暑になったよ。

98 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/09(月) 20:43:37 ID:nuVBZjWo
受験に落ちて落ち込んでたオレを最初に慰めてくれた映画・・・

99 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/10(火) 12:23:41 ID:Z9wkaTlw
>>89
>どこぞの某博士なら

誰?

100 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/10(火) 20:36:36 ID:qT+Rqlv8
>>99
「究極超人あ〜る」を参照のこと。

101 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/13(金) 00:54:03 ID:2Z6qSxld
>>79
しかし、言うまでもないが、当時と今では恐竜の復元ポーズは全く変わっている。
もしゴロザウルスが平成版で復活してたらどんな造形になってたろう・・・?

102 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/13(金) 01:03:45 ID:DJGMOERJ
>>100
「爆発は男のロマン」ですから

103 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/13(金) 10:49:02 ID:jKo3ryeM
>誰も実在を確認していない巨大猿をモデルにした巨大ロボット、という実にあやふやな代物を
>パクって作っちゃったという,わけのわからん発明。

なにがわけのわからんことあるだよ。

伝説の巨大猿 ←概寸・外観・性能の大雑把な基準=コンセプトと予定スペック

ちょっと聞きの断片的な要素からパクるのは、
自動車や家電の新製品開発や
映画・テレビ番組・小説の新作企画なんかでも
普通にやってることだべな。

104 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/13(金) 11:45:26 ID:PnqZXT9Z
>>103
わけのわからん、とは優秀な頭脳を持ったいい大人たちが、そんなあやふやに夢想された
コンセプトのことであり、さらにそれをパクって実際に作ってしまう行為、のことを指したつもりなのだが。
そもそもこれを考えついた時点で、ネルソンもモンド島に実際に行ったことはないわけで、
どうやって概寸・概観・性能(たとえ大雑把にせよ)をつかんだのか。
新製品や新作企画と違って、不確定の要素が多すぎるような。バジェットも違いすぎる。

105 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/13(金) 16:47:51 ID:NP3VPYrr
>>104
モノつくりに限らず、「着想」「構想」なんてのはそーゆーもん。
「あそこまで飛ばしてぇ」つって月までロケット飛ばす構想立てるのといっしょ。
のっけからあれもこれもガチガチに固めて作れるのは、
在来品の改良品だけ。

106 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/13(金) 21:58:04 ID:xeUU8Ua/
>>105
着想の技術、というと筒井康隆だが、そんなのはどうでもいいんだよ。
自分が見たこともない大猿をモデルに、こんなロボット作りてえと思う人、
しかもそれを真に受けて実際にパクってしまう人ってのは、少々ヘンじゃござんせんか、ってこと。
このへんのイディオットプロットは本多=馬渕コンビにしては珍しいが、
ちょっと脚本をいじるだけで修正できたと思うのだが。このあたり、合作の弊害かね。

107 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/14(土) 13:55:30 ID:cgf516Rt
>>106
>真に受けて実際にパクってしまう人ってのは、少々ヘンじゃござんせんか

あからさまなフィクションに素で突っ込んでる人ほどヘンじゃござんせんでしょ。

108 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/15(日) 00:45:03 ID:Rzmln1zo
というか少々ヘンなキャラクターだったよ、ドクターフーは。
手段の為には目的を選ばない人(パトレイバーの内海みたいな)なのかもな。
本当はメカニコング作りたかっただけじゃないのか?

109 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/15(日) 00:55:23 ID:ggKjtCz3
マダム・ピラニアが見限ろうとしたら、大慌てで引き留めてたからねえw

110 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/15(日) 02:09:27 ID:MP5W7od3
キングコング使って映画取れる権利、後半年で切れる!
やばいから、スピード重視で1本でっちあげちまえ
で、スタートしたはずなのに本編と特撮の監督ががんばっちまったんじゃ、ないのかな?



111 :ヤーレン:2005/05/15(日) 20:20:56 ID:5UhezztN
メカニコング出動シーンの音楽は何度聞いても良いですねぇ。
さすが伊福部先生。
Dr.フーの基地のシーンはちゃんとバックに機械音がかかってるのも
しびれます。

112 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/15(日) 20:22:19 ID:ggKjtCz3
チーフが見張ってる間に、モンド島から北極に帰っちゃうフーの船、高性能すぎ。

113 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/05/15(日) 21:59:31 ID:YcaBAzXD
>>84、96
ビデオとか出てない頃の古い特撮関連本だとに記憶だけ頼りに書いてるから
そういう間違いは結構あったそうです。


114 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/15(日) 22:28:53 ID:dnb9TmRX
大伴昌司とかねw

115 :ヤーレン:2005/05/16(月) 09:15:38 ID:n43JYWAR
「人間にも機械にもできないことを、こいつにやらせてみせる」...っておいおい、思い切り機械だろ!
スーザンも言ってるぞ。

116 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/16(月) 10:52:52 ID:k7WUQ+79
>>107
>素で突っ込んでいる人
そう見えたとしたら、こっちの書き方がヘタだったのだろう、スマン。
あからさまなフィクションを楽しんでいるからこそ、
それに没頭するのを妨げるプロットの誤謬が気になるだけだよ。

117 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/16(月) 11:42:16 ID:CaO7RJYF
>>111
ヒカシュ−の井上誠がシンセサイザ−化してましたね。
メタリックな感じが出ててこれはこれで面白かった。

118 :ヤーレン:2005/05/16(月) 13:02:12 ID:iCv75/KM
>>117
井上誠さん、お会いしたことあります。
私の高校の先輩なんですよ。今何やってるのだろう?

119 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/16(月) 18:47:32 ID:s0FN4j8v
ああ、CD「ゴジラ伝説」を復刻してほしい。

120 :怪獣きちがい:2005/05/16(月) 22:11:35 ID:yhkaww+w
つい最近のことですが、弟と「宮中参賀」へいってきました。
参賀を終えたあと、呑気に皇居を歩いてると、遠くに東京タワーが見えました。
『東京タワーのすぐ下にお寺があったな?、なんと言ったっけ?ほら「キングコングの逆襲」で出てた、、、』
と弟が言った。
(おお!!そう言えば、弟もぼくと同じ第一次怪獣ブームで育った世代だと実感。)
今度兄弟で東京タワー見物行ってみるか?
いい年こいた、おっさん二人で、、、。

121 :どこのどなたか存じませぬが:2005/05/16(月) 23:58:14 ID:7iJAF5Zt
>>119
ああ、買ってないのね。
もう少しだけお待ちなさいね。

122 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/19(木) 19:23:35 ID:7IPMHVQ4
昔CDで出てたけど、LPアルバムのときと内容が違っていたので
買わなかったんだよな。

123 :ヤーレン:2005/05/19(木) 23:44:51 ID:u6m0rukO
一昨年のゴジラ「東京SOS」にエキストラで参加しましたが、
撮影場所が増上寺だったので「おお!これがコングが戦った
ところか」と妙に感動しました。初夏の撮影でしたが、我々だけ
喪服着せられてえらい暑かったです。友人は画面で確認できた
のに私はかすりもしませんでした。

124 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/20(金) 20:31:17 ID:eZfbSNWO
失敗して帰って本国の「将軍様」から拷問を受けるマダム・ピラニア。

125 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/20(金) 20:36:44 ID:L2h6zA4W
あの国に、援助はされても援助できる金があるわけないじゃんw

126 :ヤーレン:2005/05/21(土) 19:36:01 ID:yRA03Nwo
マダム・ピラニアと言うからには結婚してるんだろうか?
なんともファッショナブルな奥様だ。

127 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/21(土) 22:54:03 ID:sNImC6Ry
某国のスパイと偽装結婚してたみたいだ。

128 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 02:02:31 ID:K9UaO3dT
河内桃子・若山セツ子・白川由美・浜美枝・藤山陽子・水野久美・沢井桂子・
前田美波里

129 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 08:37:39 ID:goZYMVBD
     |∧∧
     |・ω・)<数有るゴリラメカの中で一番美しいデザインだと思うよ。
     |⊂   
     |

130 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 13:33:46 ID:zvl88Sj0
今更のようなツッコミではあるが…
>>1にある、

> 「骸骨の様に痩せて…ドブネズミの様な目をした悪魔が…
> コングをさらって大空へ舞い上がったと言うんだ…。」

これ、モンド島の島民の言葉をネルソンが訳したものだけど、モンド島にはドブネズミがいるのか?
っつうか、モンド島にはドブがあるのか?

131 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 16:03:15 ID:RUkJGpnH
ドクターフーの手下に女がいてほしかったな。
上着は男と同じ黒い肋骨式に、下は当時らしく黒いタイトなミニスカートで。



132 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 18:15:46 ID:/H8PnNL0
黒い蛾だっけ?『緯度ゼロ大作戦』は?

133 :ヤーレン:2005/05/22(日) 20:31:48 ID:EvJuZEx+
黒木かおる...じゃなかった黒木ひかるでしたな。
あまり美人とはいえない方でしたが...。
最後はグリフォンにされてしまう気の毒な部下。

134 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/22(日) 22:09:18 ID:0uZBp9ah
黒木ひかるは曾我廼家明蝶夫人だよね。
夫婦そろって宮中園遊会で先帝陛下の前にして
お辞儀しているところの写真を見たことがあったけな。

135 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/23(月) 19:33:43 ID:UWdw/S0h
>>131
ぜひ、金星人のお姉さんに!

ボンドガール揃い踏み!

136 :ヤーレン:2005/05/24(火) 00:49:52 ID:l2kEqPlU
>>134
え!曾我廼家明蝶って田宮版「白い巨塔」の親父ですよね?
そ、それは知らなかった。
若林映子さんは「三大怪獣」のオーディオコメンタリーで
久しぶりにお声だけ拝聴しました。

137 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/24(火) 21:31:26 ID:aCN+MD5L
水野久美さんも悪女が似合うぞ!

138 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/29(日) 16:05:07 ID:xjSSYJIe
>>135 元々マダム・ピラニアは若林映子さんが演じる予定で製作発表時の
雑誌広告にはキャスト欄に名前が載ってたそうです。どういう経由で浜美枝さん
に変更になったかは判りませんけど・・・・
どっちにしてもスパイ物のエッセンスの入った作品ですから最初から元ボンドガール
の起用は考えられてたのでは?

139 :ヤーレン:2005/05/30(月) 16:23:22 ID:m04ZOqUM
それにしてもリンダ・ミラーってかわいいなぁ。
ご本人の生の声が聞きたいもんだ。
どうしても山東女史の声しか浮かばない。

140 :どこの誰かは知らないけれど:2005/05/30(月) 19:21:13 ID:6rJO9475
ミニスカート姿にハアハア・・・。

141 :ヤーレン:2005/06/03(金) 07:29:32 ID:zP1KjhPO
メカニコングも船じゃなくてなんでわざわざ逃げ場の無い
東京タワーなんかに登るかねぇ?案外頭悪いのでは...。

142 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/03(金) 11:15:07 ID:mxUQim2C
>>141
頭が良いとか悪いとかって…

143 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/03(金) 12:40:33 ID:izxdwuuk
今出ている「週刊新潮」に若林映子が出ているよ。
引退の真相など語っている。

144 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/03(金) 22:19:40 ID:eM4N/Asu
>>141-142
アハハ

145 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/04(土) 17:11:41 ID:utg3UCXE
>>143
すっかりババァになってたなぁ。

昔は007やドゴラのビデオを観ながら、よく抜いたものだ・・・。

146 :ヤーレン:2005/06/06(月) 11:18:51 ID:IX2+pNl4
若林映子さんはホント美人ですなぁ。
アキコと読むとは長いこと知らなかったけど...。

147 :怪獣きちがい:2005/06/06(月) 21:18:32 ID:UEBvPnrp
リンダ・ミラーは可愛いな。
故、本多猪四郎監督の確か「宇宙船」誌のインタビュー記事で『普通の女の子です、私の言うことをよく聞いてくれてよくやってくれました』
というのを読んで、『ああ、良い子だったんだ。良かった』と、なんとなく嬉しかった。
ついでに本多監督は、ニック・アダムスのことも褒めてた。

148 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/11(土) 11:47:32 ID:b8So2QBb
>>145
ババァなんて言い方しないでよ。

149 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/11(土) 23:33:26 ID:fK2/72nm
>>145
その映画のどこのシーンで抜いたのか
俺にはだいたいの想像がつくな。

150 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/16(木) 19:12:00 ID:Ef43wIMx
どっちも悶えて死ぬシーンだろ?

151 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/17(金) 20:56:48 ID:27FNPExT
屋根裏の散歩者式殺害法

152 :ヤーレン:2005/06/21(火) 18:36:40 ID:efd1aVJV
若林さん、ウルトラQにも出てましたねぇ。
白黒でもなんとも妖艶な感じでよござんした。

153 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/23(木) 20:13:32 ID:6GvxoAj4
行け!若林

WAKABAYASHI GO!

154 :どこの誰かは知らないけれど:2005/06/23(木) 23:20:00 ID:4qQ3h4vP
ラスト前の、港をオープンカーが走り、その後ろをコングが追走するカットがスバラシー。

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)